最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 知床を旅して(その2) | トップページ | 庭で咲く花 »

2010年9月 9日 (木)

知床を後にして

最終日の行程は美幌峠からです。

網走郡美幌町と川上郡弟子屈町の境にある峠です。

この峠からの景観がとても素晴らしい。

展望台から見下ろす屈斜路湖の湖面が朝陽を受けてキラキラと眩しいほどです。

昨日の雨が上がり、見上げれば空はもう秋色に変わっています。

P1030657

P1030658

P1030662

続いて、摩周湖へ。

霧に隠れることもなく、とても美しい姿を見せてくれました。

P1030678

最後は網走監獄博物館です。

P1030767

資料から網走監獄の誕生について少し抜粋して紹介します。

網走監獄と言うと、重罪人を収容すると想像することが多いですね。

重罪人とは、殺人、強盗殺人などの凶悪犯と言うイメージですが、実は網走に監獄が誕生したときに送り込まれた囚人達は違います。

明治のはじめ、西南戦争で多くの国事犯を生み全国的に過剰拘禁となり、この状態を解決するために、徒刑、流刑、懲役12年以上の物を拘禁する集治監を北海道の地に求めました。

北海道中央道路開削作業の為に送られた人数は囚人(国事犯)1200名と、看守173名。

過酷な人権を無視した作業とそれ監視する看守達の話しを聞いて、胸が潰れそうな思いでした。

この事実を元にした物語を、作家、吉村昭さんが「赤い人」と言う題で本を出版しています。

館内をガイドツアーの方が1時間、案内してくれます。

でも、とてもとても1時間では廻ることは無理ですね。

ここもゆっくりと時間を取って廻る価値がある所です。

写真左上から、現代の雑居房。右、以前の雑居房。

下左、中央見張り(真ん中に立って左右を見渡すと5棟の舎房が広がっているのを見張ることが出来ます)。右、五翼放射状平屋房の一部。

Hakubutukan

館内撮影禁止ではないので、まだまだ沢山写真はあるのですが、とても気持ちが重くなってしまうものが多いので載せるのはやめておきますね。

               ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

さて、何だか気持ちがどんよりしてしまったので、最後に愛らしい写真を一枚。

オホーツクシマリス公園に立ち寄ったときの写真です。

とても人なつこくて、手に足に肩に登ってきては餌をねだります。

足下もチョロチョロで、踏みつけないように歩くのにも気を使います。

この子達に会って、癒やされ、疲れも何処かへ行ってしまうほど笑ってきました。

P1030607

« 知床を旅して(その2) | トップページ | 庭で咲く花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然散策」カテゴリの記事

コメント

みつばちさんこんばんヽ(’ー’#)/わ~♪
過ごし易くなりましたね~
北海道行った事無いので、みつばちさんのお写真で楽しませて頂きました。
美幌峠名前だけは知っているのですが素敵な所ね、かの有名な摩周湖も綺麗~♪
網走監獄博物館 まったく知らない世界です。
シマリス可愛いですね~触ってみたいな

追伸
ワンちゃん達は元気になりましたか?

みつばち様、  こんばんは!

 昨日も今日も涼しくて、ほっとしてました。

北海道と言えば、屈斜路湖、摩周湖ですが、
湖面もキラキラして、とても綺麗な素敵なお写真で、
感動して楽しく拝見してました。

北海道の空は、もう秋色に変わっていたそうですが、
もうすぐコスモスも満開に咲くのでしょうね・・・

網走監獄博物館は、重苦しい気持ちになられましたでしょう。

最後は、可愛らしいシマリスのしぐさに、心が和まれて
楽しいご旅行だったようで、本当に良かったですね。

また、いろんなお写真を楽しみにしていますね・・・

 みつばちさん、おかえりなさーいヽ(´▽`)/
いいですねえ…夏に北海道旅行なんて(^_-)-☆
私もいつか、知床や釧路湿原に行ってみたいと思っていました。

こけし岩や象の岩、面白いですね。
朝陽を受けた屈斜路湖がキラキラして素敵ですねヽ(^o^)丿
霧の摩周湖が、こんなに晴れたのですか(@_@)
とってもきれいです!!
ラッキーでしたねえ…
初めて行った時、私も晴れた摩周湖を見ました。
網走監獄へも行かれたのね。
私も一度行ったことがあります。懐かしいわ…
独房とか見た時、染み込んだずっしりと重く暗い空気を感じました。
冬なんて、どれだけの寒さかと想像がつきませんでした。
お風呂の人形とかも、とてもリアルでドッキリしますね。

最後のシマリスちゃん、かわいいheart04
楽しい北海道旅行でしたね。

みつばち様

 素晴らしい旅でしたね。
朝夕、秋の気配が感じられ、こんな写真を拝見すると、
うずうずと旅心が・・・

 摩周湖が綺麗に見えるのは、とてもラッキーな事らしいですね。
このあたりは、大昔に一度行った事がありますが、知床までは、
とても行かれませんでした。おかげさまで、網走監獄のイメージ
が大分変わりました。

 釧路出身の友達は、今こちらに住んでいます。ご主人は大鵬の
郷里弟子屈の方です。みつばちさんのブログを拝見し、北海道が
少し、近く感じられます。

nonohanaさん、ワンコのご心配ありがとうございます。

お陰様で、帰宅した次の日から上の子は食事を摂るようになりました。
帰宅した日は食べなかったんですよ、頑固でしょ(笑)
下の子もようやく緩かったお腹が治りました。
昨日トリミングに連れて行って体重を量ったら、2匹ともスリムになっていたわcoldsweats01
太り気味だったから身軽になって良かったかもsign02

今回選んだ知床や網走方面は大正解でした。
これで北海道大好きになりましたよ。
富良野や、美瑛等にも行きたいです~。

すみれさん、おはようございます。
今日も爽やかな朝ですね。
夕べは寒くて、毛布を出してしまいました(*^_^*)

北海道ではもうコスモスは沢山綺麗に咲いていましたよ。
牧場や農場の道路に面したところをお花畑にしている方達が多くて、綺麗に咲かせた花をバスに乗りながら見て楽しみました。
自分たちも楽しんでいらっしゃるのでしょうが、道行く人たちをも楽しませようとするサービス精神旺盛な地ですね。

網走監獄博物館は個人で廻るのも良いですが、是非ガイドツアーの方の説明を聞きながら廻るのをお勧めします。
気持ちは重くなりますが、素晴らしい説明に聞き惚れますよ。

夢子さん、美幌峠は以前雑誌で素晴らしい写真を見て、絶対に行こうと決めていました。
前日の雨でどうなることかと思いましたが、雨が空気を綺麗にしてくれたのか本当にキラキラと輝いていたのですよ。
絵はがきのような風景、ってよく言いますが、絵はがき以上でしたshine

摩周湖も霧に包まれることなく見られてラッキーでしたが、あまりにも昔から写真で見ていて、同じ風景が広がっていたので感動が薄くて。。。。
こんな事を言ったら、見られなかった人たちに叱られてしまいそうですね。

網走監獄でリアルな人形など夢子さんも見学したのですね。
人形を見ながら大笑いしてふざけている若い人たちも居ましたけど、とても笑いながら見学できる所じゃなくて重かったです。
また何時か行くことがあったら、ゆっくりと全て廻りたいですよ。

ビオラさん、おはようございます。

少し自由時間が取れたときに今の網走刑務所にも行ってみました。
刑の軽い人たちも沢山居て、刑期も短いと言うことで、イメージが随分変わりました。
広大な土地を利用して、農作物を作り自給自足の生活らしいです。
今は冷暖房完備ですが、以前は廊下にストーブを置くだけだったそうです。

釧路出身のご友人から、きっと湿原やその他の素晴らしい所など沢山聞いているのでしょうね。
もう少し北海道が近かったら良いのに、とも思います。
北海道は勿論ですが、東北も良いですね。
本当に、旅心がウズウズしてきます。
連れ合いが退職したら、、、と夢が膨らみますhappy01

こんにちは!
どれもこれも『絵葉書のような…』と思いながら拝見させていただいていたのですが、
↑絵葉書以上だったのですね。
空気がとても澄んでいることがよくわかります。
網走監獄博物館もその歴史を知ればこそ、趣深く眺めてしまいます。
最後のリスちゃん、かわいいです。とても癒される画像で、『マイ ピクチャ』に保存しました。

私は北海道にはスキーでしか行ったことがないのです。
若い時、スキーに夢中になっている時は、ただただ北海道で滑ってみたいと思うばかりで…。
今度はゆっくり観光でと思っています。
今年度までは主人がとても忙しいので、少し余裕が出来るのを待っています。<笑>
義父母・実母も80歳前後…。でも、まだまだ元気!
ここ2・3年がチャンスと密かに思っているのですよ。

今からン十年前(笑)21歳の夏に、稚内で友人と待ち合わせ、
知床は同じようなコースでした。
懐かしく思い出の引き出し開けながら、楽しませて頂きました。

chi-mamaさん、おはようございます。

義父母さん達、お母さん、お元気なら今の内ですね。
元気でいて下さる内に、色んな所へお出かけして下さい。
自分の経験から、泊まりは勿論行けませんでした。
たまに息抜きでドライブやら、ハイキングはやりましたが、何だか何時も気持ちが向うへ向いていて、楽しめませんでした。
ずっとお元気でいて下さることが一番なのですが、現実問題そうは行きませんからね。
みんな順番ですから。
ご主人のお仕事一段落したら、是非!notes

北海道でスキーですか。
運動好きだったのですね~。
友もずっとやっていたスキーをやめて、今はハイキングに目覚めさせました。
年齢とともに膝がきつくなったそうで、歩くことの方が楽しくなったようです。

シマリスちゃん、かわいいでしょう~heart01
保存して下さったのですかlovely
本当に癒やされて、飼いたくなってしまったくらいです。

oliveさん、パソの不具合は良くなられたのでしょうか?pc
大切なパソが思うように使えないと、すごく気になり落ち込みますよね。

若かりし頃、知床方面へ行かれたのですね。
その頃と今ではどうでしょう?
自然の様子はやはり変わっていったのかしらね。
手つかずの深い森や半島の様子などはたぶんそのままなのでしょうが、人が入るようになった湖の周辺は知らず知らずのうちに変わっているのでしょうね。

一度、昔を懐かしむ旅として、同じコースをたどるのも良いかも知れませんね。

みつばちさん こんにちは~♪

綺麗な写真ですね~♪

昔、北海道に行った時、「北海道でどこが一番良かった?」と聞かれると、この「美幌峠からの眺めが一番美しかった」と答えました。
あれからウン十年、今もあの時の美しいままの美幌峠が見られて嬉しかったです。

摩周湖も、私が行った時も真っ青な空で、みつばちさんの写真を見せていただいて、若きあの頃の旅行を思い出させていただき感謝です。
アリガトゥ

網走も門のところまで行きました。。。

リスさんに癒されますね。

dimさん、おはようございます。

若い頃行った北海道は、飛行機苦手では青函連絡船で渡ったのでしょうね。
そう言ったゆったりとした旅も良いですね。

美幌峠は本当にため息が出るような美しさでした。
以前雑誌で写真を見たときは「わぁ~っ」と、思わずため息が漏れました。
そして絶対に行きたいと。
実際に見たら感激もひとしおでしたよ。
dimさんと同じですねlovely
摩周湖は小さい頃から良く写真やTVで目にしていましたから、思いの外感激が少なかったです。
何だか頭の中の映像と実際を確認した!と言う感じでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350363/36634464

この記事へのトラックバック一覧です: 知床を後にして:

« 知床を旅して(その2) | トップページ | 庭で咲く花 »