最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 白鳥を見に | トップページ | 庭の花と雪の朝 »

2016年2月22日 (月)

雛巡り

梅の季節を迎え、間も無く雛祭りですね。

お雛様と言えば桃の節句ですが、桃の花はまだまだ先のこと。

此方ではお雛様と梅、ですね。

隣町へ雛巡りをしてきました。

ほとんど毎年同じような飾り付けなので、最近では毎年変化するところばかりにしか行かないようになってしまいました。

「創彩縫 薔薇」は毎年テーマが変わり、雛巡りの行事が終わると4月から次のテーマに沿って生徒さん達の制作が始まるそうです。

毎年同じ物は展示しないという拘りよう。

ここだけは外せません。

ラジオでも紹介されていたようですよ。

入り口でお客様をお出迎え。

6_2

目に入るのが巨大な吊るし雛で、全くカメラに収まりません。

今年は申年で、テーマになっていました。

2

此方は兎が勢揃い。

3

日光の猿軍団も復活しましたね。

4saru

5

eプラザも毎年変化のある飾り付けをする場所です。

今年は雛の駅が別の場所に出来たことで、展示物も少なくなり寂しい感じになってしまいました。

1

         ☆~☆~☆

土曜の夜に給湯器がトラブルを起こし、日曜日に修理に来ていただきました。

取りあえず応急処置と言うことで、でも夜にはお湯も沸き、お風呂には入れると言う事でしたので、夕方温泉に行こうと思ったのを取りやめ。

ところが、お湯が沸くどころか、残量のお湯もどんどん冷めて無くなっていき。。。

とうとうお風呂には入れませんでしたし、おまけに他のエラーも出る始末。

サービスさんと電話で話し、取りあえずエラーは消えたのですが、また夜中にエラー。

今日は技術の方が来て下さり、明日部品の取り替えはするのですが、取りあえずお湯は沸きますので今度は大丈夫です!

と帰られました。

でも、全くお湯が沸いている様子がありません。。。

メモリに変化が無く、今夜もお風呂は無理のかも。

午前中に近くの温泉に行って来ましたが、明日もまた行く事になりそうです。

近くに温泉があって本当に助かります。

« 白鳥を見に | トップページ | 庭の花と雪の朝 »

日記」カテゴリの記事

コメント

みつばちさん こんばんは~♪

今日はそちらは晴れ間もあったんですね。
こちら一日中どんよりで、とても寒い一日でした。
午前中は我慢して(^_^;)
コタツだけで過ごしましたけど、午後、孫がきてからはエアコンとコタツと両方つけて過ごすほど寒かったです。
明日も寒そうですね、気を付けないと風邪ひきそうです。。

お雛様、すごいですね~こういうの見た事ないので迫力を感じます(^_^;)
いつか見たいです。

給湯器のトラブル、突然なので大変ですね。。
まだ直ってないとの事。困りましたね。
温泉が近くにあって良かったですね・・・早く直りますように。。

dimさん、此方の昨日は結構晴れましたよ。
そちらは曇りだったのですね。
外気温が低くても、部屋の中に陽が差すと暖かく感じます。
大人だけだと炬燵に入っていればエアコンはいらないけれど、子供桗炬燵でじっとしていないですからね。
動き回るのでエアコンは必要ですね。
我が家は床暖が入っているので、孫が来るときだけスイッチを入れます。
普段は請求書が怖くて入れられません(-_-;)

雛巡りは10年以上開催されていますし、道の駅や公民館で吊るし雛展が開催されているので近々見に行ってきます。
展示の為に1年かけて制作しているようですね。
きっと年中チクチクやっているのでしょうね。

給湯器、4度目の正直?でやっと正常に作動するようになりました。
毎日メモリを見てドキドキ、ガックリでしたのでホッとしています。

みつばちさん^^こんにちは♪

乾燥と強風に毎日に、一瞬も気が休まらない勤務でヘトヘトの秋風春風です><

素晴らしい創作雛人形ですね^^

毎年同じような飾り付け・・・真壁も同じです><
いい加減飽きます。
しかも、最近は「村興し」や「観光客を喜ばそう」では無くなり、商売ばっかりに。
普通の民家でも、野菜や吊るし雛を販売・・・町が儲け一色に染まりそうです。

ここを何とかしないと・・・真壁の雛祭りは、先が危ういな~♪

みつばちさんも、やはり気付かれていたんですね^^
日光猿軍団^^(⌒▽⌒)アハッ!面白い♪
こういう展示なら大歓迎です^^

秋風春風さん、過酷なお仕事、お疲れ様です。
本当に気を緩める暇も無いお仕事ですものね。

真壁の雛巡りも同じような感じになってしまうのですね。
個人のお宅では毎年季節になると片付けていたお雛様を出して飾るのだから仕方が無いかもしれませんね。
ですから、生徒さんを抱えている教室や、ホールなどが飾り付けを変えていかないと飽きられますよね。
通ううちに毎年同じようなところ、変えるところが解りました。

真壁では個人のお宅でも商売ですか。。。
観光客が増えるとだんだんと方向が変わって来て、もしかしたらそれを喜ぶ人達も居るのでしょうね。
私が行く所は「雛の駅」が出来て、そこで吊るし雛教室が開催され、手作りのパッチワーク作品やら、布などが売られていました。

来年は他の町に行ってみたいような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350363/64088877

この記事へのトラックバック一覧です: 雛巡り:

« 白鳥を見に | トップページ | 庭の花と雪の朝 »