最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 向日葵と庭で咲く花 | トップページ | 知床を旅して(その2) »

2010年9月 7日 (火)

知床を旅して(その1)

9月2日から二泊三日で知床を旅してきました。

メインの3日は台風の影響であいにくの雨。

それでも熱帯低気圧に変わったお陰で風はほとんど無く、予定通りクルーザーが出航することになりました。

ゴジラ岩観光さんのクルーザーでウトロ港から出発です。

ゴジラに見えますか?

Photo

雨の中、濃霧にならなかったので中止になることも引き返すことも無く、1時間のクルージングを楽しんできました。

降りしきる雨で風景が霞んでいて、ハッキリと見ることが出来ずに残念でしたが、それもまた良し。

雨と波しぶきでビッショリになりながらも、素晴らしい自然にただただ感動するばかりでした。

ほんの一部だけしか紹介できないのが残念です。

             ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

フレペの滝(乙女の涙)   レンズに雨粒が。。。

Photo_2

男の涙(湯の華の滝)

Photo_3

クンネポール。

アイヌ語で黒い穴と言うそうです。二つ並んでありました。

Photo_4

こけし岩。

頭は胴体につながって無く、上に乗っているだけだそうですが何故落ちないのか不思議です。

こけしなのに、長靴を履いていますね。

Photo_5

象の岩。

象に見えるでしょうか?

長い鼻と、大きな耳、ちゃんと目も付いています。

Photo_6

カムイワッカの滝。

一番高い山が硫黄山。

Photo_7

1時間のクルージングを終えて、次に向かったのは知床五湖。

次回に続きます。

« 向日葵と庭で咲く花 | トップページ | 知床を旅して(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然散策」カテゴリの記事

コメント

みつばち様、   こんにちは!

 お元気にお帰りで、楽しいご旅行だったことでしょうね。

素敵な知床の旅に行かれて、涼しそうなお写真を拝見できて
珍しい岩のお写真に、感動しておりました。
楽しいクルージングで、素敵な想い出になりましたねshineshine

知床への旅は、御主人様の企画ですか?
それとも、みつばち様のご希望でしたか?

みつばち様の素敵なお写真に、いつも魅了されておりますが、
これからも、北海道の旅のお写真を楽しみにしていますねnotes

すみれさん、早々にありがとうございます。

今回の旅行はツアーなんですよ。
沢山の企画の中から、釧路湿原にしようか、知床にしようか、随分迷いましたが、中身を検討の結果知床にしました。
ツアーというのは自分の特に興味を持たないところも入っている事が多いですね。
その点、今回のツアーは行きたかった所が沢山入っていて、内容がとても濃かったように思います。
クルージングも、散策も楽しみたい私の希望です。

今回行ってみて、次はレンタカーでも借りて、自由にのんびり楽しみたいと思いました。
何しろ、ツアーは朝が早くて、まだお腹が空いていなくても時間で昼食で、二日目からは食事の時間が辛くて。。。(笑)

次回も見て下さいねheart02

みつばち様

 お帰りなさい。素敵な旅をされましたね。
知床など、中々行かれない所ですもの。
そして、今年の暑さを思えば、まさに別天地ですね。
 
 沢山お話を聞きたいと思っておりました。
ゴジラ、こけし岩、そして象の岩など、どれも良く似ていて
かんしんしました。海の色も、滝も何と美しいのでしょう!

 釧路は、釧路出身の友人がいて、よく話を聞いています。
 
 次回も楽しみにしています。

こんにちは!
みつばちさん、お帰りなさーい。
楽しいご旅行の様子、何よりです。
さすが世界遺産・知床ですね~。
どの写真からも人間の手が入らない雄大な自然が感じられます。
こけし岩、象の岩…。どれもぴったりのネーミングに感心します。

今日は涼しい1日になりそうですね。


ビオラさん、こんにちは~note

今年の北海道はいつになくとても暑かったそうです。
北見では今月に入って37度にもなったと言うことですよ。
幸いなことに、私たちが訪れたときは涼しくて、話しを聞くまでは「さすが北海道は涼しいわ~」などと思っていました。

本当に海の色が素晴らしくて、晴れていたらどんなにか素晴らしい絶景を見ることが出来ただろうと思うと、少し残念でもありますが、自然には逆らえないですものね。

お友達が釧路にいらっしゃるのですか。
あの釧路湿原もきっと素晴らしいのだと思うと、捨てがたかったです。
きっとまた何時の日か、行こうと思います。

chi-mamaさん、ただいまです~shine

北海道は初めてでしたので、たぶん何処へ行っても感動の旅になったと思います。
が、やっぱり知床を選んで良かった~と感じています。
台風の影響はありましたが、念願のクルージングも出来たし。
割合、濃霧や波が高くて欠航になる事も多いのだそうです。
太古の昔から育んできた自然の姿は本当に素晴らしいですね。
このままの姿で次の世代、又次の世代へと感動を受け継いで行かなくてはなりませんね。

台風やって来そうですが、この雨と涼しさはなんて嬉しいのでしょうheart01
エアコンも扇風機も使わずに過ごすなんて、一体どれくらい前だったかしら?
すっかり記憶から無くなってしまうほど、遙か昔に思えますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350363/36589135

この記事へのトラックバック一覧です: 知床を旅して(その1):

« 向日葵と庭で咲く花 | トップページ | 知床を旅して(その2) »