最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月25日 (日)

県民の森と庭の花

梅雨らしい蒸し蒸しとした一日ですね。

それでも雨は朝の内までで、間も無く止んでしまいました。

こんなに降らなくて、今年の水瓶は大丈夫でしょうか。

何となく鬱々と気分がすぐれず、気分転換に県民の森へドライブです。

雨上がりなので森の中はシットリとしていて、緑も深くマイナスイオンいっぱい。

思わず肺の中までいっぱいに深呼吸でした。

Photo

1

今の時期、特に目立った花もありません。

もっとも探そうと思って森の中を歩いたわけでは無いので。。。

今目立つのはマタタビの白い葉です。

1_2

マタタビの実は食べられるようですね。

友人から買って来たからと食べさせて頂きましたけど、元気が出るらしいです。

これを食べて力を付けて「また旅に出る」で、マタタビとか?

本当でしょうか、真偽の程は??です。

Photo_3

次は庭で咲いている花です。

シノグロッサム。

Photo_4

ポリジ。

ハーブで食用になるらしいですが、こんなにトゲトゲした物、どうやって食べるのでしょう?

挑戦する気にはなりませんね。

Photo_5

アスチルベ。

今年はピンクが見窄らしい。。。

Photo_6

ストケシアの白と青。

Photo_7

Photo_8

ホタルブクロの八重ピンク。

Photo_9

そして一重の白ですが、もう少しで風船が割れそうです。

Photo_10

天気も気分も湿りがちの梅雨。

気分転換をしながら元気に過ごしたいですね。

2017年6月18日 (日)

お呪いと庭の花

6月の6の付く日に紫陽花をトイレに吊すと一年間、下の病気にならないと言うお呪いがあることを知っていますか?

私も関西の人から聞いたので、早速吊してみました。

Photo

ガクアジサイが根元を残して枯れてしまったので(ただいま新芽が出て青々とした葉が美しくなってきました)、柏葉紫陽花でもOKと言う事で吊してみました。

ところがただ吊せば良いのかと思い、その後萎れてしまったので外してしまいました。

よく調べてみると、吊したら1年間そのままにして置き、翌年に飾るときに交換して元の木の根元に奉納するのだとか。。。(色々あるみたいですが)

1年間ドライフラワーになっても飾り続けるのね。。。

そこまでは知りませんでした。

さて、次の6の付く26日にどうしたものやら思案中です。

たかがお呪い、されどお呪い。

知ってしまったので。。。

さて、気を取り直して今度は庭で咲く花です。

シモツケ。

大きく育つと大変なので鉢植えのまま土に埋めています。

それでも毎年大きくなるので切り戻しをしています。

気温が高くなってくると決まって毛虫が集るので姿を見たら消毒が必要なのが玉に瑕。

Photo_2

ペンステモン。

花の色も、ダークな紫の茎や葉の色も素敵。

Photo_3

ペンステモン シャルホーゼン。

Photo_4

ラムズイヤー。

Photo_5

柏葉紫陽花。

Photo_6

おばさまが種まきをした苗を頂いた矢車草。

華奢に風に揺れる姿が良いですね。

Photo_7

ようやく来週は梅雨らしくなりそうですね。

2017年6月12日 (月)

薔薇とクレマと。。。

薔薇の最盛期が過ぎましたね。

切り戻し剪定をしたり、お礼肥料をやったり。

これからはポツポツと繰り返し咲くのを楽しみに過ごします。

今が最盛期なのがピンクスワニーです。

Photo

冬剪定で短くしてもどんどん伸びます。

つぼみも沢山ついて、花が咲くと重くて垂れ下がってしまいます。

2

ローゼンドルフ・シュパリースホープ。

フレアースカートのように波打つ花びらが素敵。

2_2

クィーンオブスエーデン。

Photo_2

モーティマーサックラー。

Photo_3

ここまでピンク系の薔薇でした。

次は柔らかな色合いが素敵なレッチフィールドエンジェル。

大好きなのに半分以上が枯れてしまいました。

やっと1本、新芽が出てきましたので駄目にならずに済みそうです。

大切に育てなくちゃ。

Photo_4

クレマチス、カイウ。

Photo_5

ビチセラ系クレマ。

P1070631

此方も。

Photo_6

暑さが落ち着いて過ごしやすくなりましたね。

真夏のような暑さだったり、朝晩冷えたりで風邪引きの方が多くなっています。

私も熱っぽかったり花粉症のような症状が治まらずに薬の世話になっています。

皆さんもお気を付けて。

2017年6月 9日 (金)

レンゲツツジとコピスガーデン

梅雨に入りましたが今日は何とか良い天気に恵まれました。

前回八方ヶ原のレンゲツツジを見に行きましたら生憎の蕾状態で、やっとポツポツ咲き始めたところでした。

そこでそろそろ見頃と思い出掛けてきましたよ。

明日明後日(10日、11日)は自家用車で乗り入れることが出来ません。

山の駅からバスが運行されます。

今日は早めに出掛けたので何とか車を止めることが出来ましたが、次々と上ってくるので少しのんびりしていると駐車場所に困るほどの人気の場所です。

今はネットで情報を得る方が多いので東京方面の車が多かったですね。

Photo

大間々方面は曇り空になってしまいました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

毎日のように八方ヶ原を散策している主のような方も訪れていました。

きっとブログUPするんでしょうね。

後ほど覗いて見ようと思います。

さて、7日水曜日に黒磯方面に出掛けましたので、コピスガーデンに寄ってみました。

薔薇と引き立てる他の植物とがバランス良くとても美しい庭園になっています。

広くは無いのですがこんなに素敵な所を無料で見学できるのは有り難いし、気に入った植物を購入出来るのも嬉しい所です。

今回は欲しい物もあったのですがグッと我慢して帰宅。

もう植えるところもほとんど無い状態です。

Photo_5

2

Photo_6

4

手前に植えてある白い葉の植物はラムズイヤーですね。

我が家も植えてあるのですが、今年やっと花が咲きました。

梅雨の晴れ間を利用して庭の手入れをしたり、花を探しに出掛けたり、時間を有意義に使いたいですね。

2017年6月 3日 (土)

八方ヶ原のツツジ

二日ほど連続の雷雨、とりわけ朝方の豪雨と雷には眠ることも出来ずに困りました。

睡眠不足はてきめん体調に影響しますね。

畑の野菜は倒れるし、せっかくの薔薇も見窄らしくなってしまうし。

夕べは久し振りにぐっすり眠りましたので、今日は午前中いっぱいかけて薔薇の剪定と花壇の整理をして過ごしました。

先月末(31日)に、八方ヶ原のレンゲツツジの咲き具合を見に行ってきました。

まだこんな感じでした。。。がっかり。

Photo

少し咲き始めていましたけれど、一帯をオレンジに染めるにはほど遠く・・・

Photo_2

諦めて山ツツジを見に小間々へ。

ツツジの小路を歩きます。

Photo_3

1

ここの奥に白樺の林があります。

Photo_4

Photo_5

山の駅から八方湖へ。

誰~も居ません。

怖いくらい静まりかえっています。

ここはやっぱり紅葉の時期が良いですね。

熊が現われたら大変なので早々に立ち去ることに。

Photo_6

途中の見晴台へ。

熊出没の黄色い看板が目に入りましたが、怖々見晴台に上ってみました。

Photo_7

広々とした牧場を遙か向こうに眺めているとカッコウの鳴き声が響き渡りました。

今年も聴くことが出来て嬉しい。

Photo_8

ハルリンドウも沢山咲いていましたよ。

Photo_9

今年も熊出没のメールが何度も入って来ます。

東北地方では死者も出るほどの被害が報告されているし、私も市内で被害者一番乗りは嫌なのでここも早々に引き上げました。

八方ヶ原はとても良いところなのですが、人が少ないので怖いですね。

本当なら人が少なくて静かな高原を楽しむのは最高な筈ですけれど、さすがに熊は困ります。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »