最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月15日 (火)

とりあえず元気です

11日午後に起きた東北関東大地震は本当にすさまじかったですね。

震度6の揺れは想像を絶するものでした。

自宅に居ましたが、あまりのすごさに外に出ると、辺りはもうもうと薄茶色の煙状の物が舞っていて、風景が霞んでいました。

至る所の瓦屋根が壊れ、落ち、大谷石の塀はなぎ倒されています。

とにかく部屋にいては怖いと、二匹の犬を連れ出して、お隣の年配夫婦のお宅に行き、そちらの家族の方達とふるえながら庭で時間の過ぎるのを待ちました。

強い揺れは延々と続き、果てが無いような恐ろしさでした。

少し揺れが弱くなったのを見計らって家にはいると、中の惨状は茫然自失。

食器は飛び出てほとんどが割れてしまい、足の踏み場もありません。

サッシ戸もはずれて外に飛び出してしまいました。

二階に上がると、押入の戸がはずれて倒れていたり、本棚の本は全部部屋中に散乱。

押入の中の布団も飛び出ています。

何より一番怖かったのは、私の寝ていた部屋の箪笥置き場の箪笥が、目隠用の戸をなぎ倒して部屋の方へ倒れていたことでした。

地震の起きたのが夜中だったら、たぶん箪笥の下敷きになって今頃は。。。。でした。

この倒れた箪笥の中から、重要な物を取りだして(火事場の馬鹿力で動かしました)揺れる家から飛び出し。

少し揺れが弱くなるたびに家に入り、あるだけの容器に水を溜めては外に出しました。

あの立っているのも大変な余震の続く中で、自分が何故あのような行動が出来たのかよく分かっていません。

木造の家はミシミシと音を立てて揺れ、停電と絶え間なく続く余震の中ではとても家の中で夜を過ごすことは出来ません。

連れ合いは仕事の関係で、自分の家や家族よりも市民の事を第一にしなければならないので帰宅できません。

一人で車の中で夜を過ごそうと思っていたら、近所の友が犬も一緒に泊まってと誘ってくれました。

鉄骨の彼女の家はダメージが少なくて、さすが◯◯スイハウスです。

一晩経って早朝家に戻り改めて冷静に家中を見ると、風呂場のタイルははがれ落ち、至る所のクロスも剥がれたり亀裂が入っています。

和室の京壁も所々落ちて、外壁もダメージを受けていますし、歪んでいる戸もあります。

さて、一人、震える犬を抱えて一体何から手を付けようか。。。

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

泊めて頂いた家は断水だったのに、我が家は細く水が出たのでとりあえずトイレのためにと浴槽に山のように落ちていたタイルを取り出して、水を張りました。

その後断水で、すごくラッキーな判断でした。

この水と、揺れの中で溜めた水のおかげで本当に助かりました。

12日の午後から電気が回復し、連れ合いも帰ってきてとりあえず生活できるだけの場所を確保するために片づけました。

もう地震の発生した時間が過ぎましたから4日目ですね。

未だに断水していて、何時復旧するのか情報は入ってきません。

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

地震発生から友人達からメールややっと繋がった電話で、泊まりにおいで、何か必要な物を送るよと暖かい励ましを沢山戴きました。

家を離れることは出来ないので、気持ちをありがたく戴いて、近場の友と情報交換、食べ物交換をしながら乗り切っています。

今まで挨拶だけで話をしたことの無かった人からも、お互い様だからと色々情報を頂いて、無料温泉に入りに行ったり元気を戴いています。

未だに余震なのか自分の体から揺れの感覚が抜けていないのか分かりませんが、下から突き上げるような揺れの感覚におびえています。

余震が続き、夜もぐっすりと眠れず、いつでも飛び出せるような準備を枕元に置いています。

中学一年の時に経験した新潟地震もすごかったけれど、比べようもない恐ろしい経験でした。

まだ少し不自由な生活ですが、東北の方達に比べたら今の生活は天国です。

怖くて、TVも新聞もじっくりと見ることが出来ません。

行方不明になっている方達、家族と離ればなれになっている方達に平常が戻るのは何時になるのでしょうか。

この悪夢似ような出来事が、本当に夢であったなら。。と思わずにはいられません。

                 ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

11日のブログ記事にコメントを下さったdimさん、すみれさん、お返事できずにごめんなさいm(_ _)m

2011年3月11日 (金)

春を告げる花を見に

氷が張るほどの冷え込む朝が続いています。

桜の開花予報も、春の足踏みで少し先に延びてしまったようですね。

花粉をまき散らす冷たい風の中、大田原まで早春の花、ザゼンソウとセツブンソウを見に出かけてきました。

北金丸のザゼンソウは有名らしくて、県外ナンバーの車が多く見られます。

P1060471

静かな雑木林の中でひっそりと顔を出しています。

年々落ち葉が堆積するのか、顔を半分しか出せない子の方が多いようです。

写真を撮るにはちょっと大変。

木道から降りては駄目ですし(当然ですね)、ザゼンソウは思惑通りに写真を撮りやすいようにこちらを向いていてはくれません。

やっと二つ三つ。。。

P1060474

次は「ふれあいの丘」でセツブンソウを探しましょう。

自然観察館の側で、これもまたひっそりと咲いています。

小さくて、枯れ草や落ち葉と同化しながら目立たず静かに。

P1060439

P1060443

P1060448

こんなに可愛い子達が我が家でも再来年は咲くのかと思うと、嬉しいですね。

大事にちゃんと育てなくちゃ。

ふれあいの丘のセツブンソウはまだほんの僅かです。

種が落ち、無事に育っても花が咲くのは3年後。

群生地と呼ばれるにはまだまだ時間がかかりそうですね。

2011年3月 8日 (火)

早春の花

昨日は3月の雪でした。

重たい雪で、芝生の庭は白く変わっていきましたが、道路には積もりそうも無い。

そう見込んで、行きたいと思っていた美容院へ2ヶ月半ぶりに大急ぎで行ってきました。

こんなお天気の日はお客の出足も悪く、目論見通り一番乗り。

おかげで早く終わり、髪もスッキリ軽くなりました。

このところ、コメント欄に時々登場する目眩の話。

季節の変わり目、特に春先というのは何時も辛くて、グルグル回らなくてもフワフワゆらゆら軽い船酔い状態の日々です。

こんなですから、趣味の習い事もお休みすることが多くなり、調子の良い時にはあれこれやっておこうと動くので、翌日はまたクラクラしたり。

毎年繰り返される、私の春の風物詩です ( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

               ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

やっと写真に納めることが出来たヒヨドリです。

リンゴやミカンをオベリスクの上に置いていますが、食べるだけ食べてもなかなか写真を撮らせてはくれません。

すぐ目の前の部屋からは撮れないので、離れた部屋のガラス戸とサンルームを隔てて、やっとです。

結構可愛い顔していますが、本当の気持ちはメジロに来て欲しいのよね。。。。

Photo

雲南桜草はどんどん蕾が上がって沢山咲きますし、まだまだ見られそうで長持ちです。

横一列は芸の無い植え方でしたね(/ω\)ハズカシーィ

花が終わったら植え替えます。

Photo_2

ときわ姫ハギは、2月頃から咲き始めて4~5月まで咲きます。

コンパクトだし、開花期が長くて管理も優しくて良いですね。

Tokiwahimehagi

雪割草、やっと咲きましたが葉が寒さでやられてしまい1枚も無くなってしまい間抜けな姿ですね。

でも、可愛らしいくて大好きです。

Photo_3

確か一つ、小さな蕾が付いていたはずなのに何時咲くのかしら?と思っていたクリローのホワイトです。

Photo_4

あまりにも小さくて(3センチくらい)、茎も伸びず、葉の中に埋もれて咲いていました。

もう~、恥ずかしがり屋なんだから~♪

ホワイトと言うタグは付いていましたが、種類ではなく花の色ですよね、きっと。

緑がかった愛らしい花でした。

2011年3月 2日 (水)

雛巡り

昨日、さくら市役所へ出かける用がありました。

入り口に年代物のお雛様が飾ってあります。

1

これは明治の作品で古いのですが、とても大切に保存されていた様子がうかがえます。

そう言えば、雛巡りも日曜日が千秋楽です。

時間がなかったので、大急ぎで何軒かのお店を廻って見せて頂いてきました。

お雛様を飾って、自由に観覧できるお店には赤いのぼり旗が目印に立っています。

こちらも明治の物。

小物が無くなっていますね。

三人官女が居ないので尋ねたところ、昔は娘さんがお嫁に行けなくなってしまうからと、三人官女を川に流してしまう事があったそうです。

そんなうんちくを聞きながら見る時間も楽しいものです。

Meiji_2

明治のお内裏様とお雛様。

Photo

昭和。

Photo_2

平成。

Photo_3

お顔の移り変わりが時代を物語っています。

何となく、昭和は美智子様、平成は雅子様に似て見えるのは気のせいでしょうか?

大正時代のお雛様が少なかったですね。

一枚だけ撮ったのですが、ピンぼけになってしまい紹介できません。

こんな小さな可愛らしいお雛様も。

4_3

吊し雛。

P1060344

雛巡りではいろいろなイベントをやっています。

残り少ないですが、3日は「さくらカフェ」がオープンし、「春の音楽会」が開催されます。

6日の千秋楽には、琴やフルートを使った「和の音楽会」があります。

慌ただしく歩いてきましたが、来年は時間を作ってのんびりと巡ってみたい企画です。

江戸時代のお雛様も見つけてきたいですね。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »