最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月29日 (水)

年の瀬を迎えて

クリスマス寒波がやって来て以来、日本海側、東北、北海道では大雪になっているようですね。

遠くに見える那須山も白く雪化粧をしています。

Untitled1

ネッ友さんが柚大根を作って美味しく食べている様子が気になって気になって。。。

早速色々検索してみましたら、レシピも沢山ありますね。

その中でキューピー3分クッキングの作り方で真似をして作ってみました。

Yuzudaikon

   材料

    大根   400g

         柚    1ヶ

    柚の絞り汁プラス酢    大さじ3

    砂糖   大さじ1

    塩   漬け塩   小さじ1と2分の1  合せ酢用   小さじ4分の1

    鷹の爪の輪切り  2本分  

  1. 大根は皮をむいて4cm長さに切り、拍子切りにする。塩小さじ1+1/2をまぶして重石をし、しんなりするまで30分ほどおく。
  2. 柚子の皮は黄色い部分だけを薄くそぎとり、せん切りにする。果肉は汁を絞って漬け汁に使う。
  3. 漬け汁の材料を混ぜ合わせ、大根の水気を固く絞って加え、柚子の皮も加えてあえる。冷蔵庫で2~3日保存できる。  (作り方はHPよりコピーです)

我が家では砂糖はキビ砂糖を使っていますので、色が付いています。

またこの作り方ですと私には甘みが不足ですから好みで砂糖を多くしました。

ポリポリと、箸が止まりませんね。

もう1品、紫大根が手に入りましたので甘酢漬けを作りました。

好みの切り方で刻んだ後は一塩して重しをし、暫く置きます。

写真は水が上がってきたところです。

Murasakidaikon

しんなりしたら水気を切って絞ります。

好みの甘酢に漬けて冷蔵庫へ。

一晩で食べられるようになります。

キビ砂糖を使っていますので少し色が茶色くなってしまいましたが、白砂糖を使うととっても綺麗な色に仕上がりますよ。

スーパーではなかなか紫大根は手に入りにくいですが、農産物直売所などでは手に入りやすいと思います。

Amazu

               ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今年3月から始めたブログ。

手探りでやってきましたが、お陰様で何人かの方達とお知り合いになれて楽しい時間を過ごすことが出来ました。

来年も素敵な時間が過ごせたらと思います。

あと僅かで今年も終わりですね。

皆さん、お体には充分気を付けて、元気で新しい年をお迎え下さい。

ありがとうございました。            (感謝を込めて)                              

2010年12月22日 (水)

間もなくクリスマス

大きな鉢にとりあえずパンジーだけ植えていましたが、やはりオリーブを植えることにしました。

園芸店の方も、この地方でも大丈夫と太鼓判を押して下さいましたので。

Photo

真ん中に植えておいた黄色いパンジーを抜いて、オリーブを植え込みました。

クリスマスも近いので、ベルを幾つか下げましたが、ちょっと細い枝に重そうかしら。。。

オリーブを選ぶのに、とても行儀良くスッと直立している枝振りの物もあったのですが、あえてあちこち手を伸ばして元気に遊んでいる子を選んできました。

なんだかその方が楽しいかなと思って。

どうしても気になったら剪定すればいいのですものね。

Biora

                  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

スーザンボイルさんのアルバム、「ザ・ギフト」

この季節にピッタリの曲が沢山入っています。

彼女の美しい歌声が心に染みわたります。

大人のイブにいかがでしょうか。

P1050886

さて、クリスマスと言えばサンタクロースですね。

今の子供達はサンタさんの存在を何時まで信じているのでしょう。

今のところ、二人の孫は信じ切っていますが、まだ4歳と2歳ですから当たり前かも知れませんね。

実は私の息子は小学校5年生まで信じ切っていたのです。

その信頼を裏切ったのが、おもちゃ屋さんからかかってきた1本の電話を息子が取ってしまったからでした。

なかなか手に入らない物を予約して置いた私は、連絡があったら引き取りに行く事にしていたのです。

たまたまその連絡の電話を受けてしまったのが当時小学校5年生だった息子。

あまりのショックに、口もきけず、放心状態、呆然としていました。

私も「電話に子供が出たら絶対に話さないで下さいね」とクギを刺しておけば良かったのでしょうか。

周りが皆「サンタは居ない」と話していたらしいのですが、毎年趣向を変えて様々な状態で届けられるプレゼントにすっかり信じ切っていた息子です。

「みんなは信じないから来ないんだ、僕は信じているから毎年来るんだよね」って(笑)

今でもその話しになると、あの時は本当にショックだったと笑います。

毎年、どんな風に届けようか、何処へプレゼントを置こうかと頭を悩ませながらも、親としてとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

サンタさんへのお手紙も、宝物として大切にしまってあります。

2010年12月15日 (水)

徒然に。。。

P1050872_4

このところ、なかなか本を読んでもピンと来る物に出会わなくて、いつも消化不良なことが多かったのですが、久しぶりに一気に読み上げた素敵な本に出会えました。

小川糸さんの「つるかめ助産院」。

小川さんの本は「食堂かたつむり」を読んで以来ファンになり、「蝶々喃々」「ファミリーツリー」と出版される物は読んでいます。

主人公の抱える人生はとても重いのですが、糸さんの表現は力を抜いていて、心にふんわりと入り込んできます。

小川さんの紡ぐ言葉の糸は優しく物語を織り上げて、出来上がった作品はホンワカと心を暖めてくれます。

選ぶ言葉の一つ一つ、その繋ぎ方も素敵。

大好きな作家の一人です。

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

こぼれ種から育ったビオラに花が咲きました。

まだ、たったの一輪ですが。

P1050861

ベンチの上には購入したビオラとアリッサムを合わせた鉢を。

その向うは小さく見えますが、大きな鉢で一人では持てません。

Photo_2

もう花壇も一杯で、広げるのも大変だからと連れ合いが大きな鉢を購入してきました。

1

真ん中に何か木を植えて、その周りに花を添えたいと言うのですが、何の木が良いのか考え中です。

以前購入したレモンマートルは、まだ冬の戸外は心配な大きさです。

オリーブを植えたいとも思っていますが、耐寒性がそれ程強くないと言われていますね。

こちらの冬はどうなのかしら?

等と考えていても仕方がないので、とりあえずこの冬は購入したパンジーだけを植えて、ゆっくりと考えることにします。

2010年12月 9日 (木)

庭で咲く薔薇と花たち

12月に入っても暖かい日が続いていましたが、ようやく師走らしい気温になってきました。

頑張って咲いている花たちも、そろそろ見納めになるかも知れませんね。

ティチングジョージア。

P1050826

ギー・ドゥ・モーパッサン。

蕾が出たのが10月の初め頃。

頑張って頑張って、2ヶ月もかかってようやくここまで開きましたが、「もうこれ以上は咲けません」と言わんばかりに、本当にこれ以上開きません。

P1050828

正面は開いているように見えるかも知れませんが、横から見ると。。。

こんなですから。

この後、6つ付いていた花を切り取って部屋に飾ります。

P1050835

また登場のマチルダ。

マチルダは花持ちがすごく良いんですよね~。

P1050839

苗で購入したミニスイセンが早くも花を咲かせています。

水仙は早春の花ですから、来年からはきっと3月頃に咲くのではないでしょうか。

P1050809

ブルーディジー。

Photo_2

           ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

晩秋の落ち葉の季節になると思い出しては聞きたくなる、アルバート・ハモンドの「落ち葉のコンチェルト」

http://www.youtube.com/watch?v=60ABAxbdSiw

ね、ちょっと切ないこの季節にいかがですか?

原題は「For the Peace of All Mankind 」で、邦題が何故「落ち葉のコンチェルト」なのかは分かりませんが、詩の内容はともかく、メロディーは邦題にピッタリな気がします。

2010年12月 3日 (金)

庭で咲く薔薇や花たち

明け方からの雨の降り方はすごかったですね。

丁度出勤時間に当たった人も多かったと思いますが、フロントガラスがワイパーを全力で動かしても見えにくかったと思います。

7時半頃だったと思いますが、地デジTVが映らなくなり、アンテナなどを点検して下さいとのメッセージが出ました。

アナログに切り替えて映りましたが、天候不順になると地デジは旨く対応できなくなるのでしょうか。

間もなく直りましたが、今はアナログも映りますから良いのですが、来年7月24日に全て移行したらどうなるのでしょうか?

アナログでは天候不順でも停電にならない限り映っていたのに、便利になるようで実は不便なことも起るのかも知れませんね。

                 ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

雨上がりの庭でバタースコッチを撮してきました。

蕾にピンクが混じっていましたが、こんな風に外側の花びらがピンクになるのですね。

P1050778

ここからの写真は全て昨日の物です。

ザ・プリンス。

プリンス様のシックな色合いは大好きなのですが、シックなために目立たなくて、存在を忘れがちになってしまいます。

P1050757

パイナップルセイジ。

Photo

今年初めて育てていますが、良い香りです。

ハーブティにも出来るそうですが、まだ葉が少なすぎますね。

耐寒性が強いとは言え、マイナス7度が目安。

私の所では外で過ごさせるのは無理なようですから、花が終わったら短く剪定して部屋に取り込みましょう。

Photo_2

私の大好きなサザンカの花。

椿と違って、花がポロンと落ちないのが良いのです。

Photo_3

やっと種まきしたパンジーを植え替えしました。

「良く咲くすみれ」と「フリル咲き」の2種類を種まきして、これしか育ちませんでした。

この中にも今にもとろけそうな物も。。。悲しい。。。

Photo_4

こぼれ種から発芽している物の中には、1本でこんなに立派なのも。

Photo_5

いっそのこと、種はみんな庭にばら蒔いておこうかしら?(笑)

                 ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

料理に使おうと卵を割ったら、黄身が3つも入っていましたよ。

特に大きな卵ではなく、Mサイズの普通の卵です。

P1050772

ワンコが興味津々です。

卵はスーパーでは無く直売所から何時も購入してきますが、双子はたまにあっても三つ子は初めてでした。

得したような、それでいて黄身はとても小さかったから結局同じなのかしら?

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »