最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

思いのままに

2015年11月15日 (日)

銀杏が色づきました。

今週は大忙しで終わりました。

まずは11日、入院中の兄を新潟まで見舞いに。

高速道路を走りながら立ち寄ったパーキングの一角に、綺麗に整備された小道がありました。

トイレと自販機だけの寂しいパーキングでしたが、この場所があるだけで和みました。

日帰りしましたが、行きも帰りも綺麗な虹を観ることが出来ました。

Kc4a0018

そしてその翌日、宇都宮のマロニエ公園の銀杏が色づき、良い雰囲気になっていました。

もう少し葉が落ちて、石畳が絨毯のようになっているともっと素敵なのですが。

P1030395

P1030412

そして今日(15日)は太極拳の交流大会。

今までに無く温かい一日となり、大勢の参加者と楽しんできました。

Kc4a0018_2

楽しい時間を過ごし帰宅の途中、国道の信号待ちで止まったところ、急にエンジン停止。

こんな事は初めての経験で驚きと焦りとでアタフタ。

エンジンはかからないし、後ろに車は繋がるし。

後続の運転手さんに訳を説明してからJAFに連絡すると1時間ほどで来ると返事を頂きほっとするも、国道に止まったままの車をどうしようかと途方に暮れていると、若きイケメンさんがやって来て、押しながら近くのコンビニの駐車場へ入れてくれました。

長髪を後ろで一つに縛り、綺麗に手入れされた髭が格好いい。

おまけに仕事はファッション関係?と思わせるお洒落さ。

そのイケメンさんの車から、「パパ~」と小さな女の子が出て来ました。

あらま、こんなにカッコ良くて、こんなに親切で、自慢のパパですよね。

私もパニクっていた割によく観察していますね(笑)

車は行きつけのディラーに運び、ちょうど車検の時期でもあったのでそのまま預けてきました。

JAFの方もとても親切だったし、今日は思いがけない事で焦りましたが、良い方達との出会いもあり、終わり良ければ全て良し、ですよね。

2015年1月 9日 (金)

ご無沙汰しております

新しい年が明け、皆様にも日常が戻ってきたことと思います。

母のことで慌ただしく、暫くブログを覗くことも無い日々でした。

昨年の8月16日。

自分の誕生日に倒れ、そのまま入院となった母でしたが、一言も言葉を発することも出来なくなり、水分食物を摂る事も出来ず、点滴のみの毎日でした。

ほとんど家族の識別も出来ないまま2ヶ月余り。

10月の下旬に旅立ちました。

入院以来ほとんど毎週のように新潟の病院に通いましたが、その甲斐も無く。。。

12月の雪の降りしきる中納骨を済ませ、何となく一区切りが付いたと言う事でしょうか。

新しい年になりましたが季節は冬。

庭はすっかり寂しくなり、そろそろようやくクリスマスローズが咲き始めるところです。

幸いと言うべきかなんと言うべきでしょうか。

花もほとんど無い寂しい庭と言う事で、もう少しの間お休みしたいと考えています。

春の日差しが感じられる頃になれば、私のざわつく心も少しずつ落ち着いてくることでしょう。

再開の折りには皆様の所へご挨拶にお伺いしたいと思います。

アドレスが変わってしまった方、入れなくなっている方もいらしゃってとても残念ですが、またじっくりとリンクを重ねながら探せればと思っています。

それではまた暫くの間冬眠生活に入らせていただきますね。

Photo

2014年2月 3日 (月)

ご無沙汰してしまいました。

平年よりも随分早く蝋梅が咲いているという情報です。

これは是非、時間を作ってでも見に行かなくては。

暖かな内に出かけて来ましょう。

駐車場に車を止め、外に出たとたんに漂ってくる甘い香り。

Roubai

透き通るような花びらから、空の青さが透けて見えるようです。

Roubai1

それにしても何という良い香りでしょうか。

開ききる前の花びらの艶やかなこと。

Roubai2

P1160382

この山並みの真ん中辺りに、運が良ければ富士山が見えるはずなのですが、ガスっていて見えませんね。

何度もこの山には登っていますが、まだ一度も見たことがありません。

Huji

黒くボンヤリとした物が映り込んでいますが、レンズの傷かしら。

以前から何をしても取れないので、そろそろデジカメも買い換え時でしょうか。

             ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

依頼された仕事を抱えていて、なかなかブログ更新の時間が取れませんでした。

1月の準備進行係だったイベントが済み、一つ終えたことで一安心。

後もう少し、忙しい日々が続きそうです。

ブログ更新はのんびりマイペースでやって行きますので、気長によろしくお願い致します。

                            ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

4日午後。

少しずつ降りだした雪で庭が白くなっています。

Photo_2

2012年4月13日 (金)

春の庭

庭のカタクリが咲きました。

見に行きたいカタクリ山公園の群生ですが、今週来週と忙しくてどうやら行けそうにもありません。

庭の4個の花で我慢するしかないようです。。。(3個しかないと思っていたら大慌てでもう1個花芽が伸びました 笑)

Photo_2

キクザキイチゲ。

慌ただしくて写真を撮れずにいたら最後の花もちょっと痛んでしまいましたね。。。

Photo_4

今が那珂川町の群生地では見頃になっているイワウチワです。

行けそうにもないので直売所から連れてきて自宅で眺めています。

可愛いですねぇ~heart01

Photo_5

見切り品のアネモネの球根を昨年の晩秋に沢山植えましたが、一つも芽が出てきませんでした。

安物買いの。。。で反省しています (p´□`q)゜o。。

で、購入した赤と白。

Photo_6

Photo_7

                  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

少し更新に間が開いてしまいましたが、日曜日に班内の方がお亡くなりになりました。

通夜、葬儀のお手伝いで忙しく、終わった次の日は疲れで一日ぼ~っとしていました。

今回、班内での葬儀の手伝いは誰も経験したことが無く、初めてのことでした。

我が家は副班長で、班長の補佐をするのが役目と思っていました。

その班長、早朝に当家の方から、亡くなったことと手伝いの依頼を受けていたにもかかわらず全く無視をしてしまったのです。

知らせが無いため、班の手伝いは必要がないものと思った私はお悔やみに行く準備をしていたところ、区長さんがみえて、班長が行動に移してくれないので当家で困っているそうですが、聞いていますか?と。。。

連絡をしたと知った私は大慌てで当家に出向き、お悔やみの後、班としての手伝いの打ち合わせをしてきました。

休日とあって、既に外出してしまった方も多く、留守で連絡できたのは半分ほど。

その後の行動は班長に任せようと自宅を訪問しましたが、奥さんが中に居るのが分るにもかかわらず再三の呼びかけにも出てきません。

仕方なく電話をかけても留守電にしていて応答無し。

もう頼りにすることは出来ないと思い、我が家で動くことにしました。

(そうは言っても、班長のご主人には何とか連絡が取れ出て頂きましたが。。。。)

家の主を亡くし悲しみの中にいる当家の方に、余計な不安な思いをさせるわけには行きません。

幸い全て連絡が取れ、皆さんが協力的で、通夜葬儀とも無事にお手伝いを終えることが出来ました。

何故副班長が動いているのか疑問だったと言われましたが、この際私も濁していては我が家が出しゃばりの出たがりやだと思われるのも嫌なので、説明はさせて頂きました。

勿論、班長さんは知らないと思いますが。

今回、人生の最後のセレモニーのお手伝いをさせて頂きましたが、なかなかこのように皆さんで集まると言うことが無いのですが和気藹々と協力しあえ、お互いの気持ちが深まったように思えました。

今まで様々な行事に全く協力的でなく、ほとんど話しもしなかった方が今回は凄く動いて下さったり。

子だくさんの若夫婦、母子家庭の若い方など、それを理由に手伝いを断られても仕方ないと思っていたにもかかわらず、むしろ積極的に自分から申し出て下さったり。

人って、やっぱりちゃんと話したりお願いすれば動いて下さるものなのですね。

こうやって皆さんのテキパキとしたお手伝いの様子を見ていたはずの班長。

さて、どんな思いで自宅に帰り、無視を決め込んだ奥様と接したのでしょうか。

どうでも良いことですが、そんなことも気になることの一つです。

班のゴタゴタを書いてしまってすみません、不快にさせてしまったでしょうか。

物言わぬは腹膨るる。。。で、少し吐き出さないと私の気持ちが平穏に戻れなくて。。。

読んで下さってありがとうございましたm(_ _)m

2011年4月 8日 (金)

間もなく一月に

東日本大震災から間もなく一月になろうとしています。

余震も少なく弱くなってきて、そろそろ落ち着くかと思ったら昨夜の11時30分過ぎの強い地震。

思わず飛び起きて、携帯、バッグ(リュック型にしました)、懐中電灯に忘れてはならないワンコを抱いてウロウロしてしまいました。

震度4と出ましたが、とてもそんな風には思えないほど強く感じました。

ここは高台で、市内でも被害が大きめの場所ですから、きっと揺れも大きく感じてしまうのかも知れませんね。

この一月近い間、断水が続いた初期の頃、料理もままならないだろうと遠く県外の友から、すぐに調理できる物、片づけなどで疲れた時にとお菓子類が地震後すぐに届きました。

また原発汚染問題が出ると、ニュースを見た離れた友から次々と野菜や水牛乳などの物資が届きました。

確かにほんの一時期、スーパーから葉物野菜の姿が少なくなり、牛乳の本数制限、ヨーグルトは手に入らず買い物は午前中早めに行かないと希望の物が手に入らなかったりもしました。

そんな様子をTVで知って、即行動してくれた友たちには本当に感謝の言葉しかありません。

東北の被災地の方達から見れば、天国と思われるほどの日常生活を送れているのに、こんなにして頂いて良いのかしらと申し訳ない程です。

さて我が家ですが、見た目以上のダメージを受けていて、リフォームにするか、建て直すか悩むところです。

夫婦二人ですからもう2階建ては必要なく、リフォームに多額の資金を投入するくらいなら、小さな家に建て直して気持ちも新たに生活した方が良いのかとも考えています。

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

片づけに追われる毎日の中、ふと気が付けば春の花たちが忘れずに咲いています。

ムスカリ。

Photo

花ニラ。

Photo_2

チューリップももう少しで。

Photo_3

地植のクリローがやっと咲きました。

Photo_4

ソメイヨシノが咲くにはもう少し時間が必要ですが、雲南桜草はず~~っと満開状態で花を保っています。

Photo_5

花は良いですね、気持ちが和みます。

家のリフォームにしろ建て直しにしろ、動き出したらガーデニングどころでは無くなってしまいます。

せめてその時まで、せっかく開いた命の花にカメラを向ける余裕を持たなくてはね。

2010年12月15日 (水)

徒然に。。。

P1050872_4

このところ、なかなか本を読んでもピンと来る物に出会わなくて、いつも消化不良なことが多かったのですが、久しぶりに一気に読み上げた素敵な本に出会えました。

小川糸さんの「つるかめ助産院」。

小川さんの本は「食堂かたつむり」を読んで以来ファンになり、「蝶々喃々」「ファミリーツリー」と出版される物は読んでいます。

主人公の抱える人生はとても重いのですが、糸さんの表現は力を抜いていて、心にふんわりと入り込んできます。

小川さんの紡ぐ言葉の糸は優しく物語を織り上げて、出来上がった作品はホンワカと心を暖めてくれます。

選ぶ言葉の一つ一つ、その繋ぎ方も素敵。

大好きな作家の一人です。

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

こぼれ種から育ったビオラに花が咲きました。

まだ、たったの一輪ですが。

P1050861

ベンチの上には購入したビオラとアリッサムを合わせた鉢を。

その向うは小さく見えますが、大きな鉢で一人では持てません。

Photo_2

もう花壇も一杯で、広げるのも大変だからと連れ合いが大きな鉢を購入してきました。

1

真ん中に何か木を植えて、その周りに花を添えたいと言うのですが、何の木が良いのか考え中です。

以前購入したレモンマートルは、まだ冬の戸外は心配な大きさです。

オリーブを植えたいとも思っていますが、耐寒性がそれ程強くないと言われていますね。

こちらの冬はどうなのかしら?

等と考えていても仕方がないので、とりあえずこの冬は購入したパンジーだけを植えて、ゆっくりと考えることにします。

その他のカテゴリー