最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

水芭蕉

昨日、目覚めるととても寒い!

思わずブルッとなってしまいました。

予定を立てていた駒止湿原へ水芭蕉を見に行くために、まるで冬支度のように暖かい格好をして出かけました。

それが大正解。

山を越える頃に、気温は一桁になっていました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

駒止湿原は福島県南会津町にあり、標高1100メートルほどの高層湿原です。

この近辺の山にはまだ雪が残っています。

湿原は沢山ありますが、大谷地、白樺谷地、水無谷地の三つが代表的な物で、ここを順に歩きます。

まずは大谷地から。

Photo

大谷地で目を引くのが、鮮やかな黄色の花を咲かせるリュウウキンカ。

コバイケイソウの中で。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

次は白樺谷地です。

ここにはショウジョウバカマが群生しているのですが、枯れ草に溶け込んで写真では目立たなくなってしまうため、やっと見つけた水芭蕉と一緒の姿。

P1010726

白樺谷地には水芭蕉は余り無く、一番美しい水無谷地へ向かいます。

ここは本当に水芭蕉の宝庫。

流れる川のようにくねりながら、また、一面に広がりながら何処までも白く続いています。

P1010776

余分ですが、木道で佇むのは連れ合いです。

P1010739

続きを読む "水芭蕉" »

2010年5月28日 (金)

八方ヶ原

私のお気に入りの場所の一つに八方ヶ原があります。

ここは何時、どんな心境の時に行っても、優しく受け入れてくれる癒やしの場所です。

今の季節、八方は花盛り。

小間々を散策していると、林の中でゴヨウツツジが慎ましやかに咲いています。

Photo

愛子様のお印の花。

Photo_2

小間々には「小間々の女王」と呼ばれ、カメラ愛好家に慕われているトウゴクミツバツツジがあります。

Photo_3

もう花の季節は終わり。

素敵な花のドレスを脱いで、今度は緑の葉っぱのドレスにお召し替えの途中でした。

Photo_4

華やかなドレスをまとった姿を見ることが出来ず残念でしたが、お召し替えの様子を見ることが出来ましたから良しとしましょう。

2010年5月25日 (火)

セレブとプリンス様

夕べ、今度は3歳になる上の孫が熱を出してしまい、二日ほど保育園を休まなければならないため、水曜日に預かって欲しいとのSOSが入りました。

水曜日は私も病院の予約が入っていて、午後は習い事に行く日でしたが、急遽今日お薬だけ戴いて来て、習い事はお休みすることにしました。

急に気温が上がったせいか、何だか気分が優れなく、お薬を戴いて来てから横になってしまいました。

今日は点字サークルの集まりの日ですが、体調が悪いのに無理に行ってもきちんと校正作業など出来ず、迷惑をかけてしまってはいけないのでサークルもお休みです。

明日は何としてもちゃんと孫の世話はしなくてはなりませんからね。

暫く横になっている内に、だいぶ体調も良くなりました。

         ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

私には今までもこの先も全く縁のない名前の薔薇が咲きました(* ̄ー ̄*)

まずはセレブです。

雨に濡れてすっかり重くなった花がうなだれていたので、切り取って飾ることにしました。

Photo

こちらはプリンス。

やはり重く俯いていましたので、ちょっと手を添えて。

プリンス様は本当に素敵な色と香りで、さすが!と言う感じです。

Photo_2

フレンチレースの蕾がふっくらとして、ここまで開いてきました。

淡く優しい色合いの大好きな薔薇です。

Photo_3

2010年5月24日 (月)

ニッコウキスゲ

昨日、今日と雨続きですね。

天気予報などでは「あいにくの雨」等と言うことが多いような気がしますが、私は雨の日も好きです。

単純に鉢植えに水やりをしなくても良い、と言うことではなく(それも少しは有り、ですが。。笑)、雨の音を聞きながらのんびりと部屋で好きなことをやって過ごす時間もお気に入りです。

時間がゆったりと流れていくようで、こんな日も貴重に思えます。

       ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

土曜日、「うつのみや遺跡の広場」で咲くニッコウキスゲを見に行ってきました。

キスゲというと霧降高原と言うイメージがあり、もう数年見ていないな~と思っていたのですが、この時期に宇都宮で群生しているなんて驚きです。

1

2

3

発掘された建物跡から復元された建物。

長方形大型建物は中に入り、内部の様子を見ることが出来ます。

正直、私は古代の歴史にはほとんど興味が無くて、キスゲだけを目当てに行ったのです。

でもそれぞれとても大きな建物で、縄文時代、重機も無い時代にどうやって建てたのだろうかと人間の力のすごさを思い知らされました。

4

自分の好きな物だけ見てお終い!では無く、たまには敬遠しがちな物にも目を向けるのも良いですね。

2010年5月22日 (土)

サックラーとゴルデルゼ

また気温が上がり、開きかけの薔薇が大慌てで咲きました。

モーティマーサックラーです。

Photo

サックラーは開き出すとクシュクシュッと無秩序に、一枚一枚の花びらが好き勝手な方向へ開いていくような感じがします。

Photo_2

これは二日前、雨の日の開きかけた時。

このころが一番可愛らしいかもしれませんね。

Photo_3

鮮やかなオレンジ色のゴルデルゼ。

Photo_6

Photo_5

鉢植えのツキヌキニンドウ。

好きなところへ移動しながら楽しんでいます。

Photo_7

2010年5月20日 (木)

ツバメがやって来ました

ここに越してきて21年になります。

その間、ツバメが巣作りにトライしたのが三度。

一度目は、ほぼ完成間近と言うところまで来たのに、何故か理由は解りませんが建築放棄。

二度目は、初期段階で放棄。

そして今度は三度目の正直になりそうです。

Photo

玄関脇のサンルームに建築中のマイホームです。

正直なところ、美しい家(?)では無いし、周りは無惨に汚れているし、玄関ドアにも土が飛び散っているので、何だかな。。。と言う思いもあるのですが、せっせと夫婦で建築している様子を見るととても冷たい仕打ちをする気にはなれません。

一羽が建築中、もう一羽は向かいの外灯の上でキョロキョロと見張りをしています。

そして、日曜日からここでお泊まりするようになりました。

まだ完成では無く手直ししていますから、卵は産まれていないようです。

とにかくとても仲良しで、見ていてほのぼのして来ます。

外に出るにも、そっとドアを開けて、入るのにも巣に居ない時を見計らって。

何でこんなにツバメに気を遣わなくてはならないのかと思うこともありますが、驚かさないようにしてあげないとと言う気持ちが強くてcoldsweats01

今では玄関先で花の手入れをしていても、頭上を飛んで巣に入るようになりました。

夕方なかなか帰って来ない時など、心配で心配で何度も巣を覗き、遅くに戻っているのを確認してから私も休みますhappy01

雛が孵るのを楽しみに、玄関周りが汚れるのは諦めて見守ることにしましょう。        

2010年5月19日 (水)

クレマチスとイカリソウ

夏日が続きましたが今日は一休みです。

外に出れば暑くて、家の中にはいるとヒンヤリ。

衣服の調節が難しいやら面倒やらの日々でした。

明日は雨の予報ですから、久しぶりに水やりから解放されるでしょうか。

           ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

どうしてもこんな風に釣り鐘状で咲くクレマチスが欲しかったので、園芸店で今年見つけて即連れて帰ってしまいました。

うふっ、可愛らしいわ~heart02

P1010414_2

こちらのクレマチス、薔薇に沿わせて咲かせようと植えたのに、もう何年も少しも蔓が伸びずに足下で咲いています。

でも、今年、一本だけヒョロリと蔓が伸びていました。

矮性では無かったのね!嬉しい。

そもそも、矮性のクレマチスなんてあったのかしら?調べてみなくてはいけませんね。

P1010422

梅咲きイカリソウが沢山花を付けています。

赤系が早く咲くのに対して、遅い開花なので順に楽しめるのも嬉しい。

Baikaikarisou1

こちらは名前は分りませんが青系のイカリソウも今咲いています。

P1010332

薔薇の咲くのを今か今かと楽しみにしていますが、あれ以来全く咲きません。

でも、中に2.3ヶ、ふっくらと色づいてきた蕾があるので、来週には咲くかしら?

待ち遠しくてじれったい毎日です。

2010年5月18日 (火)

アカヤシオ

昨日は1歳になる下の孫が熱を出してしまい、休めない研修が入っているので預かって欲しいとのSOSがお嫁さんから入りました。

早朝出勤前に着くように30分ほどかけて迎えに行き、自宅に連れてきての子守りでした。

幸い前日39度近い熱だったにもかかわらず、元気で食欲もありよく遊びタップリ昼寝もして随分楽に過ごせました。

夕方、熱も36度台に落ち着き、無事に送り届けて一安心。

さすがにどっと疲れてしまい、夕べは9時前に布団に入りました。

今朝、再びSOSの連絡が無いのできっと元気になって保育園に行ったことでしょう。

             ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さて、先週末、友と市内にあるミツモチ山へアカヤシオを見に登ってきました。

まずは標高1275メートルの大間々駐車場から出発です。

Oomama

行きはやしおコースから。

Mitisirube_2

少しアップダウンを繰り返しながら歩いていくと林の中で迎えてくれるアカヤシオ。

冬の間に訛った身体には少しのアップダウンがきついなと思ったのですが、そんな疲れも吹き飛んでしまいます。

透明感のあるピンクが愛らしい花です。

Akayasio2

Akayasio1_2

ミツモチ山に到着し見晴台から眼下に広がる眺めは最高。

この麓に住んでいます。

Humoto

帰りはとても平坦な見晴らしコースから下ります。

アカヤシオの向うに見える山を毎日散歩しなが眺め、青く煙る様子を見ながら遠いな~と思っていたのですが、今手の届きそうな程の近さにあってとても感激でした。

Akayasio3

ミツモチ山往復約5.7キロ、2時間ほどのコースを3時間かけてゆっくり歩いてきました。

山登りと言うと随分大変なことのように思われますが、このミツモチ山の標高は1248メートル。

これは後で調べて分ったことですが、何と駐車場の方が標高が高かった。。。

これでは山登りというより山下りですね。

随分楽チンコースだったのも納得です。

体力のない私にはこれくらいが丁度ベストです。

2010年5月13日 (木)

やっと咲きました。

火曜日当たりから、また冷え込むようになりましたね。

買い物でスーパーに入ると余計ヒンヤリとしていて、昨日は思わず献立を変更してお鍋にしてしまいました。

さすがに炬燵でお鍋を食べると汗が噴き出てしまいましたが、やっぱりお鍋は美味しいですね。

ひと鍋で栄養満点で、冬の間は献立に困ると鍋が登場していました。

気温が上がるこれからも時々は登場して貰おうかしら?

夏ならエアコンを入れれば良いのですしね(* ̄ー ̄*)

             ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

薔薇、イントゥリーグが咲きました。

本当に、やっとと言う感じです。

Photo

Photo_2

私となのか土となのか分りませんが、相性が悪いようで、もう我が家に来て4年ほどになるのに少しも育ちません。

鉢が悪いのかと思い、地植えにしてみたら消えてしまいそうになり慌てて鉢に戻しました。

以来ずっと貧弱なままですがこうやって一番乗りで咲いてくれて、自分の存在をアピールしているのですから、健気で邪険には出来ませんね。

         ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

真っ白なオーソニガラムはハナニラと間違えてしまいそうですが、咲く時期が一月ほど遅れます。

Photo_3

スズランは今ではとても増えて、至る所で咲いています。

可愛らしいけど、だんだん厄介者になりつつあって。。。時々ごめんねと謝りながら抜いている始末です。

Photo_5

2010年5月12日 (水)

雨上がりの庭で咲く花

一日中降り続いた昨日の雨。

今日もお日様が覗いたかと思うと又降ってきました。

少しの晴れ間を見ては庭に出てみます。

牡丹の花がもう咲いていました。

Botan1

少し前まではまだ咲きそうにも無い蕾だったのに、昨日の雨の中で一気に開いてしまいました。

薔薇の蕾は、ゆっくりゆっくり、じれったいほど開かないのに、牡丹は大慌てで開きます。

何をそんなに慌てているの?

Botan2

二色のミヤコワスレ。

野の花のように清楚で優しく。

Miyakowasure

丁字草はまるで青い星。

真冬のキーンとした夜空が似合いそうです。

Tyoujisou

2010年5月 9日 (日)

庭で咲く花

風薫る5月。

そんな言葉がピッタリの季節になりましたね。

我が家の庭にも次々と花が咲き出しました。

毎日庭に出て花を眺め、花殻を摘み、手入れをして、写真を撮り。。。。

こんな事をしているだけで2.3時間はあっという間に過ぎてしまいます。

              ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

良い香りを漂わせているのはライラック。

ライラックにも色んな色がありますね。

でもやっぱり私はこの色が好き。

Rairakku_2

アジュガと「リシマキア ヌンムラリア オーレア」の色の取り合わせも大好き。

でも、オーレア(長名なので短縮しますね)はかなり繁殖力があり、他の花が消えてしまいました。

連れ合いは抜いてしまいたいようですが、この色合いが好きで勇気がありません。

Photo

可愛い釣り鐘型のシラーカンパニュラ。

薄い青とピンクが競って咲きます。

Photo_2

そろそろ薔薇の蕾が沢山付き始めました。

間もなく咲くのが一輪。

明日か明後日には咲くことでしょう。

楽しみです。

2010年5月 6日 (木)

ひたち海浜公園

連休を利用して、ずっと行きたいと思っていた「ひたち海浜公園」へネモフィラを見に行ってきました。

パンフレットや、ネットやらで以前からその素晴らしさを見ていましたので、是非一度は見たいものと思っていました。

丁度GWと重なり、混雑は避けられない。

とにかく渋滞、人混みが苦手な私ですが、それでも一度は行ってみたい。

そんな思いを天秤にかけて、思い切って行ってみました。

Nemo

ネモフィラのブルーは透き通った空の色に溶け込んで、それはそれは素晴らしかった!

人が居なかったら、きっとネモフィラの花畑はずっとずっと空高く、向うまで続いているに違いないと錯覚してしまいそうな程の青。

菜の花とのコラボもまた素敵。

次はチューリップの花壇へ向かいます。

歩き疲れた頃、目の前に広がる色とりどりのチューリップの虹の海!

川のように流れるムスカリの花。

わ~っと、思わず歓声を上げてしまいました。

Tyu

あ~、行って良かった!

高速で渋滞にはまり、なかなか公園に入れ無かったことも、歩き疲れたことも、みんな吹き飛んでしまう程の感激でした。

Kouen

何処へ行っても、レンタサイクルにも乗り物にも目を向けず、ひたすら歩く私たちです。

              ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

茨城へ行ったら、やはり海を見ずに帰るなんて出来ませんね。

大好きな海、一日中居ても飽きない海。

でもこの日過ごしたのは僅かな時間。

余り欲張ったスケジュールは疲れを残す元ですから。

Photo_2

2010年5月 2日 (日)

梨の花とリンゴの花

宇都宮に行ったので、行きつけのリンゴ園まで足を運びました。

もうリンゴは無いかなと思ったら、少し残っていて分けて頂くことが出来ました。

今のリンゴは確かに旬ではないので瑞々しさにも、シャキッとした歯触りも少なくなっているのですが、でもやっぱりここのリンゴはとても美味しい。

毎朝のリンゴが欠かせない私ですが、先日スーパーで購入したリンゴの不味いこと!

さすがに保存が良いのでシャキッとしているのですが、味が全く違うのです。

「やっと花が咲いたのよ、見ていって」

との言葉に甘えて園に入り暫し花を眺め写真を撮りました。

りんごの花ってなんて可愛らしいのでしょう。

そして、種類によって花の大きさ、色が少しずつ違っているのですね。

これは陽光です。

P1000995

P1000997_2

今年は寒くて花がなかなか咲かず、受粉の時期の見当を付けるのがとても難しかったと話しておられました。

これから花摘みをするのが忙しくなり、何度も手間暇をかけるそうです。

そんなお話を聞いたら余計に、分けて頂いたリンゴが美味しく感じられました。

これからも心して頂くようにしないといけませんね。

スーパーや果物専門店と比較すると、果樹園で購入するのは割高ですが味が全然違うので、リンゴと梨は行きつけの果樹園で購入するのが常です。

近くあった梨園の花。

こちらは満開でした。

P1000990

2010年5月 1日 (土)

公園巡り

GWが始まりましたね。

カレンダー通りの休日の我が家ですが、今年は5日も連続でお休みがあります。

天気もずっと良さそうですし、庭の手入れをするにも、お出かけするのも最適な毎日になりそうです。

離れて暮らす息子家族は連休を利用して旅行に行ってしまったし、さぁ、何の邪魔もされずに過ごせるわ~( ̄ー ̄)ニヤリ

             。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

初日は壬生のわんぱく公園へ行ってみました。

お花がとても綺麗だと言う情報をゲットしたので。

Wanpaku1_3

もうチューリップはほとんど終わりかけていて、花というより新緑がとても綺麗でした。

さすが私の住むところより南だけあって、風景が全然違います。

気温が上がったせいもあり、皆さんの服装が薄着で、まるで初夏のようでした。

Wanpaku2

ハナミズキが満開でとても綺麗。

水辺では子供達が小魚を捕って遊んでいますし、カバの親子も日向ぼっこですwink

広々とした芝生で走り回る子供達。

お弁当を広げる若い家族。

ここは孫を連れて来たり、犬を連れてきたりして一日中遊べる良いところだわ~と思いながら、アラカン夫婦はせっせと健康のためウォーキングに精を出して来ました。

             .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

次は帰りがてら、鹿沼の城山公園に寄ってツツジを見て帰りましょう。

P1000978

ヤマツツジはこれからの木も、もう終わりかけの木もあり、もう暫く楽しめそうです。

Tutuji

初めて来たのですが、この山をグルグルと登る遊歩道があり、一周したら結構な運動量がありますね。

何処へ行っても思うこと。

それは何かとイベントをやっている所には何故カラオケが付きものなのでしょうね。

城山公園ではつつじ祭りをやっていたのですが、公園中に響き渡るカラオケの音。

観客はほんの数人なのに。。。。

歌っている本人がとても良い気分で浸っているのだからまぁ良いか。。とも思うのですが、もう少し静かに楽しみたいと思うのは自分勝手なのかも知れませんね。

静かに楽しみたかったら、人の居ない自然を求めて行くしかないのでしょうね。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »