最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月29日 (金)

庭で咲く花

連日の天気の悪さと気温の低さでか、なかなか風邪が抜けてくれません。

今日は久々に青空が広がって、とても嬉しい。

昨日は一桁の気温で真冬並みでしたからね。

それにしても台風の影響で明日から雨が強くなりそうです。

31日、月末の日曜日にユニカールの大会が予定されています。

屋内競技なので問題は無いのですが、丁度出かけるのがに台風が来ている時間になりそうで心配です。

この季節に台風って。。。

雨の中で鉢物を片づけるのは嫌なので今日の内に大体のことを済ませました。

             ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

とっても可愛らしいコーネリア。

3センチほどの小さな花。

これが鈴なりに咲く姿を早く見たいです。

P1040920_2

少し前に、那須のアウトレットで購入してきたリンドウ「オーロラ」

Photo

このリンドウ、咲くともう花が閉じません。

青い花びらに白い縁取りで次々蕾を付けて咲くのでお気に入りです。

このリンドウを開発したのが高校の校長先生だそうですね。

Photo_2

それにしても、せっかくアウトレットに行ったのに、買ってきた物が花苗とは。。。

息子夫婦は70%オフだ、安い安い!と買い物を楽しんでいましたが、孫の相手をしているだけで疲れてしまい、この時は見る気にもなれませんでした。

今度は息子夫婦抜きで行くわ!

可愛らしいヒメツルソバ。

Photo_3

ブルーキャッツアイ。

もう何年も前に地植にして置いたのが翌年には消えてしまいました。

まだネットもやっていない頃で、何故消えたのかの原因も分からずじまい。

調べたらこれは冬越しするのは部屋の中で、と言うことでした。

寒さに弱かったのね、可愛そうに。

今度は鉢植えで育てています。

Photo_5

ヤーコンが大好きで、冬のサラダには欠かせない食材です。

スーパーでは見かけず、何時も直売所でしか購入できません。

そこで今年は苗を植えて自家栽培していますが、今頃小さなヒマワリみたいな花が咲いています。

可愛らしい~。

Photo_6

2010年10月26日 (火)

庭で咲く花

小学校から依頼されて、点字の授業をやって来ました。

昨年も同じ小学校の4年生に教えに行ったのですが、同じ学年でも年ごとに子供達の様子が変わりますね。

初めてだった昨年の子供達の集中力がすごくて、子供の覚えようとする力のすごさに感動したものです。

昨年は1時間だけの予定でしたが、様子を見ていた担任の先生が次の時間も点字授業に当てて下さって、休み時間も休まずに集中してとても熱心でした。

今年は時間の余裕が無くて、予定していた事の半分ほどしか進められず、次の時間を頂くことも出来ず、消化不良で終わってしまいました。

それでも、熱心な子はもう終わりの挨拶をしたにもかかわらず質問してきて、私を引っ張って行っては一生懸命に打って見せに来ます。

今年の福祉祭りは終わってしまいましたが、来年の祭りには是非参加して欲しいものです。

そうすれば、個人的に教えて上げることが出来ますから。

成長して何時の日か、点字に関わるときが来てくれれば良いなと思います。

それにしても教師というのは大変ですね。

これが毎日のことですから。

やっぱり私はもっと小さな子と関わる方が性に合っているような気がします。

               ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

さて、庭で咲いている花です。

物忘れが激しくて、花の名前を忘れてしまいます。

これはヒメキンギョソウとも言われているリナリアでしょうか?

Photo

※上の花をホソバウンランと教えて頂き、ネットでも調べて確かに同じ花だと言うことが分かりました。

教えて下さった方、お名前が分からないのですが、ありがとうございました。

今記憶が甦ってきたのですが、もう何年も前、ご近所さんから苗を頂いて植えた物で、自分で苗を購入したのではありませんでした。

さて、では下のがリナリアでしょうか。

葉の形、色が微妙に違っています。(追記)

色違いで。

リナリアのような気がしますが、リナリアって春の花ですよね。

これは春からずっと次々咲いているのですが。。。

名前の分かる方、教えていただけると嬉しいです。

P1040724

チェリーセイジが何時までも元気です。

Photo_2

こぼれ種から咲いているインパチェンス。

Photo_3

鳥さんの贈り物?

植えた覚えがないけど咲いているオシロイバナ。

花の少ない季節ですから、ありがたく咲いて貰っています。

Photo_4

あまり目新しい花は無く、何処でも咲いているような花ばかりですが、それでも花が絶えない庭を目指していますので、毎年咲いてくれるだけでも有り難いですね。

2010年10月22日 (金)

真っ赤なコキアの海浜公園

一度で良いから見ておきたかった、ひたち海浜公園のコキア。

春にはネモフィラブルーに染まる見晴らしの丘は、真っ赤に色を変えていました。

Photo_2

コキアのホワホワした柔らかそうな姿に、思わずほおずりしたくなるでしょ。

でも、実際は固くて少々引っ張ったくらいでは枝も折れません。

何しろホウキグサと呼ばれるくらいですからね。

ほおずりしたら痛いです。

Photo_5

満開のコスモスと丘を染めるコキア。

Photo_6

お目当てはコキアでしたが、せっかく来たのですからグルリと歩きました。

ここは香りの谷、ハーブガーデンです。

先日chi-mamaさんから紹介して頂いた「西の魔女が死んだ」のDVDを観て静かな感動を覚えたのですが、魔女の育てている素敵なハーブの庭や野菜畑、こんもりと茂る森の様子などを思い出してしまいました。

ハーブの庭って素敵ですね。

Photo_7

種類は多くなく広くもありませんが、バラ園もあります。

Photo_8

さて、観覧車に乗ろうと言い出した連れ合い。

高所恐怖症なので私からは言わないでおいたのにどう言う風の吹き回し?

乗る乗る!と二つ返事で答えたのに、すぐに、やっぱり今日は海風が強いし危険だから止めようという始末。

海風ぐらいで危険になるなら、ここに観覧車を設置するわけ無いでしょっ!

もう言った言葉は取り返しが付かないのよ、と半ば強制的に乗せました。

Photo_10

観覧車から見える見晴らしの丘のコキアとコスモス。

海も見えて気分爽快です。

Photo_11

これで春と秋の海浜公園を堪能することが出来ました。

2010年10月20日 (水)

薔薇が咲きました

嬉しい秋薔薇の季節です。

何も言わずとも、ただ眺めているだけで良い。

そんな気持ちです。

バタースコッチの深いベージュが何とも言えなくて。

Photo

蕾はこんな色なのに、何故ベージュ色に?

Photo_2

光の当たり具合によって七変化。

Photo_3

セレブ。

P1040739

ラベンダーピノキオ。

もっとスモーキーなラベンダー色になる筈なのですが。。。

P1040593

ピンクスワニー。

P1040710

先進むと・・・。

P1040734_2

レッチフィールドエンジェルは色移りしないのかと思っていましたら、こんな風に濃いめのクリーム色に変わりました。

P1040669

次は何が咲いてくれるでしょうか。

楽しみな日々です。

2010年10月18日 (月)

庭で咲く花

10月も半ばと言うのに、この暖かさはどうしたことでしょう。

今日のノルディックウォーキングでは半袖でも汗をかいてしまいました。

暖かさに身体が慣れてしまうと、冬の寒さがさぞかし辛いだろうなと今から心配しています。

心配と言えば、春の杉花粉!

今年の10倍?!等と言われていますね。

花粉症の人にとっては辛い春となりそうです。

勿論私も花粉症ですから、寒い冬は早く終わって欲しいけれど、春が来るのも怖いです。

               ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

秋の薔薇に蕾が付き始め、ふっくらとしてきました。

次々咲くのが楽しみです。

今日は薔薇以外で咲いている花を。

ハマギクは一度植えると晩秋に刈り込む以外は全く手がかかりません。

肥料もあげたことがないのに毎年咲いてくれるお利口さんです。

Photo

大好きなシュウメイギクの白。

Photo_2

ピンクの八重咲き。

Photo_3

こぼれ種から又咲いているシノグロッサムは春の花ですが、我が家は2度咲いてくれます。

真っ青な澄んだ色がとっても素敵で大好き。

Photo_4

姫向日葵の黄色は、寂しくなった花壇で一際映えます。

Photo_5

最後に我が家の紅葉一番乗りは柏葉紫陽花の葉です。

Photo_6

そうそう、酔芙蓉の花がどんな風に咲いてから乱れながら色移りをしていくのか観察をしようと思っていました。

蕾も幾つか付いていましたので早く咲かないかと待っていたのですが、みんな膨らみきらないうちに落ちてしまいました。

人間にとって暖かい季節とはいえ、花にとっては間もなく晩秋を迎えるのですものね。

月下美人の蕾も大きくならないまま落ちてしまい、もう一度あの美人さんに会えるかと思いましたが駄目でした。

また来年を楽しみに待つことにします。

2010年10月15日 (金)

那須の紅葉情報

昨日木曜日、那須の紅葉が見たいな~と言う友のリクエストに応えてドライブしてきました。

姥が平はもう枯れ葉になっていると聞いていましたので、大丸辺りなら綺麗かしら?

