最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

寂しい庭ですが・・・

せっかく昨日は暖かくて青空も広がったと言うのに、また今日は肌寒くなりました。

おまけに雨。

この先の天気予報もあまり良いとは言えず、計画を立てるのに悩みそうです。

明日から10月ですね。

10月は何かと行事が入っています。

2日土曜日は孫の通う保育園の運動会が開催されますが、お天気は何とか持ちそうでホッとしています。

ママが自分の勤める保育園の運動会なので参加できないため、バーバである私がお弁当係、兼、子守、兼、応援です。

応援と子守はともかく、お弁当作りは一度で済ませたいので、延期にならないようにてるてる坊主でも作っておこうかしら?

2日には福祉祭りも行なわれるのですが、運動会で参加できない為、明日は準備だけでもお手伝いしてこようと思っています。

                     ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

先日、園芸店で見つけたハーブ、「レモンマートル」の苗木です。

淡いピンクの鉢に植え替えました。

ハーブと言っても、4~6メートルにもなる木で、白い小さな花が沢山咲きます。

葉を指先で擦って匂いを嗅ぐと、レモンに似た香りです。

ドライにした葉をハーブティにしていただけるそうなので、今から成長が楽しみです。

まだ若木なので冬越しが心配なため、しっかり成長するまでの冬はお部屋の中ですね。

Photo

今は薔薇も少ししか咲いていなくて寂しい庭ですが、僅かに咲いている花です。

段菊のピンクとブルー。

Dangikup

Dangiku

酔芙蓉の日中は恥じらうように白く咲き。。。

Suihuyou

夜のうちにお酒を呑んだようにピンクに花びらを染めていきます。

翌朝はこのような状態になりますが、色だけが変化するのではなく、何故花びらの形までこんなに酔っぱらってしまうのでしょうね。

不思議です。

一晩中、どんな風に乱れていくのか観察したいくらいです。

Suihuyou1

2010年9月27日 (月)

紅く燃える花とコスモスと

台風一過で久しぶりにスッキリと晴れ渡った日曜日。

気温も20度を超えて、お日様のありがたさを実感した一日となりました。

青空の休日は絶好の「彼岸花日より」、ルンルン♪

と、前回空振りに終わった彼岸花を見に行ってきました。

今回は那須町簑沢の彼岸花です。

数年前に行って以来でしたが、花も増えて、年々有名になっているらしく観光客も増えていました。

燃えるような紅い花です。

P1040195

P1040179

P1040169

P1040191

例年よりも1週間ほど遅れての見頃です。

まだまだ沢山の蕾がこれから開くのを待っています。

10月に行っても充分楽しめますよ。

                   ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

彼岸花の次はコスモスです。

那須町からの帰り、黒磯にある道の駅「明治の森」に寄ってみました。

広い敷地に季節の花を一面に咲かせています。

菜の花、ポピー、向日葵、そして今の季節がコスモスです。

今年は猛暑のせいでか、花の季節が遅れていますね。

花はポツポツと言ったところで、蕾が沢山付いています。

白い洋館は旧青木家那須別邸。

以前中を見学しましたがとても素敵な洋館です。

P1040214

P1040201

P1040204_2

P1040202

大好きなコスモス。

細くて一見ひ弱な感じがしますが、風に倒れても、そこから又立ち上がって花を咲かせる強さを持っています。

そんな生き方、ちょっと素敵です。       

2010年9月25日 (土)

近況と庭で咲く花

急にとても寒くなりましたね。

秋分の日の23日、余りの寒さに車で5.6分の所にある温泉に行ってきました。

近くにありながら一度も行った事の無い温泉です。

何故って、あまりに近すぎて、ご近所さんに出会うのがちょっと。。。

何しろお風呂ですから、裸で挨拶するその姿を想像するとね。。。

でも、近すぎてあまり行かないのか、顔見知りには会わずホッとしてゆっくりとお湯に浸かってきました。

そして、帰宅後は寒さに耐えかねてとうとう炬燵を出してしまいました。

あ~、極楽極楽です。

                 ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

昨日、夕ご飯の仕度をしていると、窓越しに西の空が赤く染まっているのが見えて、大急ぎで2階のベランダから写真を写しました。

今朝は晴れとは行かず、台風の影響で風も強く、相変わらず寒くて炬燵の中です。

Photo

さて、昨日の内に写真を撮っておいた庭で今咲いている花です。

ヤマホロシは次々と花を付けますね。

P1030984

何時も同じ薔薇ですが、これは毎回綺麗に咲きます。

クイーンオブスエーデン。

P1040117

ノックアウト。

名前の通り、とても病気に強い薔薇です。

病気には強いのですが、もう一本、ピンク色の木がカミキリムシの幼虫にやられてしまい枯れてしまいました。

P1040130

余所のお宅では咲き出しているシュウメイギクは、我が家ではまだこんな感じです。

P1030991

今からこんなに寒くては先が思い遣られます。

来月には孫の運動会もありますから、もう少し暖かくなって欲しいですね。    

2010年9月20日 (月)

リンドウを見に

那須岳にリンドウが咲いていると聞き、これは行かずには居られないcoldsweats01

あまり深く考えず、近い事もあってゆっくりと出かけてしまったら、ロープーウェイ乗り場にたどり着くのにとんでもない渋滞に巻き込まれてしまいました。

そうか、連休の真ん中でした!down

逃げ道が無く、引き返すことも出来ず、もう行くしかありません。

中止にするにも、とにかく一本道を登りきって降りてこない事には中止にも出来ません。

いたずらに過ぎていく時間。

イライラがつのり、お腹も空いてきて、時間は12時を廻ったというのにお弁当も持参していなくて、バナナやおやつでお腹を満たしながら待ちました。

やっとロープーウェイ乗り場那須山麓駅にたどり着いたときは2時間近く経っていて、こんなに待ったのだから予定通り乗ろうと言うことに。

お昼は。。。?

嬉しいことに乗り場で簡単な物が売っていたので、とりあえずおにぎりを購入して乗り込みました。

那須山頂駅から目指すリンドウや高山植物を探しながらのんびりと山を登ります。

雲が多くて視界が開けず残念です。

P1040049

見上げればなだらかに見えるのが茶臼岳。

緑の絨毯はガンコウランです。

Photo

写真左から時計回りに。

エゾリンドウ、シラタマノキ(とっても可愛らしくて、しかも何だか美味しそう・・・)、ウラジロタデの雌花、ヤマハハコ。

Hana_2

シラネニンジンとガンコウラン、そしてその黒い実。

Hana1

間もなく紅葉の季節を迎える準備が始まり、高山植物の花もそろそろ終わりです。

雲が下からグングンとわき上がってきます。

Photo_2

山頂駅周辺を散策するだけのつもりだったのですが、花を探し風景を眺めて歩いている内に牛ヶ首まで登ってしまいました。

そこから眺める目の前には那須岳が。

噴煙が上がっていて、山は生きているのだなと思わせ、辺りには硫黄の匂いが漂っています。

この山の裏側が峰の茶屋。

Photo_3

残念なことに渋滞の待ち時間が大きすぎて、ここまで来たらもう引き返さないといけません。

峰の茶屋まで行っていては帰りのロープーウェイに間に合わなくなってしまいます。

今度は朝早く出て、ちゃんとお弁当も持参してゆっくり峰の茶屋まで登ってみようかと思います。

そこから朝日岳や三本槍に健脚なら行きたいところですが、今の私にはちょっと無理ですね。

2010年9月18日 (土)

高原は秋

早朝、見上げた空がすっかり秋の姿。

P1030993

今年は徐々に季節が移行するのではなく、台風が過ぎ去った後、ストンと秋になってしまったようです。

           ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

高原ではそろそろ秋の花に出会えるかも知れないと、雨上がりの昨日八方ヶ原へ出かけてみました。

ススキが風に揺れて。

Photo

澄んだ薄いラベンダー色のマツムシソウ。

ここ八方ヶ原にはマツムシソウの群生地があります。

群生地と言うにはまだ早いかな?

今一生懸命保護に乗りだしていて、今年は昨年の2倍以上に花が増えていました。

Photo_3

愛らしいウメバチソウが大好きです。

Photo_4

沢山のアザミに混じって、一本だけ白花を見つけました。

Photo_5

広大な面積の牧場に放たれている牛が、設置されている塩を舐めに来ていました。

牧場を1周するには1時間半ほどかかります。

Photo_6

あと一月もしないうちに高原は赤や黄色に染まっていきます。

今年はどんな姿を見せてくれるのか楽しみです。

2010年9月15日 (水)

ひと夜の花

夕べ、月下美人が咲きました。

毎年早い内に付いた蕾は、大きくならずに赤くなって落ちてしまいます。

その後に付く蕾がしっかりと葉にしがみついて栄養をタップリ頂いて大きく育ち、花開く夜を心待ちにしていました。

2ヶ咲きそうで、夕方6時頃の蕾です。

ちょっとボケボケ。。。

Bijin1

玄関に置いたまま、すっかり忘れていて夕食を済ませTVを楽しんでいると、8時過ぎ何処からとも無く漂ってくる香りにハッとして玄関にとんで行くとすっかり咲いてしまっていました。

慌てて部屋に入れました。

Bijin2

枝の上に方に付いてくれると良いのですが、毎年下の方ばかりで、鉢よりも下になって咲く物も。

写真に撮りにくいこと!

Bijin4

Bijin3_2

日付が変わって夜中の2時頃までは咲いていましたが、朝起きてみるとすっかりしぼんでいました。

花はしぼんでも、ほんのりと良い香りは残っています。

今夜また2ヶ咲きそうで、蕾がふっくらしてきました。

あの素晴らしい香りの中で今夜も過ごせそうです。      

2010年9月13日 (月)

庭で咲く花

ようやく、ほんとうにようやく秋めいて来ましたね。

気温も下がりはじめ、特に朝晩過ごしやすくなってきた事がどんなにか嬉しいことでしょう。

蝉に変わって鈴虫やコオロギが澄んだ鳴き声を競っています。

              ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

久しぶりに我が家で咲いている花です。

初めてダリアの球根を植えてみました。

何故か咲く花全部、綺麗に丸くならなず歪に咲きます。

Photo

やっと咲き始めたハナトラノオ。

Photo_2

畑のニラを収穫せずにいたら、綺麗に花畑になっています。

野菜の花って可愛らしい。

切っても切っても次々出てくるのだから、食べないのは勿体なかったです。

花を楽しんだら刈り込んで、次は食卓へ載せなくちゃ。

Photo_3

次々沢山花を付けるブーゲンビリア・ブライダル。

葉が弱くて外に出すのが怖いです。

その為、ブライダルらしからぬとても寂しい雰囲気です。

日差しが弱くなってきたら、短時間ずつ外に出してあげないとね。

Photo_5

             ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

P1030876

昨日は県北地区太極拳交流大会でした。

普通に演舞していても良いのですが、剣や扇を持つととても華やかです。

交流大会に参加してみて、太極拳4年目を迎えた私たちもそろそろ扇を。。と先生に提案しましたら、これからは色んな事にチャレンジしましょうとお返事を戴けました。

ますます楽しみが増えます。

2010年9月 9日 (木)

知床を後にして

最終日の行程は美幌峠からです。

網走郡美幌町と川上郡弟子屈町の境にある峠です。

この峠からの景観がとても素晴らしい。

展望台から見下ろす屈斜路湖の湖面が朝陽を受けてキラキラと眩しいほどです。

昨日の雨が上がり、見上げれば空はもう秋色に変わっています。

P1030657

P1030658

P1030662

続いて、摩周湖へ。

霧に隠れることもなく、とても美しい姿を見せてくれました。

P1030678

最後は網走監獄博物館です。

P1030767

資料から網走監獄の誕生について少し抜粋して紹介します。

網走監獄と言うと、重罪人を収容すると想像することが多いですね。

重罪人とは、殺人、強盗殺人などの凶悪犯と言うイメージですが、実は網走に監獄が誕生したときに送り込まれた囚人達は違います。

明治のはじめ、西南戦争で多くの国事犯を生み全国的に過剰拘禁となり、この状態を解決するために、徒刑、流刑、懲役12年以上の物を拘禁する集治監を北海道の地に求めました。

北海道中央道路開削作業の為に送られた人数は囚人(国事犯)1200名と、看守173名。

過酷な人権を無視した作業とそれ監視する看守達の話しを聞いて、胸が潰れそうな思いでした。

この事実を元にした物語を、作家、吉村昭さんが「赤い人」と言う題で本を出版しています。

館内をガイドツアーの方が1時間、案内してくれます。

でも、とてもとても1時間では廻ることは無理ですね。

ここもゆっくりと時間を取って廻る価値がある所です。

写真左上から、現代の雑居房。右、以前の雑居房。

下左、中央見張り(真ん中に立って左右を見渡すと5棟の舎房が広がっているのを見張ることが出来ます)。右、五翼放射状平屋房の一部。

Hakubutukan

館内撮影禁止ではないので、まだまだ沢山写真はあるのですが、とても気持ちが重くなってしまうものが多いので載せるのはやめておきますね。

               ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

さて、何だか気持ちがどんよりしてしまったので、最後に愛らしい写真を一枚。

オホーツクシマリス公園に立ち寄ったときの写真です。

とても人なつこくて、手に足に肩に登ってきては餌をねだります。

足下もチョロチョロで、踏みつけないように歩くのにも気を使います。

この子達に会って、癒やされ、疲れも何処かへ行ってしまうほど笑ってきました。

P1030607

2010年9月 8日 (水)

知床を旅して(その2)

クルージングを終えて向かったのは知床五湖です。

本当ならば五湖全て廻りたかったのですが、それがツアーの残念なところ。

予定をこなすためには。。。ね。

二湖だけ廻りました。

知床五湖へ行く途中の道路では、沢山のエゾジカに出会いました。

バンビを連れた母親、立派な角をはやした男鹿。

車中からなので残念なことに写真は撮れませんでしたが。

           ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

ネーチャーガイドさんがついて下さり、色々と興味深い話しを聞くことが出来ました。

まず一湖です。

Photo

五湖の中で一番大きな湖です。

一湖の散策路は今年いっぱいで歩けなくなり、写真湖の左上にかすかに見える高架木道エリアを歩くようになります。

大勢の観光客が訪れるため、湖周辺の自然が荒らされ植物に被害が出ていることからの措置だそうです。

五湖に入るための有料化も検討されているようですね。

雨にぬれながら森の中を歩きます。

Photo_2

続いて二湖へ。

雲に隠れて遠く知床連山が霞んで見えます。

晴れていれば連山の美しい景観がくっきりと見え、波穏やかなら鏡のように湖面に写るのですが、とても残念です。

湖の奥、緑色に見えるのはヒツジグサです。

Photo_3

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:

五湖を後にして、次は小清水原生花園です。

オホーツク海に面した、長さ20キロにも及ぶ花園。

ここの見頃時期は7月。

エゾスカシユリやエゾキスゲでオレンジや黄色に染まる原生花園は素晴らしいでしょうね。

P1030567_2

ほとんど花が無いように見えますが、近くに行くとポツポツと咲いています。

左上から原生花園駅、ヒルガオ。

ヤマフウロ、ハマナス。

下はちょっと分かりませんm(_ _)m

Hana

雨の知床散策を終えて、宿のある網走へ向かいました。

次回に続きます。

2010年9月 7日 (火)

知床を旅して(その1)

9月2日から二泊三日で知床を旅してきました。

メインの3日は台風の影響であいにくの雨。

それでも熱帯低気圧に変わったお陰で風はほとんど無く、予定通りクルーザーが出航することになりました。

ゴジラ岩観光さんのクルーザーでウトロ港から出発です。

ゴジラに見えますか?

Photo

雨の中、濃霧にならなかったので中止になることも引き返すことも無く、1時間のクルージングを楽しんできました。

降りしきる雨で風景が霞んでいて、ハッキリと見ることが出来ずに残念でしたが、それもまた良し。

雨と波しぶきでビッショリになりながらも、素晴らしい自然にただただ感動するばかりでした。

ほんの一部だけしか紹介できないのが残念です。

             ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

フレペの滝(乙女の涙)   レンズに雨粒が。。。

Photo_2

男の涙(湯の華の滝)

Photo_3

クンネポール。

アイヌ語で黒い穴と言うそうです。二つ並んでありました。

Photo_4

こけし岩。

頭は胴体につながって無く、上に乗っているだけだそうですが何故落ちないのか不思議です。

こけしなのに、長靴を履いていますね。

Photo_5

象の岩。

象に見えるでしょうか?

長い鼻と、大きな耳、ちゃんと目も付いています。

Photo_6

カムイワッカの滝。

一番高い山が硫黄山。

Photo_7

1時間のクルージングを終えて、次に向かったのは知床五湖。

次回に続きます。

2010年9月 1日 (水)

向日葵と庭で咲く花

今日から9月ですね。

相変わらず温度計の目盛りは時間とともに上昇していきますので、9月と言っても心なしか涼しく感じると言うこともなく、一体何時になったら涼しくなるのと少々バテ気味です。

それでも、寝静まった夜に鈴虫の鳴き声を聞いたときはとても嬉しくなりました。

          ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

暑いのだから、涼しさを探しに行く方が気持ちとしては理解してもらえそうですが、暑いときにはもっと暑そうな物を!と、天の邪鬼で向日葵を見に行きました。

Himawari

もう花が終わり、種だけになっている向日葵を目にしますが、ここ那須烏山市熊田にある棚田の向日葵は見頃です。

葉も焼けることなく、緑が生き生きしていました。

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

次は庭で咲く花を少し。

ブルーディジーがまた蕾を付け始めました。

一つ、二つとポツポツとしか咲きませんが、この色は大好きな色。

Deijiy

今、ガウラがとんでもないことになっています。

前庭の一角が自由奔放に伸びた枝に沢山の花を付けているガウラで一杯です。

ここには薔薇も数本植えてあるのですが、薔薇の存在を忘れてしまいます。

そして、下にはこぼれ種で発芽したトレニアがビッシリと花を付けています。

せっかく咲いているので、切るのも忍びないし、トレニアも抜くのは可愛そう。。。

と言うわけで、暫く薔薇にとっては可愛そうな環境です。

Gaura

薔薇も、少しずつ秋の気配を醸し出してきましたね。

クィーン オブ スエーデンのピンク色が変わってきました。

P1030373

サハラも色濃くなり、オレンジ色で咲きます。 

P1030380

テス オブ ダーバービルズは何時も変わりなくコロンと愛らしい。

Tesuobu_2

          ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

明日から週末まで留守にします。

北海道に行ってきますが、何だか台風が追いかけてきそうな気配です。

せっかくの予定が台風の為に変更にならないよう祈りながら、知床方面を旅してきます。

本当ならば、もう少し長く楽しんできたいところですが、犬を預けて行かなくてはならないので、可愛そうでこれが限度かなと思い、大急ぎで帰ってきます。

かかりつけの病院なので体調は心配ないと思いますが、案外神経質な二匹なので、ねwink

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »