最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 霧降高原 | トップページ | 紫陽花の咲く公園 »

2010年6月30日 (水)

別れの朝。。。

毎朝起きてすることと言えば、お弁当作り。

今日に限って、何を思ったか一番に玄関のドアを何気なく開けて見ると。。。。

そこには、無惨に壊れたツバメの巣が散らばっていました。

あまりの衝撃に声も出ず、慌ててそこら中をツバメが居ないかと探し回りました。

庭もウロウロ。

でも姿は見えず。。。

考えてみたら、もう巣の上で羽ばたきの練習をしていましたし、そろそろ巣立ちの頃かなと思っていたところでした。

5羽のツバメが次々に飛び立つ衝撃で巣が壊れたのかしら?

それとも、なかなか怖がって飛び立たない雛が居ると、親鳥が巣を壊して無理矢理飛び立たせると聞いたことがありますのでそちらかな?

ともかく、近くに飛べずに困っている雛がいれば親鳥が大騒ぎをしているはずだし、きっと5羽とも無事に飛べたのね。

それにしても何故こんな早朝なのでしょう。

サヨナラも言わずに飛び立つなんて、寂しいよ。。。。

すぐ側の電線には数羽のツバメが止まっています。

庭を旋回しているツバメもいます。

きっと巣立ったツバメよね?

そう思うことにします。

Untitled25wa

29日、丸々と太った子供達が勢揃いです。

みんな何故かオヤジ顔で、ブサ可愛い~なんて笑いながらほほえましく見ていたのに。。。

もうそんな楽しみも味わえなくなってしまいました。

来年もきっと、それぞれ連れ合いを見つけて戻ってきてね。

巣立ちの喜びと寂しさと複雑な気持ちで、何だか何もする気になれずにいます。

« 霧降高原 | トップページ | 紫陽花の咲く公園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みつばちさん
こんにちは!
chi-mamaと申します。
秋風春風さんのブログでご一緒させていただいています。
みつばちさんのブログの素敵な文章と写真、温かい雰囲気にひきこまれてコメントさせていただきました。

我が家も毎年ツバメが巣作りをしヒナをかえします。
何か自分の子が巣だってしまったような喪失感というか…。
何となく分かります…。
また遊びに来させてください。

みつばちさん、こんばんは^^
初めてお邪魔します。
先日は、うれしいご訪問ありがとうございました♪♪

まあ?! 丸々としたかわいいツバメの赤ちゃんですねえヽ(^o^)丿
でも、突然壊れたツバメの巣を見たらビックリですよね(><)
どこへ行ったのでしょう…
きっと元気に巣立ったのだと思いますよ。
元気出してね(^_-)-☆

みつばち様
 
 可愛いいツバメ達は、あっという間に飛び立って
行ってしまったのですね。
 昨日のA新聞の「声」欄にもツバメの巣立ちについて
書かれていた方がおられましたね。巣立ちを見守る
親鳥の様子や子ツバメの兄弟愛を見守る筆者の優しい
思いをみつばち様の思いと重ねてみました。
 また、来年きっと来てくれると思いますよ。
 
長野のran様の事を教えていただきありがとう
ございました。いつか、同県人としてお話出来たら
嬉しいです。

chi-mama さん、初めまして。

秋風春風さんの所でお名前は拝見していましたよ。
来て頂いてありがとうございます。

毎年ツバメが巣作りしているのですか?
良いですね~。
汚いから嫌だと言う人も沢山いて、作りかけると壊してしまうと言う話しを聞いたことがあります。
でも、せっせと一生懸命作る姿を見ていたら、とてもそのような気持ちにはなれませんね。
そして雛の顔を見てしまったらもう駄目です。
メロメロです(笑)
雛の可愛らしさと、夫婦ツバメの仲の良さを見て、ほのぼのした毎日を過ごさせて貰いました。
また来年も来てくれるかしらね~?

夢子さん、沢山コメントして頂いて嬉しいです。

心配したツバメ達ですが、元気に飛び回っていますよ。
その日の夕方、一家で(沢山いましたから、きっとそうだと思います)巣のあった場所へ遊びに来たのですよ。
玄関先で賑やかに30分ほど過ごして、ねぐらに帰っていきました。
ただ小さなクチバシの黄色い子が残されてしまい、一晩お泊まりでした(笑)
きっとみんなに付いていくタイミングを逃してしまったのでしょうね。

それ以来毎日、日中と夕方にはみんなでやって来て、玄関先で大騒ぎをして帰っていきます。
何だかとても嬉しい日々ですよ。

ビオラさん、こんばんは~moon3

ranさんは植物にとても詳しい方です。
きっと良い出会いになると思いますよ。

私もA新聞の声欄を、皆さんこの時期のツバメには色々な思いを抱いているのだなと思いながら読んでいました。
そしてそのお隣の雀のお話も良かったですね。
普段の生活の中に雀もツバメも当たり前のように居ますが、この時期の子育ての時は特別な思いです。
子を思う親の姿は素晴らしくて、小さな小鳥さえこんなに一生懸命に子育てをするのに、虐待を繰り返す人の親のニュースを見るたびに心が痛みますね。

来年もまた巣作りに来て欲しいな~と思っています。
連れ合いなど、巣が落ちないようにアクリル板などで支えを作っておこうかな。。等と言う始末です。
気が早すぎますねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350363/35588517

この記事へのトラックバック一覧です: 別れの朝。。。:

« 霧降高原 | トップページ | 紫陽花の咲く公園 »