1週間前には真っ赤に燃えていた山は残念ながらお終いですし、この近辺はまだ綺麗に染まってはいません。

Photo

ナナカマドの実は真っ赤になって。

Photo_2

今年初めての紅葉だと言う友は残念がること。。。

先週の姥が平の話しを聞かせるのが申し訳無いくらいです。

ガッカリした心を癒やすのはやっぱり美味しい食事でしょう(笑)

那須町高久にある「茶屋 卯三郎」さんに入りました。

駐車場から見た所。

Photo_4

古民家を利用していて、中は懐かしい昔の我が家にもあった戸などが使われていました。

Photo_5

中から竹林を見ながら食事が出来ます。

Photo_6

このお店はおこわと餅がメインのお店で、私たちの頼んだのはこれ。

Photo_7

けんちん汁の中にはうどんも入っていて、おこわは栗おこわでした。

この他に食後のアイスクリームが付いています。

これで1280円はとてもお安いと思いますが、ボリュームがありすぎてお腹がいっぱいで食べ切れませんでした(勿体なかった・・・)

那須には洋食のお洒落なお店が沢山ありますが、探すとお年頃の私たちに嬉しいこんな和のお店もあります。

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

食べ過ぎて重くて仕方のないお腹のために、那珂川河畔公園を二人でグルグルと歩いてカロリー消化をしてきました。

そんな楽しかった話しを連れ合いにしたら、その公園で今朝殺人事件があったんだよと!

何事もなく、少数でしたが犬を連れて散歩をしている人も居たし、警察官の姿も無くて本当かなと信じられなかったのですが、ニュースを見ると、すぐ近くの地続きになっている鳥の目河川公園で事件があったと報告されていました。

殺人事件など、何処か遠い土地の話しのように思っていましたが、近頃では身近に幾つか起きています。

本当に怖いですね。

未来を絶たれてしまった少年のご冥福をお祈りします。

2010年10月12日 (火)

日光の紅葉情報

雲一つ無く晴れ渡った連休三日目。

紅葉が日光の竜頭の滝まで降りてきたと言うことでしたので、状況把握の為に出かけてみました。

今回は歩き回ることを目的とせず、ドライブです。

いろは坂は明智平近くから渋滞です。

少し色の付いた木もありますが、紅葉はまだまだ先のようです。

中禅寺湖まで渋滞が続き、その先は龍頭の滝駐車場(滝駐車場と、上流駐車場両方とも)が大混雑ですが、そこさえ抜けてしまえばスムースな流れです。

竜頭の滝は何度も観ているので通り抜けて、湯の湖方面まで向かいました。

一部の木の葉は綺麗に染まっていますが、全体が紅葉するにはもう少しかかりそうです。

Photo

湯の湖を1周するのには1時間ほどかかりますが、歩くのは止めて金精峠へ向かいました。

金精峠からの男体山、湯の湖、そして草紅葉で染まる戦場ヶ原。

山が燃えるのはまだですね。

Photo_2

今日の一番の目的の「吹割の滝」です。

もう随分昔に一度だけ来たことがあるのですが、こんなに遠かったイメージが無くて。

尾瀬を通り過ぎて随分先にあったので、これならもう少し早く出て尾瀬を歩いた方が良かったかも。。って後悔でした。

Photo_3

Photo_4

吹割の滝は去年から行きたいと言っていて、やっと一年越しの願いが叶ったのですが、どうしてこんなに行きたいと思っていたのかちょっと自分の気持ちが信じられません。

お昼を摂るために入ったお店も「何だかな。。。」と言う味で、観光地ってこんな物か、とガッカリ。

駐車場が満車で人も並んで待っていたので期待して入ったのですが。。。

食事を美味しく摂れていたら気持ちはもう少し違っていたかも知れませんねdown

混雑を予想しながらの帰り道でしたが、中禅寺湖を過ぎてからの下りいろは坂はスイスイでした。

こちらは戦場ヶ原を抜けた所。

Photo_5

美しく染まる日光はもう少し先になりそうですね。

私は日光は紅葉の素晴らしいところと思っていましたが、先日那須の姥が平の絶景を見てしまったら私の中での順位が入れ替わってしまいました。

今回まだ綺麗に染まっていない日光を見てしまったからかも知れませんね。

駆け足で行ってしまう短い秋を堪能すべく、次は何処にしようかと考える時間がとても楽しいです。

2010年10月 8日 (金)

燃ゆる那須

暑かった夏が去り、今年も山々が赤く燃える季節がやって来ましたね。

見頃を迎えた那須姥ケ平まで行ってきました。

平日ですが混むことを予想して7時半出発、奮発して高速に乗りロープーウェイ乗り場に向かいました。

ガ~~ン!

先月ものすごい渋滞になっていたのと同じ状態です。

ロープーウェイ乗り場駐車場は勿論、峠の茶屋駐車場も満車、路駐の車で道路は大混雑。

甘かった。。。。。

それでも、ロープーウェイに乗るために並んだら10数台目で、一向に空かない駐車場にしびれを切らして次々リタイヤして降りていきます。

お陰で数台目で待つことになりました。

ところがロープーウェイは8時半に運転開始ですから、登る人ばかりで降りてくる人が居ません。

9月の時と違って、今回はほとんどの人が登山を目的としていますから早くても2.3時間は降りて来ないのです。

先頭車が見えているのに空かない駐車場を待つこと2時間。

ようやく待ちくたびれてロープーウェイに乗り、山頂駅から歩き始めたときは11時になっていました。

平地は良いお天気でしたが、山の天気は変わりやすく、雲が沸いてきて視界はほんの数メートルになることも。

Photo_13

雲が流れて、明暗がハッキリと。

Photo_2

牛ヶ首に向かう途中。

先月とは全く違う風景です。

Photo_3

牛ヶ首から姥ケ平に向かいます。

右端、白っぽく平に見えているところが姥ヶ平です。

P1040470

ここは絶景です。

360度写るカメラが欲しいほど。

Photo_6

Photo_10

姥ケ平から見た茶臼岳。

雲が沸いては流れていくので、なかなか頂上を見ることが出来ません。

Photo_7

ひょうたん池まで足を伸して。

池に鏡のように映り込む茶臼岳と紅葉。

Photo_9

私の写真では、何故あの美しさをきちんと表現できないのでしょう。

ほんとうに素晴らしい絶景で是非観て頂きたいです。

今日8日、午後6時10分、NHKで姥ケ平を放映する予定と言うことですので、遠くて行けない方、時間があったら見て下さいね。

私も丁度忙しい時間なので、念のため録画予約をしておきました。

それにしても今回はそれ程長い時間歩いたわけでもなく、楽と言われたコースでしたが、とっても疲れました。

こんなに疲れたのは久しぶりで、疲れすぎて眠ることが出来ず、このまま朝を迎えるのはきついと薬の世話になってしまいました。

体力が無くなっていることを実感です。

2010年10月 4日 (月)

庭で咲く花と運動会と

庭仕事をしていると薔薇に蕾が付き始めていることに気が付きます。

もちろん、ポツポツ絶え間なく咲いている物もあるのですが、今までちょっとお休みしていた種類に小さな蕾を見つけると嬉しいものですね。

昨日は運動会で疲れた身体にむち打って、庭の手入れをやりました。

久々にスッキリしましたが、寒くなる前にはまだまだ草は元気に育つのでしょうね。。。

レッチフィールドエンジェルが沢山蕾を付けましたので、玄関前にお引っ越し。

P1040392

エンジェルフェイスの色が素敵です。

P1040379

鶏肉のハーブ焼きには欠かせないローズマリー。

Photo

三分の一程枯れてしまった秋明菊の空いてしまった場所に植えたコレオプシス。

出来るだけ宿根草を植えようと思い探しました。

もし来年出てこなかったら、小さな秋明菊が沢山出ているのを移植してみようかしら。

Photo_2

背が高くなるボックセイジはちょっと持て余し気味になりますが、ここは30センチほどでグランドカバーにもなって花も次々付けるので大歓迎。

Photo_3

                   ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

さて土曜日の運動会です。

早朝4時起きでお弁当を作り、早めに行き場所取りです。

当日は暑いほどになり、雨の心配も無く晴れ渡り、絶好の運動会日和となりました。

3歳児クラスの上の子は、昨年と違ってぐんと出番が増えました。

初めに体操や選手宣誓があったのですが、ぼーっと観ていたら、「〇〇〇」って、自分の名前を言う孫の姿に気が付きました。

え~っ、代表で選手宣誓をするなんて聞いてないよ!

慌ててカメラにスイッチを入れましたがもうお終い。

全く~、ちゃんと教えておいてよねっ。

Photo_4

4.5歳児になると鼓笛隊パフォーマンスがあります。

来年はこの凛々しい姿も見ることが出来るのね、と思うと楽しみです。

下の子は1歳児クラスですから、出番が終わるとすぐに保護者に渡されます。

お昼前から眠くなった孫は、抱っこをせがみ、座るな、あっちへ行こう、こっちへ行こうとグズグズ。

お陰で上の子の出番をあまり見ることが出来ないまま子守に専念でした。

来年はもう少し楽になるでしょう。

Photo_5

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »