最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 庭で咲く花とラジオ生活 | トップページ | 庭の花たち »

2011年4月25日 (月)

庭で咲く花と雨降り

日常はすっかり変わってしまったのに、庭の花はいつもの年と変わらずに咲いてくれます。

いつもと同じとと言うことが、どんなにか嬉しいことでしょうか。

とても素敵な色合いでツルハナシノブが咲き始めました。

花の向こう側ではギボウシが瑞々しく葉を伸して来ました。

Photo

居間の前にある花壇。

まだ咲いていないチューリップは5月まで楽しめそうです。

薔薇も葉をいっぱい茂らせてきて、咲くのを楽しみにしていたのですが、家の解体とともにこの花壇も壊さなくてはならず、あと暫くの間楽しんだら薔薇はひとまず避難生活です。

Photo_2

シバザクラ。

Photo_3

日本桜草。

Photo_4

八重咲き水仙。

向こうに見えるサンルームも取り壊しです。

Photo_5

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

土曜日は風雨共に強くて、ずっと警報が出ていましたね。

震災後すぐに一応の応急処置として外壁のクラークにはコーキングをしておきました。

何度か雨の日がありましたが、そのおかげで何事もなく過ごせていたのですが、土曜日の強い雨では壁に雨水が浸みて来てしまいました。

それだけでもガッカリしてしまうのに、時間と共に夜になって天井を伝って入り込んだ雨水がポタポタと。。。。゜゜(´□`。)°゜。

クラーク見落としでコーキング出来なかった所から雨水が入り込んでしまったようです。

ボロ屋になってしまっただけでもガッカリなのに、追い打ちを掛けるような雨漏りには心が折れてしまいそうでした。

取り壊すと決まっている我が家でさえ気持ちが萎えてしまうのに、ブルーシートの屋根の下で暮らす人たちは大丈夫だったでしょうか。

梅雨前には瓦が入手できればいいのですが、半年、いえ一年待ちとも言われている現状で、二次災害にならない事を祈るばかりです。

« 庭で咲く花とラジオ生活 | トップページ | 庭の花たち »

庭のお花」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みつばち様、 こんにちは!

 お元気にお過ごしのご様子で安心しました。

素敵なお庭に、沢山のお花が咲いて・・・
心が和む気持ちで拝見してました。

2枚目のお写真など、「園芸ガイド」などに出てくるような
素敵なお写真で、さすが、みつばちさんのお写真は
素晴らしいな~と、感動しておりました。shine

お家を解体されて、新しく建てられるのですね!

私も6年前に30年住んだ家を、耐震装置をしてなかったので心配で
(亡主人との想い出もあり3人の子育てをした家でしたのですが)
庭のミモザとクリスマスローズが大変残念でしたが
娘の家に移植し、今も元気に咲いてます・・・

ビオラ様はじめ、お友達の皆さんにも
いろいろ良くしていただいたので
今は何の未練もありません。

家族の歴史がある家でしたが、もし解体してなければ
このたびの地震で、亀裂とか瓦屋根も危険で家もつぶれていたのでは?と
今は、ほっとしておりました。

みつばち様は、新しいお家が建つのがお楽しみでしょうね。
毎回、みつばち様のブログでの素敵なお花で
私の心も癒されておりますので、
今後とも、どうぞよろしくお願い致しますね。

お身体も無理はされないで、どうぞお大事になさって、
ごゆっくりとお家の歴史?を懐かしんで下さい。

そして、春のお花と共に、これからも
どうぞお元気にお過ごし下さいね。heart02

震災が以外に深刻で大変ですネ
そうですか・・・建て替えを考えておられますか
とても大変ですが以前取り上げておられた断捨離を地で行く印象ですネ
きっと新しい世界がまた違った充実感を与えてくれます事でしょう
どうぞご健康にお気を付けて頑張って下さいネ

花シノブに蔓状のものがあるんですネ
とても大変中御丹精の植物はちゃんと持ち主の心に答えてくれますネ
どの花もみつばちさんにエールを送っているように私には思えますヨ

すみれさんも長年子育てをしてきた家を解体されたのですね。
家族の歴史がいっぱい詰まった思い出深い家でしたでしょうから、さぞかし辛かったことでしょうね。
ミモザとクリスマスローズが、今は娘さんのお宅の庭で綺麗に咲いて。
花を見るたびに、以前の家のことなどを思い出すことでしょうね。

我が家はこのたびの地震で思いがけない多額の出費となってしまい、さてこれからどうしたものかと思いますが、まだ残りの人生20年ほどは生きて行かなくてはなりません。
そのためには耐震性の弱まったこの家でこわごわと生活するよりも心機一転と思い切ることにしました。
楽しみ半分、苦しみ半分。
どうせなら悩まず楽しむことに心を持っていきたいです。

花壇もいくつか壊さなくてはなりませんが、また来年からコツコツと作り直して行く予定です。
それも楽しみの一つとしてやっていきますね。

ranさん、ツルハナシノブもハナシノブ科ですから仲間ですね。
でも、ツルと付いていても蔓状では無いのですよ。
背丈は20センチほどでしょうか?
少し横に広がる性質があるようなので、それでツルと付いたのでしょうか?
名前の由来が分からないので何とも言えないのですが。
シバザクラもハナシノブ科で横に這いますからそう言ったことでツルとなったのかも知れませんね。
何と言ってもこの色合いが素敵で大好きなんですよ。

今、毎日のように断捨離です。
引っ越し間際になって一気には疲れてしまうので、少しずつ見極めながら処分しています。
押入や天袋に、ここへ越してきてから一度も開けたことのない箱が幾つも出てきて、ちょっと怖かったです(笑)
勿論、それはもう使う物ではないので思い切って処分しましたよ。
家から物が少なくなっていくのは案外快感ですhappy01

みつばちさん^^こんにちは♪
美しいですね~綺麗にまとめられてます。
やっぱり いろいろあっても、花々は頑張って
咲いてくれます。
家を見ないで花を見ろ♪
これ、我が家の最近の教訓です^^(⌒▽⌒)アハッ!
我が家も惨憺たる状況ですが、雨漏りは停まりました。
なんと、ガレキと土が雨戸井に溜まり、屋根の中に、
雨水を逆流させていたようです><
GWに長男が釜石(岩手県)から帰宅します。
楽しみです^^

秋風春風さん、雨漏りが止まって良かったですね。
原因が分かって、それを取り除いたら大丈夫になったのですね。
我が家のもきっと外壁のクラークだと思います。
その後見落としていた部分にもコーキングしました。
昨夜強い風雨があって心配でしたが大丈夫でしたから、狙いが当たったようです(*^_^*)

家を見ないで花を見ろ、ですね。
私も出来るだけそうしますね。
ボロボロの部分を見ていると、落ち込むだけですものね。
もう心機一転すると決めたのですから、一々落ち込んでいても仕方がないです。

GWに釜石の息子さんが帰郷するとか。
無事で元気な姿を見ることが出来ますね。
お互いに元気でいることを再確認して喜び合って、充実したお休みにしてくださいね。

今回の震災で、建築材料が品薄と聞いてます。値上げ云々のよからぬ噂もありますが…
家の建て直し、癒しのお庭復元が早くなるいいですね。

みつばちさん こんばんは~☆

震災の被害で、家を取り壊さなくてはならないのはつらいですね。。。

お庭も綺麗なのに、壊さなくては駄目なんですね。
本当にお気の毒だと思います。

でも命があるから頑張れますね。
頑張ってくださいね。

片付けや引越しと大変でしょうけど、
新しいお家ができて、お庭も作り直して・・夢もあるかなぁ。
私も楽しみにしています♪

oliveさん、そうなんですよね。
建築資材が品薄になっていて、値上げは免れないようです。
ここはしっかりとみきわめて、騙されないぞ!と言う気持ちで進めていかないとね。
建築途中で泣くはめにならないように勉強していきたいと思います。

安物買いの銭失い、で、安価な洋服を買って失敗しても悔しいのに、桁の違う買い物ですからね。

日本瓦が無くて、屋根修復の予約を入れている多くのお宅ですが、屋根やさんから「何時キャンセルしてくださっても構いませんので」と言われているそうですよ。
屋根やさんにも瓦の入手の見通しが付かないようです。
困った事態ですね。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

dimさん、ご心配ありがとうございます。

本当は家は取り壊さなくても、大規模リフォームすれば大丈夫なんですよ。
ただ耐震も調べて補強したり、するべき事が多くて出費が。。。weep
見た目だけ綺麗にするのに大金を出すくらいなら、夫婦二人ですから小さな家に建て替えようと言うことなんです。
とにかく今は風が吹いただけで不気味な音をたてて揺れる家の中にいるのが怖くて。

本当ならば水回りだけでもリフォームしようと地震前に考えていたのですが、手を付けずに良かったです。

花壇はまた煉瓦を並べて作り直しますよ。
サンルームとデッキが無くなるのが悲しいです。
もうそこまで手が回らないでしょうし。。。sweat02

みつばち様

 パソコンの調子が悪く、ご無沙汰していました。
やっと、復旧し、お話が出来る様になりました。
 わが家も、だいぶダメージをうけ、建て直しを
したい所ですが、子供達がみな近くにいなく、
帰ってくる事も期待が出来ないので、補修をする
事にしました。
 余震が収まってきた様に思える昨今、ようやく
庭の花を眺める気持ちになってきました。
 「秋風春風」さんの家をみないで花をみろ
 心にしみました。
 元気で苦境を乗り切りましょう。

ビオラさん、コメント頂いていたのにお返事が遅れました。
ごめんなさい。
連休は忙しくてパソはお休みしていましたm(_ _)m

家を見ないで花を。。。は本当に良い言葉です。
部屋に閉じこもると、壊れた部分ばかりが目に行き気持ちが沈みます。
庭に出れば季節の花が咲いて心が和みますね。
なかなか写真を撮る気持ちにまで行かないで終わってしまうことも多くて、後で後悔です。

ビオラさんも気持ちにゆとりが出てきたと言うことで安心しました。
まだまだ余震も続いていて、未だに大きな地震が来る予測もゼロでは無くて不安が付きまといますね。
それでも緊急地震予報が鳴らなくなったのはせめてもの救いでしょうか。
家を修復されるとのこと。
何処のお宅も思いがけない出費で大変かと思いますが、新しい出発と思い乗り越えて行きたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350363/39745337

この記事へのトラックバック一覧です: 庭で咲く花と雨降り:

« 庭で咲く花とラジオ生活 | トップページ | 庭の花たち »