最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月27日 (金)

那須まで避暑に

少し気晴らしをしようかと、友と那須まで行ってきました。

友の遠くに住むお母さんの体調が思わしくなくなり、2ヶ月ほど会えずにいました。

残念なことにお母さんは今月初めに亡くなってしまい、どんなにか彼女も気落ちしていることでしょうと、とても気になっていました。

積もる話しもあるし、ようやく彼女も外に出る気持ちになって来ました。

ランチをしながらお話しするだけでも良かったのですが、気晴らしもしたいと言うことで、以前行く約束になっていた那須まで避暑を兼ねて行ってきました。

那須岳の登山入り口、峠の茶屋までは車で行き、そこのベンチに座って色々とお喋り。

P1030341

肌寒いほどの気温でしたが、吹く風がほんの少し秋を思わせて心地よく過ごしました。

次はランチのお店まで山を下って。

今日は林の中にある民家の2階を手入れしてお店にした「こと葉」です。

P1030349

とても目立たない所にあり、観光地のメイン道路から外れていますから、偶然見つけて入るのは難しいです。

ナビに入れても連れていってくれずに、電話で確認してしまったほどです。

人気のお店らしく、平日にもかかわらず中のテーブルは全て埋まっていました。

天井が高くて、狭い店内も開放的に。

P1030342

外のデッキでも食事が出来ます。

今は蚊が居るので、気持ちよさそうだったけどやめました。

紅葉の季節がとても良さそうです。

P1030347

選んだのは「こと葉プレート」(1200円)

肉魚は使って無く、野菜と豆を使った加工品だけの身体に良さそうなメニューです。

P1030344

たぶん、男性には物足りない量ですね。

これだけ食べたのに、夕方にはお腹が空きましたから。

食後の珈琲(別料金で450円)がマイルドな味でとても美味しかったです。

友も思ったよりも心身共に元気で居てくれ、安心できた一時でした。

2010年8月24日 (火)

森のランプが灯りました

暑さがぶり返して、以前のように夕立も降らず、この暑さは一体何時まで続くのでしょう。

少し車を走らせると素敵な避暑地がありますので、涼を求めて行ってみました。

宮川渓谷です。

Photo

この渓流は駐車場からほんの僅か降りただけで出会え、遊歩道もあり気楽に歩けるところです。

P1030313

下界は35度近い暑さでも、駐車場で27度でしたから、渓谷ではもう少し下がっているでしょうね。

涼風吹く木立の中を歩いていると、お目当ての森のランプ、レンゲショウマを見つけました。

Photo_3

何て可愛らしいのでしょう。

今日の一番目の目的はこのレンゲショウマを探すことでした。

やはり木立の中でスッと立ち、あかりを灯している姿は何とも言えない雰囲気です。

Photo_5

自然の中で自生しているレンゲショウマを見つけたのは初めての事。

涼しさと、花を見つけた喜びとを味わってきました。

2010年8月22日 (日)

高原の花

今日は霧降高原で咲いていた花です。

特別珍しい花があるわけでは無いのですが、実は花はほとんど期待していかなかったのです。

霧降ではニッコウキスゲばかりが有名になっていましたので。

ですから、沢山の花に出会えたのはとても嬉しい出来事でした。

           ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

ヤマハハコ(山母子)。

Photo_2

シラネセンキュウ。

Photo_3

サラシナショウマ。

ショウマと付けられているだけあって、葉がレンゲショウマに似ていますね。

Photo_4

サラシナショウマの花をアップにしてみると。。。

Photo_5

オヤマリンドウ。

Photo_7

アキノキリンソウ。

Photo_10

ツリガネニンジン。

Turigane

ソバナ。

Sobana

リフトに乗って降りてくると、第三リフトを降りたところに漂う百合の香り。

ヤマユリが数本咲いていましたが、それだけで漂うほど強い香りです。

ワレモコウと一緒に。

Photo_11

リフト撤去が行なわれた後は、遊歩道が出来るそうです。

リフトの上から眺めるのも良いですが、遊歩道から花と身近に接しながら登るのはもっと良いかも知れません。

そして、この山にはゴヨウツツジの木が沢山あるのです。

その季節も楽しみです。

2010年8月21日 (土)

霧の中へ

この八月いっぱいで役目を終える霧降高原のリフト。

今月は無料で乗ることが出来ますので、昨日乗り納めに行ってきました。

高原はそろそろ夏の花から秋の花へとバトンタッチをしている頃でしょう。

高原に向かう道路を走っていると次第に辺りは霧に包まれていきました。

Photo

視界何メートルでしょう?

スピードを落として、ゆっくりと登っていきます。

第三リフト乗り場駐車場入り口の近辺は真っ白で、見落としそうになりました。

Photo_2

これではリフトに乗っても何も見えないのでは?

でも、期待を裏切って、乗り始めると霧は晴れていました。

リフトの下は高原の花が沢山咲いてお花畑です。

勿論、自然のお花畑ですから華やかさはありませんけれど。

Photo_3

下界は霧に包まれています。

Photo_4

リフトを降りて帰路の途中寄った大笹牧場も、霧の中に包まれて何も見えませんでした。

Photo_5

何度も行った霧降高原ですが、こんなにも深い霧に包まれたのに出会ったのは初めてのことです。

広がる風景を見ることが出来ませんでしたが、幻想的な霧の高原を楽しんできました。

気温は牧場で19度。

半袖では肌寒い程でした。

花の写真も撮ってきたのですが、それは次回に。

2010年8月20日 (金)

庭で咲く花

昨日今日とつかの間の涼しさを味わっています。

昔話になりますが、私の子供の頃は予報気温30度などと出たら、何という暑さだろうとウンザリしてしまったものでした。

が、今は30度と出ると今日は涼しくて良かったわ~とホッとする私が居ます。

             ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

森のランプと言われるレンゲショウマ。

沢山の蕾を付けましたが全ての蕾が綺麗に咲くわけではありません。

開かないまま枯れたり、腐ってしまったり。

咲いても綺麗ではなかったり。

今年は管理が悪かったのか、暑さのせいか綺麗な花が咲きません。

Photo

市内の渓谷沿いにこのレンゲショウマの咲くところがあると聞いていたので、昨日はやっと休みの合った友と見に行こうかと準備していましたら、出かける寸前に雨が降ってきてしまいました。

あ~、日頃の行いはそれ程悪くないつもりだったのに。。。

今年は見に行けないかもね。

ネット友さん達から、トレニアの花の中に指輪があると教えて頂き、一つ一つ見てみましたら確かにみんな素敵な指輪をつけています。

贅沢にも宝石を2つも付けているわ(笑)

Torenia

ボックセイジ。

澄んだ薄いブルーが涼しげです。

Photo_2

挿し木で頂いたハイビスカスは一年中花を咲かせます。

Photo_3

今年三度目の花ブーゲンビリア・ブライダル。

ブライダルですが、部屋の中で育てていますので紫外線不足かピンクが入りません。

外に出したらほんの1,2時間で葉焼けしてしまい、大慌てで部屋に取り込みました。

涼しげで、これはこれで良いかな。

花の中に小さな花が3つ咲きます。

Photo_4

2010年8月16日 (月)

苦手克服出来たかな。。。?

お盆に息子が二人の孫を連れてやって来ました。

お嫁さんは仕事です。

おやつを食べ暫く部屋で遊んだ後、公園に行きたいと言うお兄ちゃんの希望で私と孫二人と手を繋ぎ団地内の公園に行きました。

二人は虫が大嫌いです。

両親共に嫌いなので、当然子供にも影響しますよね。

ブランコや滑り台で遊んだ後は草むらへ行き、「バッタを捕まえよう!」と提案。

ようやく見つけた小さなバッタを二人に見せ「触ってごらん」と私。

恐る恐る小さな指でツンツンとする二人。

「持ってみる?」と聞くと、3歳のお兄ちゃんが勇気を出して手を出しましたので、そっと乗せて上げると緊張でバッタを握りつぶしそうになったので、「そ~っと、やさしくね」と。

ほんの2.30秒位でしたが、初めて虫を掴んで居ることが出来ました。

それを見た2歳の孫も、「そうちゃんもやる~」と手を出してきました。

しめしめと思った私はさりげなくそっと乗せてあげるとじっと固まっていましたが、バッタが跳んでいくまで頑張っていました。

帰宅してその様子を息子に話すと、信じられないと言う様子。

よーし、次に来たときはトンボとダンゴムシに挑戦だからねhappy01

それにしても、初めての経験だったのにデジカメも携帯も持たずに行ってしまい、写真に撮れなくて残念!

ママに見せたかったわ。

               ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

ようやくゴーヤが沢山実るようになりました。

毎度お茶だけ作っても仕方がないので、多くのブログで話題になっている佃煮を作ってみました。

初めてですし、どうせゴーヤだし、苦いし、それ程美味しいわけが無いと思い、ネットで調べた作りやすい1キロの半分で作ってみました。

Photo

出来上がってみてびっくり!

苦みもほとんど無くて、美味しいんです、とっても。

で、作り方を紹介します。(ネット参考ですが、何処で見つけたのかもう分からなくなりました)

材料   ゴーヤ1キロ。

      チリメンジャコ 80グラム位。 いりごま 適宜。  鰹節 適宜。

      調味料  (砂糖250g。 醤油160cc。 酢120cc。 味醂180cc)

1)    ゴーヤは綿を取り、スライスして熱湯で2分ほど茹で、水分を切ります。

2)    調味料を煮立て、ゴーヤを入れて煮込みます。

      煮汁が少なくなってきたら火を止めて、ジャコ、鰹節、いりごまを入れてかき混

      ぜます。これで出来上がりです。         

美味しかったので、手の手術をして今水仕事が出来ない友にお裾分けしたら、美味しいと言って喜んで貰えました。

お弁当にも良いですね。

またゴーヤがなっている内に作ってみようと思います。

2010年8月10日 (火)

小田代ヶ原は花畑

林を抜けるとたどり着くのが小田代ヶ原です。

まずはお馴染みの白樺「貴婦人」を中心に。

P1030061_2

ツリフネソウ。

小田代ヶ原は黄色ばかりですね。

Photo_11

ツリガネニンジン。

Photo_14

トモエソウ。

風に揺れてピントが合いません。

Photo_15

リンドウ。

P1030075

まだまだ花は沢山の種類が咲いていたのですが、写真に撮れなくて。。。

花をゆっくり眺めた後は少し遅めのお昼です。

いつものことですが、おにぎりの他にインスタントですが珈琲、味噌汁、カップ麺などを持参し、お湯を沸かしていただきます。

以前「ためしてガッテン」でも、トレッキングなどで疲れた時には温かい食べ物、とりわけ味噌汁が疲労回復に良いとやっていましたね。

シートの上で靴も靴下も脱ぎ捨てて、素足を投げ出して横になると本当に気持ちが良いのです。

疲れも何処かへ吹き飛んでしまいそうです。

さて、ゆっくり休んだ後は木漏れ日の差す林の中を歩きながら赤松茶屋へ戻りましょう。

P1030083

正味3時間半ほどゆっくり歩いて湿原巡りは終了です。

歩数は15000歩弱。

疲れて歩くのが辛かったら、小田代ヶ原から低公害バスで帰ることも出来ます。

秋の草紅葉の季節にも是非行ってみたいと願っているところです。

2010年8月 9日 (月)

戦場ヶ原のピンクの花園

ホサキシモツケの群生地でのピンクの花園を見たくて、6日金曜日、日光戦場ヶ原へハイキングに出かけてきました。

以前、もう10年近くも前のことですが、湿原一面をピンクに染めるホサキシモツケに感動した事が忘れられないのです。

今年は残念ながらもう遅く、出かけるのは7月後半にするべきでした。

まずは赤沼茶屋付近の駐車場に車を止めて、そこから歩きます。

湯川に沿って木道が整備されています。

川の両岸にはホサキシモツケとノアザミが咲いています。

Yukawa

ホサキシモツケを両側に見ながら木道を歩きましょう。

P1030035

半分以上花は終わり、茶色く変色していましたが、まだピンクに見えますね。

Photo_5

これがホサキシモツケです。

下野の国、今の栃木で最初に発見された事が名前の由来となっています。

Photo_6

ニッコウアザミ。

ノアザミはすっと伸びた茎に一つ、大きめの花が咲きますが、ニッコウアザミは茎の先に数個花を付け、少し小さめです。

Photo_16

一際目立つコオニユリ。

Photo_7

クサレダマ。

漢字にすると「腐れ玉」を想像する人が多いようで、何て可愛そうな名前と思うらしいのですが、実際は「草連玉」と書きます。

レダマ(連玉)に良く似た花のためこの名前が付いています。

Photo_8

ハクサンフウロが随分増えたように思います。

Photo_9

のんびり写真を撮りながら、遠くの風景を眺め、湿原を渡る心地よい風を身体いっぱいに受け止めて戦場ヶ原を後に、次は林の中を歩きながら小田代ヶ原へ向かいました。

続きは明日に。

朝焼けと庭の花

早朝眠っていると目の中が真っ赤に燃えていました。

驚いて跳び起きると、部屋の中がオレンジ色に染まっています。

急いで窓を開け、携帯で写真を撮りました。

Asayake

朝焼けは雨になる確率が高いと言われていますね。

この写真を撮った1時間後くらいから雨が降ってきました。

今日は雨の一日になりそうで、久しぶりに涼しく過ごせそうです。

             ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

小雨になったところを見計らって庭の花の写真を撮ってきました。

ふわりふわりと蝶のように風に舞うガウラ。

Gaura

ピンクのガウラ。

Photo

メドウセイジ。

大きな口を開けて、何を食べようとしているのでしょう?

Photo_2

レンゲショウマの蕾が沢山付いています。

100ヶ以上は付いているでしょうが、全体の写真の撮りにくいこと!

地に下ろしたいのですが植える場所が無くて。

Rengesyouma

とても優しい雰囲気の初雪カズラ。

昨年は綺麗な斑が出なくてつまらなかったのですが、今年は涼しげで良い感じになりました。

Photo_3

2010年8月 5日 (木)

今日の収穫と薔薇と

毎日食べきれないほど採れていたトマトの量が少なくなってきました。

今までは無理矢理ご近所さんに押しつけていましたがhappy01、家族二人で食べるのに丁度良くなりました。

Photo

ゴーヤのなりが良くないですね。

まだ花は次々咲いていますから、これからきっと沢山出来てくるでしょう。

待ちきれずにスライスしてゴーヤ茶を作りました。

干してから、フライパンで軽く色づくまで乾煎りします。

香ばしくて苦みもなくとても美味しいお茶が出来ます。

P1020966

今朝はコガネムシの来ないうちに2種類の薔薇を撮すことが出来ました。

花は小振りですがピンクフレンチレースです。

Photo_2

レッチフィールドエンジェル。

春の透き通るような色合いは無くなってしまいましたが、それでもやっぱり愛らしい。

P1030012

        ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

先日書きました22時11分の2分間のアラームですが、8月の声と共に聞こえなくなりました。

我が家の前の空き地に、数ヶ月間ずっと動かさないままの2トントラックが駐車しっぱなしになっていました。

そのトラックが8月になったら、いつの間にか何処かへ動かされて、無くなったと同時にアラームも聞こえなくなりましたので、きっとそのトラックの中で鳴っていたのかも知れませんね。

これでウトウトしていたのを起こされることも無くなり、静かな夜がやって来ました。

確認はしていませんが、アラームの出所も何となく分かり一件落着です。

何とも不思議な時間に鳴るアラームでした。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »