最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 今日の庭 | トップページ | さくら 桜 »

2012年4月13日 (金)

春の庭

庭のカタクリが咲きました。

見に行きたいカタクリ山公園の群生ですが、今週来週と忙しくてどうやら行けそうにもありません。

庭の4個の花で我慢するしかないようです。。。(3個しかないと思っていたら大慌てでもう1個花芽が伸びました 笑)

Photo_2

キクザキイチゲ。

慌ただしくて写真を撮れずにいたら最後の花もちょっと痛んでしまいましたね。。。

Photo_4

今が那珂川町の群生地では見頃になっているイワウチワです。

行けそうにもないので直売所から連れてきて自宅で眺めています。

可愛いですねぇ~heart01

Photo_5

見切り品のアネモネの球根を昨年の晩秋に沢山植えましたが、一つも芽が出てきませんでした。

安物買いの。。。で反省しています (p´□`q)゜o。。

で、購入した赤と白。

Photo_6

Photo_7

                  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

少し更新に間が開いてしまいましたが、日曜日に班内の方がお亡くなりになりました。

通夜、葬儀のお手伝いで忙しく、終わった次の日は疲れで一日ぼ~っとしていました。

今回、班内での葬儀の手伝いは誰も経験したことが無く、初めてのことでした。

我が家は副班長で、班長の補佐をするのが役目と思っていました。

その班長、早朝に当家の方から、亡くなったことと手伝いの依頼を受けていたにもかかわらず全く無視をしてしまったのです。

知らせが無いため、班の手伝いは必要がないものと思った私はお悔やみに行く準備をしていたところ、区長さんがみえて、班長が行動に移してくれないので当家で困っているそうですが、聞いていますか?と。。。

連絡をしたと知った私は大慌てで当家に出向き、お悔やみの後、班としての手伝いの打ち合わせをしてきました。

休日とあって、既に外出してしまった方も多く、留守で連絡できたのは半分ほど。

その後の行動は班長に任せようと自宅を訪問しましたが、奥さんが中に居るのが分るにもかかわらず再三の呼びかけにも出てきません。

仕方なく電話をかけても留守電にしていて応答無し。

もう頼りにすることは出来ないと思い、我が家で動くことにしました。

(そうは言っても、班長のご主人には何とか連絡が取れ出て頂きましたが。。。。)

家の主を亡くし悲しみの中にいる当家の方に、余計な不安な思いをさせるわけには行きません。

幸い全て連絡が取れ、皆さんが協力的で、通夜葬儀とも無事にお手伝いを終えることが出来ました。

何故副班長が動いているのか疑問だったと言われましたが、この際私も濁していては我が家が出しゃばりの出たがりやだと思われるのも嫌なので、説明はさせて頂きました。

勿論、班長さんは知らないと思いますが。

今回、人生の最後のセレモニーのお手伝いをさせて頂きましたが、なかなかこのように皆さんで集まると言うことが無いのですが和気藹々と協力しあえ、お互いの気持ちが深まったように思えました。

今まで様々な行事に全く協力的でなく、ほとんど話しもしなかった方が今回は凄く動いて下さったり。

子だくさんの若夫婦、母子家庭の若い方など、それを理由に手伝いを断られても仕方ないと思っていたにもかかわらず、むしろ積極的に自分から申し出て下さったり。

人って、やっぱりちゃんと話したりお願いすれば動いて下さるものなのですね。

こうやって皆さんのテキパキとしたお手伝いの様子を見ていたはずの班長。

さて、どんな思いで自宅に帰り、無視を決め込んだ奥様と接したのでしょうか。

どうでも良いことですが、そんなことも気になることの一つです。

班のゴタゴタを書いてしまってすみません、不快にさせてしまったでしょうか。

物言わぬは腹膨るる。。。で、少し吐き出さないと私の気持ちが平穏に戻れなくて。。。

読んで下さってありがとうございましたm(_ _)m

« 今日の庭 | トップページ | さくら 桜 »

ガーデニング」カテゴリの記事

思いのままに」カテゴリの記事

コメント

せっかくお花が咲いて、うきうき気分だったのに、それは大変でしたね。
でも、よくみつばちさんは気を利かせててきぱきと動き、当家の方はさぞほっとしたことでしょう!
家の班でももう10年以上お葬式はないので、いざとなったら動けるかどうか不安です。

みつばち様、    こんばんは!

 素敵なお花が満載で、感激しながら拝見しておりました。
どのお花も活き活きして、さすがにみつばちさんの
お写真の撮り方も素晴らしいな~と、感動してました。shine

カタクリも、イワウチワも、素敵なお写真ですね!

ご近所の御不幸のお手伝いは、中々難しいようですね。
副班長さんの御人徳で、ご近所の皆様とお手伝いができて
良かったですね。

何でも、良きに解釈すると、腹もたたないのですが、
人生の中には、何かと試練が多いもので、その試練から
人間は成長するものだそうです。

みつばち様は立派に副班長さんのお役目を果たされて
本当に御苦労様でした。
お庭の素敵なお花を眺めて、ごゆっくりとお過ごし下さいねheart02

みつばちさん こんばんは~☆

山野草、素朴で好きです~カタクリ、我が家も5球のうちの4球が咲きました。
同じですね~、nonnoさんのところでも見せていただいたイワウチワ、気になる花です。
出合ったら連れて帰ってきそうです^m^

こちらでは、隣組のご不幸のお手伝いは最近はしないようです。
私が来てから、一度もお声がかかった事がありません。
隣近所とは挨拶程度で、中には親しくしていただいてる家もありますが、淋しいような、気を使わなくていいような、複雑です。
今まで、ずーっとそうしてきたから、今後もその方がいいかなぁ。

大変な事をされて、さぞお疲れだったでしょうね。

カンレさん、経験のないことをするって、やっぱり大変ですね。
ここへ来て20数年。
手伝いを頼まれたのは初めてでした。

でも、そこは皆さん、私くらいの年になると身内の不幸を一度や二度経験しています。
そんなことを思い出しながら、葬儀屋さんにもお聞きしながらやりましたよ。

一人では出来なくても、皆さんが集まれば何とかなるものですね。

すみれさん、ようやく春の花が次々に咲き始めました。
桜もやっと咲き始めましたよ。
気温が上がれば一気に咲き進むでしょうが、今日のこの寒さ。
また足踏みですね。

人間の出来ていない私は、良い方向にばかり考えるのは難しいです。。。
ただ、集まって協力して下さった方達と過ごした時間は貴重でした。
有り難さをしみじみ思いました。
こうやって人は繋がっていくのだなととも思いました。

こんな事がまたあっては困るのですが、人は何時か最後の時を迎えますね。
この経験がきっと班の皆さんの行動に役立つと思います。

dimさん、私もこの頃は山野草に惹かれます。
花は小さいのですが、可愛らしい物が多くて!
イワウチワ、見つけたら是非連れて帰ってね。
金額のことを言うのもなんですが、とても安いんですよ。
欲張って大鉢を選ばなければお手頃で楽しめます(笑)

最近は手伝い無しで、葬祭場に全てお任せするケースが増えていますよね。
家族葬も増えていますし。
私の住んでいるところは新興住宅地ですが、田舎なので昔の習慣も残っています。
班が決めることではなく、当家の意向に添う形でやりますので、今回はお手伝いでした。

お付き合いって難しいですね。
気の合う仲間は別として、つかず離れず、良い関係を保って何かの時は協力し合えるようにしていこうと思いますね。

みつばちさん

 春の花が次々と咲き始め、素敵なお庭ですね。
山野草を家で咲かせるのは、難しく諦めかけています。
 ただ、年に数回ですが、訪れる青葉山は、都市の近くにある山
ですが、カタクリやイワウチワの小規模?群生も見られ楽しみな
場所です。

 私は、この4月から班長なんで参考になるお話でした。
こちらは、葬祭会館で行う事が多くなりましたが、班の方がたへの
連絡など率先して行う事があるので、誠意をもって臨みたいと思い
ました。
 どんな時にも冷静に事にあたり、やり遂げていかれる「みつばち」さん
を見習いたいですね。

みつばちさん^^こんにちは♪
素敵な山野草がお庭にいっぱい咲いてるなんて~うらやましいです^^
しかし、読み進むうちに、怒りも込み上げてきました。
班長さんの奥さんにです。
私も班長をして、葬儀も1件やらせていただきました。
班の皆さんは、私よりも10歳以上~20歳の歳の差です><
「班長、今日は何をやるんだ?」
若造の私に遠慮無く鋭い質問をしてきます。
出来ないと駄目なんです。30歳から葬儀に出るようになり、22年間の
拙い経験で頑張って、皆さんに動いていただき助かりました。
歯ぎしり噛む瞬間も・・・・・。
最後は、当家、班の皆さんから お褒めの言葉をもらえました。
試練として、動けるかどうか?試されたそうです。
なので、副班長で気づかいながら頑張られた みつばちさんのお気持ちが
痛いほど分かりました。
お疲れ様でした。

ビオラさん、夕べの地震、びっくりしませんでしたか?
だんだん強くなる揺れに、3.11を思い出してしまいました。

青葉山も素敵なところのようですね。
青葉城公園がある所でしょうか。
山野草、確かに難しいような気もしますが、野山に有るのだからほったらかしでも良いのじゃないかと思い、そのようにしています。
無くなる原因の一つが、草と間違って抜いてしまうこと。
我が家には草むしり大好き人間が一名おりますので。。。(笑)

ビオラさんも班長ですか。
一年間の任務は大変なこともあるでしょうが、特別なことさえ起らなければ無事に終えられますよね。
いつもの私はこんな時凄く慌てるタイプなのですが、今回は怒りがむしろ冷静にさせてくれました。
当家の方に迷惑は掛けられないと言う思いでいっぱいでした。

秋風春風さん、一緒に怒ってくれてありがとうございます~happy01

同じように葬儀の役割を経験されたのですね。
試練として動けるかどうか試された。。。
器量を試されるなんて、凄い経験ですね。
皆さんが年上と言うことで、かなりプレッシャーも有ったのではないでしょうか。
これで皆さんに認められて、何かの時は安心してお任せできると太鼓判を押して頂けたでしょう。
こういう事って、一人では回らないのだから、皆さんにお願いするしかないですよね。
こんな時、人格が正直に出るものだと実感しました。

自分で言うのもなんですが、年齢と共に丸くなり怒りのスイッチがあまり入らなくなって来た私です。
こんなに腹を立てたのは、秋に連れ合いが車をぶつけられて逃げられたとき以来です。
もう呆れてしまい、今は腹を立てるのが損だと思っていますbleah

 みつばちさん、こんばんは。
お庭にカタクリの花が咲くんですね\(^o^)/
いいですねえ…
私も年と共に山野草に強く惹かれるようになりました。
明日は、カタクリの花を見に出掛けます♪

まあ…ご近所のご葬儀のお手伝いとは大変でしたね。
最近は、ご自宅でやられるのは滅多にありませんもの。
いきなりのお役目にさぞやお疲れになったことでしょう((+_+))
長い風習が残る田舎でも、今は葬儀屋さんにお任せの時代。
今もあることにビックリしました。

班長さんの奥様が重荷に思う気持ちもよくわかりますが…
きちんと出来ないことを伝えるのが礼儀かと思いました。
あってはならないことですが、ご近所の絆が深まる機会ですね。

私の主人の時は、もう30年近くも前でしたから自宅でやりました。
私は葬儀屋さんに任せたかったのですが…
それはそれは大変で、神経がすり減ってしまいました。
ご近所のお世話役が強引で、こちらの意向を全然聞いてくれなくて…
終わってからの台所の片付けも大変でした。
挙句の果てに、忙しいところ手伝ったのだから、一軒に対して五千円の謝礼が常識だと言われました。

悲しんでいる間もなく、疲れた切った体を引きずり、一軒一軒お礼に回った夜を思い出しました(p_-)
だから、二度と自宅でなんてやりたくありません。
もう、そこには住んでいないので、すっかり忘れていました。
ご近所のお付き合いって、ホントに難しいものですね。

30年近くも前ですか。。。
夢子さん、お若かったのに辛かったですね。
長いこと、苦労して来ましたね。
悲しむ暇もないほどクタクタに疲れ、さらに追い打ちを掛けるような言葉。
その後も残された人にはやらなければならないことが山のようにあって、それを終えてしまわない限り、本当の意味での心からの供養も出来ない状態です。
せめて思いやりの一言で気持ちを軽くして欲しかったですね。

今回の葬儀は葬儀社の会館でやったのですよ。
ですからお料理を作ることは無かったのですが、セレモニーの進行以外は手伝いの人任せなので、受付をはじめとして色々と雑務があります。
私の班は少人数なので、通夜告別式の二日間、皆さんに出て頂いて協力して貰わないとまわらないのです。
ですから協力的な人達ばかりで本当に助かりました。

>班長さんの奥様が重荷に思う気持ちもよくわかりますが。。。

そうですね、誰もが大変だと思う事なのはよく分ります。
大変だからこそ、すぐに副の我が家に相談して欲しかったし、無理だと思うならサブに回りますからお願い出来ないかと言って欲しかったです。
そう言った言葉が有ると無いでは、こちらの心情も全く違ってきます。
話し合いたくても、顔を見せることも電話に出ることも拒否では諦めるしかなかったですね。
色んな考えの人が居るのだとしみじみ思い、お付き合いは本当に難しいです。

みつばち様
こんばんは~
今日は また寒かったですね。こちらの桜も今日の桜散らしの雨で
道路はピンクになってしまいました。
みつばち様のところには珍しい山野草があるのですね
カタクリやイワウチワがご自宅で楽しめるなんて 羨ましいです

ご近所のご不幸のお手伝い、大変だったことでしょう
お疲れさまです。ご当家のかたはさぞかし 助かったことでしょう。
拝見していて みつばち様の所は ご近所の交流がお有りのようで(班長さんの奥様以外は)
心温まる思いで読ませて頂きました。私の所では最近は斎場でされますので お亡くなりになっても
わかりません。ましてや お葬式のお手伝いはここに住んで一度もありません。
お香典は自治会から出て 班長が当家に持参する役があるだけです
勿論 懇意なお付き合いの方には個人的なお香典をお持ちしますが。
ですから田舎育ちの私には 寂しい所だな~ と常々思っています。
みつばち様のご近所の 皆様協力して助け合う風習は素晴らしいですね
数年前 お隣でご不幸があり 何なりとお申し付け下さい と申し出ましたが
何のお役にも立てませんでした。都会のさっぱりした良いところと 反面 寂しいところに
私は今も田舎者だな~と思います。
みつばち様の所は 素晴らしいところですネ。

ゆずさんの所は、昨日の雨で桜もほとんど散ってしまったでしょうか。
こちらは3分咲き位ですので散ることもなく、今日の暖かさで一気に満開近くまで咲くのでは無いかと楽しみです。

最近はお亡くなりになっても自宅に戻らないことも多いのでしょうか。
今回、通夜告別式の前に間がありましたので、自宅でゆっくりお別れが出来たようです。
自宅に葬儀の日程が記された花輪が立ちますので、付近の皆さんはそれで気がつくようです。
お手伝いをする習慣を、良いと思う人。
煩わしいと考える人。
色々な人が居て、皆さんの意見を統一することは出来ませんが、そこに住んだからにはその土地の風習に沿って行かないとね。
いずれ、自分も皆さんのお世話になる日が来るのですから。

頑なな気持ちのままの班長の奥様で、草むしりや掃除にも一度も顔を見せたことがありません。
でも何時か、さりげなく「おはよう御座います~」なんて言いながら参加してくれたら、こちらも何事もなかったようにお迎えできるのですが。。。
そんな日が来ることを願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350363/44863147

この記事へのトラックバック一覧です: 春の庭:

« 今日の庭 | トップページ | さくら 桜 »