最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 教えていただけたら。。。 | トップページ | 雪と蝋梅と »

2011年2月 8日 (火)

絵本の話

土日に行われた図書館でのイベント、「本のリサイクル市」に行ってきました。

毎年この時期に行われていて、いつもなら日曜日の午後に行くことが多いのですが、今年は土曜日の午後一で出かけました。

一般客には午後からの解放となります。

そこで手に入れたのがこちら。

これが私が読もうかな、と思って頂いて来た本。

写真はありませんが連れ合いは内田康夫さんの本を数冊ゲット。

Photo

次は絵本です。

Photo_2

大好きな五味太郎さんの本も見つけて嬉しい~。

1

今回早く出かけたことで、絵本も手に入れることが出来ました。

日曜の午後に行くと、もう児童書、絵本はめぼしい物は無くなっています。

早く行っても、大勢の人でごった返している中では内容を吟味して、などは無理な話。

とりあえず、さっと捲って孫ちゃん達の年齢を考えて頂いてきました。

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

もう20年以上も前の話です。

絵本は大好きで、独身時代から集め仕事でも使いましたし、子供が生まれてからも読ませたい本を購入して、いつの間にか200冊近くになっていました。

私には妹が居て、私の息子が絵本に興味を示さなくなった年齢になったので、彼女の子が丁度読みたい盛りの年齢でしたので私の絵本を読ませたいと言うので届けてあげました。

さて、その子も大きくなりましたし、私も絵本が好きなのでそろそろ本を戻して欲しいと思い連絡をしたら、放った妹の言葉に絶句!

「邪魔になったから、捨てたよ~!」

受話器を握ったまま、私の体から力が抜けて座り込んでしまいました。

まさか大切な絵本を処分してしまうなどとは私には考えられない事でした。

血を分けた姉妹とは言え、価値観が全く違うのだと再認識。

暗黙の了解で必要なくなったらきちんと返してくれるものと思い込み、「いつかちゃんと返してね」と言わなかった自分を責めました。

今も時々絵本コーナーに出かけるのが好きなのですが、私の集めていた本も未だに沢山売っています。

良い本は時代が進んでもずっと受け継がれ、読まれていくのですね。

« 教えていただけたら。。。 | トップページ | 雪と蝋梅と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みつばち様、  こんばんは!
  
 図書館でのイベントの「本のリサイクル市」に
行ってこられたそうで、良かったですね!shine

私も絵本が大好きで、昔、子供達3人が喜んで読んだ本は
今も大事に?しまっており、孫達に読ませていますが
そんな孫達も中学生になると、選ぶ本も違ってきますね。

妹さんとのお話は、お気持ちがよく解りますよ。
みつばちさんは、お姉様として、しっかりされて
ご立派ですね。 
妹さんは、大事な絵本を借りて、
みつばちさんに感謝されておられたと思いますよ。

私は4人姉妹ですが、お互いに個性があるから
いろいろですが、みんな仲良くしなければ!と
思っています。
 
主人亡き後は、長女の私が妹達夫婦に何かと
世話になっている感じですので、いつも有難い!と
3人の妹夫婦達に感謝しています。

おとといも、還暦過ぎの妹夫婦が
足利に行ってきたそうで、
美味しい「古印最中」をお土産に寄ってくれました。

良い本は、これからもずっと受け継がれ、
みんなに読まれていくのでしょうね。heart02

みつばちさん こんばんは~☆

本のリサイクル市って、本が無料でいただけるんですか?
読まなくなった本を引き取って、読みたい方に無料でさしあげるのかしら?
リサイクルはいいですね。

絵本が好きで集めていらしたとか。
私は、4人姉妹と、亡くなった兄、弟の6人兄弟ですが、性格もそれぞれだし、価値観も違います。
姉妹だから心が通じてると思ってても、価値観が違うと、しっかり言葉に出して言っておかないと駄目なんだなぁ。とみつばちさんのブログで教えられました。

我が家で、今、孫に読んであげてる絵本は、娘達が幼稚園の頃に毎月、いただいてくる(実際はお金を出してるんですけどね)のがほとんどです。
「捨てなくて良かったぁ」と思っています。
今、断捨離が流行っていますが、何でも捨てるといっても・・捨てられないものがありますね。

すみれさん、また雪になってしまいましたね。
こちらは積もっているのですが、そちらはどうかしら?

すみれさんの御姉妹さん達は、割合お近くに住んでいるのでしょうか。
時々会える距離に住んでいると、何かと心強いでしょうね。
私は遠方なので、実家に帰った時ぐらいしか会えないのですよ。
足利の「古印最中」は有名ですね。
お話ししながら頂くと、美味しさも倍増だったことでしょう。

子供が絵本大好きなのは今も昔も変わり無いですね。
同じ本を何度も何度もせがまれて。
今絵本を手に取ると、そんな子育て時代のことを思い出してしまいます。book
ですから余計に絵本が無くなってしまった事が寂しいのです。
本によっての反応まで、記憶がよみがえってきますので。

dimさん、本のリサイクルは古くなった蔵書や市民の方から提供された本を無料で頂けるイベントです。
図書館で読めるような週刊誌類、月刊誌類も沢山提供されます。
でもね、一番乗り位に行かないと、もう人気の雑誌は無くなっているんですよ。
例えば、オレンジページやクロワッサン等は残っていても古くてボロボロだったりdown
沢山頂いて行く人は、台車いっぱいに乗せて帰ったりするんです。
それでも残るよりは良いと言うのか、だめ出しは無いですね。
本を頂いた後は、後の活動のための募金箱があって、気持ちだけ寄付をしてきます。

ほんとに、兄弟姉妹であっても価値観が全く違いますね。
夫婦でも同じで、やはり大切なことは口に出さないとね。
黙っていても分かると言うのは、日本人の美徳のように言われていますけど、やはり声に出さないとねhappy01

断捨離はこれから歳を取ることを考えると進めて行かなくちゃならない事だけど、やっぱり捨てられない物って沢山ありますね。
ココちゃんも、ママと同じ本を読んで。
dimさんにとっても、ママにとってもなんだか感慨深いですね~heart04

こんにちは!
本のリサイクル市、いいですね。
こちらの図書館でも時々やっているみたいですねど。
今度行ってみようかと思います。
私は読みたいと思った本は片っ端から買っていた時代があって…。<笑>
自分で働いていた時は買う余裕もあったんだと思いますが。
本ばかり増えるのにも困って最近はだだ読みたいだけなのか、
ずっと手元に置いておきたいのか、よ~く考えてから買うようになりました。

絵本、これも職場によく業者さんが販売に来ました。
よい絵本を年齢に合わせてセレクトしてセットになってました。
これも子どもたちが大きくなって読まなくなって、どうしたらよいものかと思ったんです。
お世話になった保育園にあげようか、知り合いにあげようか。
でもどうしても手放すことができずに、しまってあります。
また蘇ることもあるかと思うので。

みつばち様
 絵本のお話、子育て中の事を懐かしく思い
返しました。
 おとなしくて、何事にも消極的な娘のために、
私が、積極的に色々挑戦する事にしました。
その中の一つ、友人が自宅で開いていた子供文庫の
お手伝いをする事にしたところ、娘は、幼稚園から、学校から帰ると、急いで文庫に顔を出し、本を借りて
帰り、お気に入りの本もいっぱい出来ました。
 生来の性格が大きく変わったとは思えませんが、
絵本を通じて母と娘の大切な時間を共有できた事、
本が大好きになった事を今でも嬉しく思っています。
 ゲームが普及し、習い事や塾に行く子も多くなり、
本を借りに来る子が少なくなり、この文庫は閉じる
事になりました。もう何年も前になります。
 私も、捨てられない本が沢山あるんです。

chi-mamaさんも沢山絵本を仕舞ってあるそうで。
私は自分のこの経験から(涙)、是非このまま大切に取っておくことをお勧めします。
いつの日か娘さんが結婚して、子供と一緒に遊びに来た時に役立ちますよ。
chi-mamaさんもその様子を見ながら、きっと幸せな一時を思い出すことでしょう。

私も以前は欲しい本、読みたい本はとりあえず購入して手元に置く生活でした。
段ボール幾つも集まった本を、引っ越しの機会にある程度処分しましたが。
今は図書館で借りられる物は借り、手元に置きたい物だけ購入しています。
特に置かなくても良い本はブックオフに売ってきたり、ですhappy01

リサイクル市は楽しいですよ、是非行ってみてね。
でもね、沢山の人たちが並んで少しずつ移動しながら本を選ぶので、じっくり選べないのが難点です。
仕方ないわね、リサイクルですものね。

ビオラさん、お友達の開いた文庫のお手伝いをしていらしたのですね。
時々雑誌や新聞で、個人で文庫を開いて子供達の楽しい集まり場になっている話を目にしますが、実際に活動していたなんて!
それは良い経験でしたね。
娘さんもお母さんが居ると思えば、通うことが楽しくて仕方がなかったことでしょう。

子供の成長には色んな経験が欠かせませんね。
その中でもやはり本との出会いは大切な一つだと思っています。
処分してスッキリ生活するのも良いですが、やはり手放せないと思ったら、それだけの価値があるのですから手元に置いておく方が良いでしょうね。

近頃では電子書籍や電子辞書が普及していますが、私はやはり紙を捲るのが好きで。。。
電子書籍は持っていませんが、電子辞書は必要に迫られて購入です。
広辞苑を持ち歩くのは大変なので(笑)

みつばちさん^^こんにちは♪
絵本、思い出が詰まってますからね。
残念でした><
私と絵本は、電車とのつながりが大きかったです。
当時(幼い頃)、駅のある町に行くには、ド田舎の
家から1時間、ガタガタとバスに揺られて、何処に
行くのって感じの、いい服を着せられて、絵本で
見た電車や蒸気機関車に見入ってましたっけ♪
あれから どれくらい本から離れた事でしょう。
みつばちさんは 読書家。
御主人と一緒に素晴らしいです。

図書館のリサイクル市ってあったのですね。
こんなに綺麗な本がリサイクル本だとは思えませんね。私も行ってみたかったです。


秋風春風さんも絵本にまつわる思い出が?
そうですね、誰でも一つや二つ、忘れられない物語があるでしょうね。
私は絵本ではないのですが、児童文学とでも言うのでしょうか?
子供の頃、我が家はとても貧しくて(と言っても、私の子供の頃は貧しい家が多かったのですが)、本を買ってもらうと言うことなど出来なくて、学校の図書館で本を借りるのが楽しみでしたよ。

良い洋服を着せてもらって、駅のある町まで出かけては電車や汽車に夢中になって。。。
何だか、秋風春風さんが一気に幼くなって目の前に現れたような感じです。
不思議と子供の頃の衝撃的な経験って、忘れているようでふとしたときに思い出しますね。
それも、白黒ではなくカラーで!happy01
なぜでしょうね~。

カレンさん、私がいつも行く図書館は高根沢町でです。
私の住んでいる市では無いのですが、とても綺麗で蔵書も多く、カウンターに居る職員の方達の対応がとても感じが良いのですよ。

リサイクル市、どこの町の図書館でも行っているかは分かりませんが、HPか広報で調べられると思います。
開催時期はその図書館によってまちまちでしょうけれど。

お近くで開催されたら是非行ってみてくださいね。
なかなか楽しいですものですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350363/38786856

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本の話:

« 教えていただけたら。。。 | トップページ | 雪と蝋梅と »