最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 華やいで | トップページ | ブルーに染まって »

2014年4月28日 (月)

大柿花山

初夏の陽気となった日曜日、新聞で情報を得た栃木植物園「大柿花山」へ足を運びました。

里山の自然林を生かして様々な植物が植えられています。

園芸家の大出昌男さんが長い年月をかけて作り上げた植物園で、まだまだ完成はしておらず、進化の途中だそうです。

とにかく植物は奥が深いと仰っていました。

ツツジの咲き始めた小道を散策。

Photo

今一番の見頃は黄色カタクリの群生。

Photo_2

中に白もポツポツと混じっています。

Photo_3

白いイカリソウ。

Photo_4

Photo_5

この花山はチゴユリが至る所で可愛らしい花を咲かせています。

Photo_6

この花山は散策路が沢山ありすぎて何処へ行って良いものやら地図を片手にウロウロと歩き廻ります。

Photo_7

途中で話しかけてきて下さった男性のお顔を見て「まぁ~!」

新聞に大きくお顔が載っていた花咲じいさんこと園芸家の大出さんでした。

道々に咲く花の事やら、この花山を作り上げてきた事やら、道案内をして下さりなが色々と教えていただきました。

とてもラッキーな時間でした。

Photo_8

Photo_9

400種もの椿があるそうで、花がとても大きな物が多かったですね。

手のひらをいっぱいに広げても花で隠れてしまうほど大きいのです。

Photo_10

これはウラシマソウ。

この仲間の植物は山歩きをしていても林の中でよくみかけます。

まむし草等と言われて、正直私は苦手な植物です。

が、大出さんから花の名のいわれを聞いて納得。

花の中から糸状の細い物が伸びていますが、これが浦島太郎の釣り糸に例えられた名前だそうです。

Photo_11

もう一つ、同じ仲間のユキモチソウ。

花の中から白く丸い物が見えていますね。

私にはマムシが卵を飲み込もうとしているように見えてちょっと不気味。

Photo_14

さてお口直しに、ハルオコシです。

Photo_15

これは花が咲き、茎が伸びてくると付け根が青くなってくるのだそうです。

こんな風に、とても綺麗な紫がかった青です。

Photo_16

思いがけず知った大柿花山ですが、里山になっているのでトレッキングのように散策しながら楽しめてとても素敵な所でした。

もう少し早く行けたら、桜や桃やレンギョウなどが一斉に咲く花の饗宴を見ることが出来たようです。

来年は良い時期に是非行って見ましょう。

☆さて、山へ出かけるのにとても良い季節になりましたが、早くも熊出没情報が入りました。

市内の少し山寄りの分譲住宅地に出たそうです。

子供達の通学路もありますし、心配ですね。

山に入らなくても出没と言うことで、少し奥へ出かける時には熊よけの鈴を持参しなくてはと思います。

« 華やいで | トップページ | ブルーに染まって »

花を探して」カテゴリの記事

コメント

みつばち様
こんにちは~~~
予報通り 小雨の午後です
でも濡れた緑が ことの他、綺麗で 嬉しい小雨です

良いところへ出かけられましたね~
植物園と言えども 人工的ではなく 本当に自然一杯の植物園の様ですね
こんな所を 散策出来るとは 良い1日を過ごされましたね
自然の群生状態での花は 花も生き生きと本当に美しいです
私の裏の方が ぶきみ系のお花が好きで 浦島草やゆきもち草を植えていらっしゃいます
私も苦手ですが 浦島草を下さって (要らないともいいにくく)有りますが
まだ 咲いたことがありません。
有名な園芸家の案内で散策できたとは 本当にラッキーでしたね
今は緑も綺麗で この様な所で時間を過ごせると また 明日から頑張れる気がしますよね~
近ければ 私も 行きたい~~~ 

みつばちさん^^こんばんは♪

GWも24時間、救急車で出場しまくりの秋風春風です。
帰宅後は爆睡・・・困った事に、昼夜逆転現象中で、今頃起きて
ます~(⌒▽⌒)アハッ!

ここ素敵ですね^^しかも黄色いカタクリが有る~♪
白いカタクリは、幸せになれると聞いてますよ。
イカリソウも~(⌒▽⌒)アハッ!
ここはまさに宝の山ですね^^
花好きには たまらないです♪

園芸家の大出さんとも出会え、みつばちさんラッキーでしたね♪
ウラシマソウ、過去に山岳救助してた頃、いくつも見てます。
見た目はグロイですよね~確かに^^
慣れちゃってますけど。

ゆずさん、こちらの雨は昨日の夕方6時過ぎから降り始めました。
ですから昨日は一日、庭に出たり部屋で仕事したり。
有意義な一日でした。

大柿花山、とっても良いところでしたよ。
写真でしかまだ見ていないのですが、春の桜や桃の季節は福島の花の山みたいなんです。
大柿花山はとにかく植物の種類が多くて、花の山よりもこちらの方が魅力があると言う方も多いようです。
私は何より人工的で無いところがお気に入りです。

不気味系の花、頂いたのですね。
ゆずさん、優しいのね。
私ならしつこく差し上げるといわれても断ります(笑)
本当にニョロニョロ系は苦手で、ウナギも食べられないんですよ。
庭で草むしりをするために木の下に入るときでも、必ず全体を眺めて蛇が居ないか確認します。
以前、何気なく草むしりしていた紫陽花の木に脱皮した皮が絡みついているのを見て悲鳴を上げて以来の習慣となりましたcoldsweats02

秋風春風さん、GWも大変なお仕事でお疲れさまです。
待ったなしのお仕事で、気苦労というか精神的にも大変ですよね。
でもそんな秋風春風さん達の存在が皆さんにとって不安を取り除いてくれるのですよね。
昼夜逆転ですか。
確かに、あれ?最近コメントを下さる時間が以前と変わってきたなと思っていました。

花山、凄く良いところでした。
花の種類も多くて全部は載せ切れていません。
イカリソウだけでも何種類もあって、我が家に無い白だけ載せました。
白いカタクリは幸せになれるのですか。
良いことありますように(笑)
ここのは白と言うより少しクリームがかっていますよね。
近所に真っ白なカタクリを育てている方がいらして、見せていただきましたがちょっとそれとは違うように思いました。

ウラシマソウ系の不気味な花、山で見つけるとギョッとしますね。
でも愛好家もいらっしゃって、売っているのを見かけます。
好きな人にとってはお宝なのかも、と思うと人の好みは色々だと思いますねhappy01

みつばちさんこんにちわ~♪
わぁ~良い所見つけましたね~こういう所大好きです。
黄色や白のカタクリも素敵、チゴユリ我が家にも有りますが、こういう場所にこそ似合うわね、
ハルオコシ始めて見たような・・付け根の青紫が不思議~好みです。
大柿花山機会が有ったら是非行ってみたいです。
素敵な所を紹介してくれてありがとう。


nonohanaさん、今日は冷たい雨でしたね。
外に出ることも出来ず、午前中は好きなことをやって過ごし、午後は太極拳でした。
ホールは寒くてストーブを焚いていましたよ。
私も部屋では湯たんぽを抱っこして過ごしていました。

大柿花山、とっても素敵な所でした。
これからツツジが満開になるとまた華やかかな~と。
植物が多いのでそれぞれの季節楽しめそうです。
我が家から293号を通って1時間半くらいで行けますよ。
nonohanaさんの所からだと2時間くらい?

ハルオコシ、キクザキイチゲなどの仲間じゃ無いでしょうか。
大きさもそれ位です。
茎の下の青がとっても綺麗です。

 みつばちさん、こんばんは(*^_^*)

素敵な小路ですねえ\(^o^)/
歩いてみたいわ♪

え~(*_*) 黄色いカタクリ? 白もあるの?
初めて見ました。

花咲じいさんにも出会えて、何とラッキーなことでしょう(*^_^*)
うれしい一日ですたね。
それにしても、素敵なところだわ。

夢子さん、おはようございます。

夕べの雨脚の強さで、何度も夜中に目が覚めました。
今日は晴れて暑くなると言うのですが、外を見る限りそんな風には全然見えません。
雨量が多かったから畑へのお湿りも十分。
早く晴れてくれないかな~。

カタクリの黄色は北米が生まれ故郷らしいですね。
黄色も良いけれど、小振りの白が群生したらどんなにか素敵かな~と思います。

花咲かじいさんの大出さんは76歳だそうですが、全くそんな風には見えませんでした。
若々しくて、足取りも軽く毎日花山を歩き廻っているようですよ。
これが若さの秘訣なのかも。

みつばちさん こんばんは~☆

緑がいっぱいの素敵な小道を散策されたんですね。
計画的に作られた小道なんですよね。
黄色いカタクリが素敵ですね。
この間、カタクリを見に行った時、その中に白いカタクリが3輪だったかしら?
見ましたけど、黄色は見た事ないかもしれません。

ウラシマソウ、先日、私も見ましたけど、美しいとは言えませんね(・・;)

dimさん、黄色いカタクリは日本原産では無く、北米生まれのようです。
園芸種を増やしたそうです。
山野草店などで売っていますね。
よく見るカタクリと花も葉も雰囲気が違います。
大きさもずっと大きくて、群生させていると見応えがあります。
が、華奢な感じの一般のカタクリと比べるとどうかな。。?

ウラシマソウもユキモチソウもね。。。coldsweats01
ちょっと苦手な植物です。
でも、愛好家はいらっしゃるようで、時々売って居るのを見かけます。
人それぞれの好みですからね~。

花山の小路は計画的に作ったのか、里山を長い年月かけてこのようにしたので自然を生かした部分もあるのでは?と思います。
そこの部分を質問してくるのを忘れました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350363/55973339

この記事へのトラックバック一覧です: 大柿花山:

« 華やいで | トップページ | ブルーに染まって »