最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ありがとうございました | トップページ | 今日の収穫 »

2010年7月20日 (火)

風渡る尾瀬

長年夢見ていた夏の尾瀬に行く事が出来ました。

もう20年ほど前、福島県檜枝岐の方から尾瀬沼へは行ったことがあるのですが、季節は晩秋。

冷たい風の吹く寂しい湿原を歩いた記憶があります。

夏が来れば思い出す~♪と歌われるように、花と緑の湿原歩きがしたかったのです。

私はノルディックウオーキングをやっていますが、そのリーダーの発案でストックを使ってトレッキングを楽しもうというものです。

参加人数も10名を超えてようやく実現となりました。

私は何処へ行っても、所々風景の良いところで立ち止まり写真を撮ります。

今回もそれを楽しみにしていたのですが、思惑は外れ、ひたすら目的地の第2長蔵小屋を目指して歩くことになるのでした。

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今回は比較的楽と言われているコース、群馬県の鳩待峠(標高1591m)から出発です。

石畳を歩き、整備された木道や階段を使って林の中を降りていきます。

川のせせらぎの音を聞きながら、驚くほど大きく育った水芭蕉の葉を横目に、尾瀬ヶ原ビジターセンターまで、約50分ほど湿った林の中を歩きます。

この様子を写真に撮りたかったのですが、ストック2本を持ち、ひたすらリーダーの速い足に遅れまいと必死で歩くためカメラを取り出す余裕もなく。。。

ようやく到着したビジターセンターで小休止です(ハ~、ヤレヤレ)

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

さて、いよいよ夢見た尾瀬の湿原を歩きましょう(標高1400m)

初めに迎えてくれたのはワタスゲの花でした。

Photo

前方に見えるのが燧ヶ岳です。

Photo_4

上田代には地塘と呼ばれる小さな池が点在しています。

浮かんでいるのはヒツジグサで睡蓮の仲間です。

このヒツジグサは秋になると紅葉します。

そんな姿も見てみたいですね。

Photo_5

ヒツジグサの上で一休みするイトトンボ。

とても綺麗な色です。

P1020864

見渡す限りの湿原には全く日陰がありません。

高原と思っていた尾瀬ですが、暑いこと暑いこと!

途中、強力と呼ばれるポッカ(歩荷)さん二人に会いました。

荷物は80キロくらいあるそうです。

Photo_6

ようやくキスゲの群生地にたどり着きました。

Kisuge

Photo_7

振り返ると至仏山が(標高2228m)

Photo_8

やっと龍宮小屋に到着です。

Photo_9

あまりにも疲れてしまい、ここでお昼かと喜んでしまったら、まだ目的地の第2長蔵小屋まであと30分ほど歩くと聞き、どっと疲れが増してしまいました。

目的地の長蔵小屋に到着して1時間ほどのお昼を兼ねた休憩時間。

もう疲れてカメラを取り出す元気もありませんでしたので、帰り道は写真無しです。

せっかくの休み時間でしたが、食事の途中で雷が鳴り出し、ポツポツと降りだしたかと思ったら一気にザーッと大雨が!

この所の不安定な気候はここ尾瀬でも同じでした。

それでも、帰り道は少しの間カッパを着て歩いただけですぐに止んでしまい、まずまずの尾瀬日和でした。

            ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

途中2.3度の小休止以外はひたすら歩くという、私には強行軍の湿原歩き。

皆さん、デジカメを持つという趣味が無いのか、ほとんど誰もカメラを出す人が居ません。

私はせっかくの尾瀬、写真を撮らずに帰るわけにはいかないと、一人立ち止まっては撮し、小走りにみんなの後を追いかけると言う事の繰り返しで、倍は疲れてしまったような気がします。

しかも、じっくりアングルを考えて、などと悠長に構えていたらどんどん先に行ってしまうので適当に撮すしかありません。

次、もし行くことがあったなら、龍宮小屋で引き返しても良いので(これより先にはキスゲなど主だった花はありませんので)ゆとりある行程で楽しみたいなと思っています。

帰りのビジターセンターから鳩待峠までは、降りた分だけ登ることになります。

疲れ切って前に進まない足には、2本のストックがどれだけ役に立ったことでしょう。

これからのトレッキングには欠かせない相棒となりそうです。

« ありがとうございました | トップページ | 今日の収穫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然散策」カテゴリの記事

花を探して」カテゴリの記事

コメント

みつばち様、  こんばんは!

 ご主人様がお元気で、ホッとされましたね。
ご心配もあられたでしょうが、ご安心でしたね。
これからも、どうぞお大事になさって下さいね。

素敵な尾瀬のお写真に見入ってました・・・
空の青さと雲と、夏、真っ盛りですね。
毎日猛暑続きですが、みつばちさんはお元気ですね!

可愛いワタスゲ、キスゲ、ヒツジグサの
素敵なお写真を見せていただき、
どうもありがとうございました。

これから、夏バテなどにならないように、
どうぞお元気にお過ごし下さいね!

みつばち様

 ご主人様はいかがかしら?と心配しておりました。
少しずつ良くなられておられる様で安心いたし
ました。
 自分が納得出来る先生に出会うという事は
大切ですね。きっと良い治療法が見つかると
思います。どうぞお大事に!

 この暑さがいっぺんに吹き飛んでしまいそうな、
夏の尾瀬のリポートをありがとうございました。
 
 今の私には、はるかな尾瀬、遠い空なのですが、
少し身近に感じる事ができました。


すみれさん、こんにちは。

毎日暑くて嫌になりますね。
連れ合いの件、ありがとうございます。
今までは私が体調を壊すことばかりでしたが、ここへ来て連れ合いが横になることが多くなり慌てました。
でも幸い良い医師に巡り会い、随分と楽になったようで仕事にも行っています。
ご心配をおかけしましたm(_ _)m

憧れの尾瀬に行くまでは元気でいなくちゃ、と言う気持ちで過ごしていました。
行ってみたら、もう疲れて疲れて、今日になってようやく主婦らしい仕事が出来るようになりました。
体力の無さを実感させられた尾瀬トレッキングでしたよweep

益々暑くなりますから、すみれさんも暑さ対策しっかりして元気でお過ごし下さいね。

ビオラさん、こんにちは~sun

連日の猛暑続きで、体調はいかがでしょうか?

連れ合いは幸いにして今の治療が合ったのか、痛みが薄れているようです。
まだしびれが残り、握力が戻らないと言っていますが、仕事には復帰しました。
ご心配をおかけしてしまい、ごめんなさいね。

尾瀬の風景を見て下さってありがとうございます。
写真を見ていると、とても涼しげでしょう?
実際はとても暑くて、日差しも強く、腕は日焼けで赤くなっています。
お風呂が浸みて痛かったこと!(笑)

遙かな尾瀬は、私には強行軍過ぎて、辛い思い出の方が強いです。
良い思い出になるにはもう少し時間がかかりそう。。。
未だにつま先がが痛くてhappy02

みつばちさん こんにちは~♪

ご主人の体調が落ち着かれて良かったですね。
少し体調がいいと草むしりを・・・分かるような気がします。

夏が来れば思い出す~♪
尾瀬いいですね~憧れの尾瀬には行ったことがなくて、今となってはもう行けません。
健康な若いうちに行っておけば良かったと後悔です(・・;)

写真を見せていただくだけで、尾瀬に行った気分になりました~ありがとうございます

尾瀬にいらしたのですネ
随分ハードなノルディックウオーキングが御趣味なのですネ・・・
凄い!
伺っただけで参加できません(笑)
本当に若かりし頃(20代)私も友人数人で群馬県の鳩待峠から燧岳・至仏山を制覇しました
尾瀬には夢見る様な(?)水芭蕉が咲いていましたヨ
残雪もありかなり寒かった記憶です
水の中で水芭蕉が咲いていてビックリした記憶があります
今のように野の花に興味を持っていればさぞ楽しい思い出になった事でしょう・・・
山歩きは初体験でしたから道中は風景や植物を楽しむと言うよりはある種修行の様な・・・友人に迷惑をかけまいと必死に頑張って只管歩いていたとても苦しかった記憶がありますが・・・
過ぎてしまえばすべて楽しい思い出と化しています
夏の尾瀬は単独で思うまま写真を写しながら歩いてみたいです
道に迷う心配はありませんからネ
写真を拝見すると当時の記憶が甦ります
尾瀬は手厚い自然保護が早くから叫ばれていました
それでもかなり自然破壊はあるのでしょうが写真を拝見していると手つかずで残されている様な錯覚を覚えます
とても懐かしく楽しい一時を過ごさせていただきました
ありがとうございました

おはようございます!
毎日暑いですね…。
お変わりありませんか?

尾瀬の写真、どれもこれも素敵で…。
ぼーっと見入ってしまいました。
うだるような暑さに一服の清涼感をありがとうございます。

みつばちさんは、私がやってみたいな~と常々思っていることを
実現されていて羨ましいです。
今は家のこと・子どものこと…、雑事に追われてなかなか実現しないのですよ。<笑>

今日も暑そうですね!
ご自愛ください。

dimさん、こんにちは~happy01

連れ合いのこと、ありがとうございます。
少し良くなると草むしり。。。は、私もすごく気持ちは分かります。
私も草むしりはともかくとして、気になることをやらないと気が済まなくなりますから。
でも、一応クギは刺しておかないとね。
またぶり返して辛いのは本人ですから。

尾瀬は、本当に若いときに行っておくべきでした。
今回行ってみて、自分には集団行動は無理だと分かりましたよ。
それにしても、60代のオバちゃま達が半数以上を占めていたのですが、その方達が一番元気でした。
若い頃どんな生活をしていたら、そんなに元気で居られるのでしょう?

もう、たぶん、二度と行けないと思います(悲しい。。)

ranさん、暑いですね~sun

鳩待峠から燧岳、至仏山を制覇したことがあるのですか!
若かったとは言え、健脚だったのですね。
あの山々を一目見て、無理!と思いましたもの。

今回の尾瀬トレッキング、私もひたすら修行のような気持ちで黙々と歩きました。
辛い、痛い、靴を投げ出して休みたい。。。とどれだけ思ったことでしょう。
でも、子供じゃないから泣き言も言えないし、早く到着しないかと必死で歩きました。
今、両足の親指の爪が紫色に変色しズキズキしています。
一緒に行く相手が友人や連れ合いなら、我が儘を言わせて貰ったのですけど、スポーツクラブの面々で半数以上は初めて会う人たちでしたから。

ノルディックウオーキングはまだはじめて間も無くて、ハードな事もやったことがないので、こんなにひたすら早足で歩くなんて思いもしなかったし、前もって言われてもいなかったので、甘く見ていましたね。
尾瀬行きを楽しい思い出として語るにはもう少し時間がかかりそうです。
今はグチの方が先に出てきてしまいますもの(笑)

chi-mamaさん、こんにちは~heart04

chi-mamaさんはまだお若いから、子育てもありますし細々したことで時間に追われてしまい、なかなか私のようには出かけられないと思いますよ。
私もこんな風に出かけられるようになったのは1.2年のことです。
ずっと働いてきましたし、一緒には住んでいませんでしたが少しずつ壊れていく義母の事も3年以上看てきました。
見送って、ようやく何の障害もなく気ままに出かけられるようになりました。
chi-mamaさんも子育てが一段落すれば、次は自分の時間を好きに有効に使えますよ。
その日が来ることを楽しみに、もう少しの頑張りですscissors

尾瀬は若いときの方が体力もあり楽しめると思います。
ご家族と一緒に行ってみてはいかがでしょうか?
無理な計画は立てず、山小屋で一泊も良いですね。
私が行ったときも、小学生のお子さん連れのご家族達何組かにすれ違いました。
子供の方が元気が良くて、羨ましかったですhappy01

みつばちさんこんばんヽ(’ー’#)/わ~♪
尾瀬の素晴らしい景色楽しませて頂きました。
急いで撮った様には見えませんよ、
私ももう行けないわね~やはり尾瀬は歩かないとね~

8月の1日にお友達と「たんばら」へラベンダーを見に行こうと計画中なんです。予定なのでどうなるか分かりませんが、あの紫の中に埋もれたい~(^^ゞ

nonohanaさん、おはようございます~shine

尾瀬の写真、見て頂いてありがとうございます。
尾瀬は素晴らしいところだけれど、ゆっくり歩かないと駄目ですね。
せっかくの自然を満喫できませんから。
私も次は無いと思っています。
戦場ヶ原や小田代ヶ原、栃木にも素晴らしいところが沢山ありますものね。

「たんばら」って、初耳だったので検索しました。
素敵、素敵!
本当にあの紫の中に埋もれてしまいたい~note
車で行くのでしょうか。
日曜日だから日帰りですよね。。。
あ~、連れ合いはまだ本調子でないから無理はさせられないし、何時の日か行けるように、忘れないように φ(・ω・ )メモメモ しておかなくちゃ。

あれ~みつばちさん「たんばら」後存知なかったなんて行った事あります~♪ってお返事が入るかと思ってました。
車じゃないのよ~電車でそれも新幹線や特急は使わずに、JRを1日乗り放題の「青春18切符」って御存知ですか、それでゆっくりとと言ってもちょっと遠いので朝早く出て家には21時頃帰って来ます。
同じ職場の仲良しさんが落語が好きで月に何度か東京まで出かけているのですがその時に青春18切符を利用しているそうなの、それで去年は「切符余っているから何処か遊びに行かない?」と誘われ福島まで遊びに行って来ました。
なるべくお金を掛けないで楽しんで来ようと、その代わり時間は掛かってしまうのですけどね、各駅停車で外の景色も楽しみの一つですし、車の運転は2人ともしないので電車で行って後はシャトルバスを利用すると意外とあちこち出かけられる事を覚えたものですから、いつもならね、無料の入園券とか手に入ると行こうか~となるのですが今回はいつもよりちょっと掛かりそうよ、でもあの紫の中に埋もれたくて奮発しちゃうわ(^^ゞ

nonohanaさん、コメントに気づかず、返事がおくれてごめんなさいm(_ _)m

私、フラフラ出かけるようになってまだ何年も経っていないんですよ~。
口コミでも友から「たんばら」を聞いたこともなかったし。
だから知らない所だらけなんですよ。

青春18切符は使い方によっては便利ですよねtrain
購入時期と使用期間が決まっているのがちょっと残念。
それに切り取ったら駄目なのですよね?
使い切るためにはせっせと出かけなくちゃ(笑)
生憎電車を使って出かけようと言う友も居無いし。。。
皆、ついつい小回りのきく車でとなってしまうのよね~。

「たんばら」も、シャトルバスが出ていますね。
自分の足と電車バスを利用しての旅は、本当に「旅」を実感できますね。
時間を気にしなくて良くなったら、各駅停車で一人旅も楽しいかな。
楽しみを共有できる友との旅も良いけど、一人旅をしたことがないので憧れて居るんですheart04

 みちばちさん、こんにちはwink
猛暑と会社の忙しさでご無沙汰してしまいました。
尾瀬に行って来られたのですねえヽ(^o^)丿
相当お疲れになったろうなと心配でした。
私も二日くらい死んでましたもの^^;
もう行けませんbearing体力なくて…

夏の尾瀬、ワタスゲ・キスゲ…いいですねえヽ(^o^)丿
ヒツジグサの上で一休みしているトンボ、とっても素敵です(^_-)-☆
どれも素敵に撮れていますね。
団体行動では、思うように写真が撮れなくてね^^;
だから私は、いつも一人か二人行動です。

ご主人様も少し落ち着かれたようで、何よりですね。
年代的に、色々体の面倒見ながら頑張るしかありませんね^^;
素敵な尾瀬を楽しませて頂きましてありがとう♪

夢子さん、お返事遅れてごめんなさい。

時々夢子さんのブログを覗いては、お忙しそうだなと思っていましたよ。
仕事をしていると、なかなか自分の時間が持てませんね。
それにくわえて、今年の猛暑!
7月の電気料金は通常と変わりなかったのですが、8月は。。。
さて、どうなることか、恐ろしいです~weep

尾瀬は死ぬほど辛かったけど、今になってみればまた行ってみたいです。
もう団体行動は無理だと実感しましたけれど。
いつも一人か二人ですか?
私は一人で行ける場所と行けない場所があり、どこでも一人気楽に行ける勇気と行動力が欲しいです。
そうすれば、もっと人生楽しめますよね。
それが今後の課題かも(大げさ?coldsweats01

連れ合いのこと、ありがとうございます。
もうほとんど回復して、あとは手の握力が戻れば言うこと無しだそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350363/35822663

この記事へのトラックバック一覧です: 風渡る尾瀬:

« ありがとうございました | トップページ | 今日の収穫 »