最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月24日 (木)

初雪

予報通り初雪となってしまいました。

朝起きた時にはほとんど降っていなくて、空振りに終わるのかと思っていましたらみるみるうちに本降りとなってきました。

大きなぼたん雪がボッサボッサと降り続き、お昼頃には12センチの積雪。

ガーデンテーブルの上に積もった雪に物差しを差しておきました。

7センチ程からあっという間に12センチ。

Photo

ウメモドキにお腹を空かせたヒヨドリが食事にやって来ています。

警戒心の強い鳥ですが、最近ではカメラを向けてもすぐには立ち去ろうとしません。

Hiyodori

つる薔薇のシュートが伸びてしまい何とかしなくてはと思っていたところへ積雪。

雪の重みで地面に着いてしまいました。

Photo_2

春から何度も切り戻しをしては咲く事を繰り返しているマーガレット。

Photo_3

ここ数日、気候、気温、季節の変化からか眩暈が酷くて寝込むことの多い毎日でした。

これから年末にかけて忙しくなる時期なので何とか早く落ち着いて欲しいものです。

          ☃~☃~☃

22日早朝と今朝の緊急地震警報には驚きました。

特に22日はすぐに大きく揺れて、3.11を思い出して怖かったです。

警報は今使用しているスマホと、解約解除した以前のガラケーと2台がハモって鳴るのでとても焦ります。

何故契約解除したガラケーまで鳴るのか私には不思議でなりません。

ネット通信網とは別の仕組みなのでしょうか。

福島の海岸沿いの街に友人が住んでいますので津波警報が出たときは気が気では無くとても心配しました。

無事を確認し、一安心でした。

TVではNHKのアナウンサーが必死で東日本大震災を思い出してすぐに逃げて下さいと言っていましたね。

「東日本大震災をを思い出して」と言うフレーズに対してあの恐怖を思い出させるのは酷だと批判をする方も多く居たようですが、私は適切だったと思っています。

人は年月が経つと日常に追われて大切なことさえ忘れていくことが往々にしてあります。

だからこそ多くの命が失われたあの時を思い出して、今度こそ犠牲者を出さないように自らの意志で逃げる事が大切なのですよね。

2016年11月13日 (日)

御殿山と庭で咲く花

平地に降りてきた紅葉はどこまで綺麗に染まっているかしら?

友人とのランチの後、出かけてみたのが太田原市の御殿山公園です。

P1060403

まだ緑の部分も多く見られ、見頃には少し早いようです。

何よりガッカリしたのは「もみじ祭」開催中で、今までは入り口だけだった紅白の幕が、紅葉の下の広場にも張られ、何か催し物の準備をしていました。

美しい紅葉を写真に撮りたいのに紅白の幕が邪魔で。。。

P1060410

さて、気を取り直して我が家で咲いている薔薇などの花です。

此方は蔓ジュリア。

Photo

ジェームズギャルウェイ。

Photo_2

ア・シュロップシャイア・ラド。

イングリッシュローズで、優しい花をようやく沢山つけるようになりました。

でも、花持ちが悪いのと花びらが綺麗に咲くのが少なく、すぐに傷ついてしまうところが少々難ありです。

Photo_3

アイズフォーユーは色の濃淡が芙蓉のようでとても美しい。

Photo_4

モナリザ。

Photo_7

ラムズイヤー。

名前の通り、羊の耳のようなさわり心地の言い葉です。

今年は花が付きませんでした、ショック。

Photo_8

今年の新入りさん、アストランチャ フローレンス。

春に咲いたときは薄いベージュで全く目立たなくて失敗したかなと思ったのですが、今優しいピンク色に咲いています。

グリーンがかっていたり、ベージュがかっていたり、何とも不思議な色合いです。

タグに秋にも咲くとは書いていなかったので、2度咲きすることが分かって嬉しいです。

Photo_9

もう暫く秋色に変化する薔薇を楽しめそうですね。

2016年11月 6日 (日)

慈雲寺の化け地蔵

紅葉の追っかけもそろそろマンネリ。

少し目先を変えて、まだ出かけたことの無い場所へ行ってみたくなりました。

場所は日光の慈雲寺と憾満ヶ淵です。

今日光は東照宮、二荒山神社、輪王寺辺りが美しく染まっています。

勿論人人人。。。車と人の混雑でノロノロ。

暫し我慢をして神橋付近を通り抜けると後は道を外れてスイスイと慈雲寺へ向いました。

神橋付近の人出は何だったのでしょうか。

とても静かで人はチラホラ。

Photo

山門前の紅葉が綺麗です。

Photo_2

門をくぐると小さな本堂があり、その先にはずらりと並んだお地蔵様。

このお地蔵様が延々と奥まで続いているのです。

Photo_3

明治に起きた大洪水の為か、首の無いお地蔵様、既に身体の無くなったお地蔵様も。。。。

奥から山門の方に向って並ぶお地蔵様。

1

このお地蔵様、数えると行きと帰りの数がどうしても合わないのだとか。。。。

本当でしょうか。

写真を撮ることに夢中になり、数を数えてきませんでした。

一体一体、お顔がそれぞれ違います。

穏やかなお顔をして、化け地蔵と言うのはちょっとお気の毒。

3兄弟の真ん中、少しふっくらした孫に似たお顔のお地蔵様を見つけました。

Photo_4

ここは大谷川(ダイヤガワ)の渓流に沿っています。

憾満ヶ淵と言われていますが、ここの流れも紅葉も素晴らしい。

Photo_5

Photo_6

渓流の水の青さが際立って美しい。

Photo_8

小さな滝もあり、蕩々と流れる川音を聴きながらお地蔵様を眺め、のんびりゆったりとした時間を過ごしてきました。

何時もの紅葉見物に飽きたら、こんな過ごし方はいかがでしょうか。

入り口には小さな茶屋がありお蕎麦などの食事も出来、甘味で一息もつけます。

Photo_9

私はここへは寄らなかったのですが、また来ることがあったら寄ってみたいですね。

2016年11月 5日 (土)

塩原の紅葉

11月に入り、遅めの色づき具合の紅葉ですが塩原も見頃を迎えているかしらと4日金曜日に出かけてみました。

風が強くて寒い。。。。

瀬戸合峡も風が強かったし。。。

塩原の紅葉は少し早かったようで、以前に見た錦に染まる風景は来週でしょうか。

P1060215

P1060225

P1060227

とて馬車。

P1060234

レストラン洋燈で早めのランチを。

もう並んでいて、窓辺の良い席は空くのを待たなくてはならず、少し奥の席でしたが充分風景は見えるので良しとして頂きました。

文豪秋御前。

お弁当なら写真を載せて置いて欲しかったね。。。と。

ちょっと肩すかし。

P1060238

P1060242

気を取り直して塩那道路を上り、塩原の街を見下ろす紅葉を見に。

お天気が今一であまり綺麗に見えなくて残念でしたが見晴らしは良くて絶景です。

P1060255

P1060253

途中の紅葉の赤いトンネル。

P1060259

さて、先日瀬戸合峡へ出かけた帰りに川俣付近の小さなお店で紫花豆を見つけてお土産に購入。

近所のスーパーには売っていないので、見つけると買っておきます。

早速今日の朝からコトコトと煮ることにして、昨晩お水に浸しておきましたら。。。

P1060277_2

12時間以上も経ったのに、水を吸うことも無くほとんどが浮いたままです。

指で押してみたら中身がほとんど無く、スカスカ!

どうしてこんなに酷い物を売っていたのでしょうか。

購入したときは袋に入っていたし、少し押してみたけど固くて何の疑問も持ちませんでした。

知らずに売ったのか、どうせ観光客の一見さんだと思って売ったのか。

今夜は花豆~♡とウキウキしていた私の気持はペシャンコです。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »